FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2020/09

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

[陸上競技]宇野、価値ある13分台!自己ベスト更新者も多数 

第6回チャレンジミートゥinくまがや2009
4月29日(水) 於:熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

男子1500m
7組
2着 松田 3'54"66
3着 川上 3'55"12
7着 土屋 3'56"12
8着 蓑和 3'56"26

男子5000m
2組
13着 安藤 15'52"79

3組
12着 笹田 15'23"33

4組
1着 齋藤 14'47"70
5着 西山 14'56"69
8着 橘 14'58"12
27着 若林 15'46"61
30着 守田 15'50"11

5組
1着 八木沢 14'41"24
4着 鈴木 14'45"41
5着 安田 14'45"73
6着 市川 14'46"15
10着 佐藤友 14'57"47
20着 藤野 15'19"76
23着 佐藤智 15'33"94
DNS 西澤

6組
3着 鴛海 14'38"60
7着 川原 14'48"38
15着 池田 14'57"41

8組
1着 宇野 13'55"26
15着 世古 14'26"19

男子5000m競歩
7着 足澤 20'50"64
15着 今滝 21'53"86
20着 伊藤 23'51"66
23着 片岡 24'53"14

女子5000m競歩
5着 小田桐 25'02"70


実業団選手にも負けない走力をつけてきた宇野(写真中央)

7着、大会新記録を出した足澤

 関東インカレを2週間後に控え、東洋大は選考レースと位置付けている今大会。自己ベストを更新者多く、非常に白熱したレースとなった。
 また、長距離種目だけではなく、併せて行われた競歩競技でも好タイムが続出した。


 5000m4組目では1年生の齋藤( 1・仙台育英)が見せた。1500mで他大の選手が飛び出しレースが動くが、齋藤はじっとこらえて後方の集団を引っ張る。そして後半は苦しそうな表情を見せながらも、3500m過ぎにはトップに出て、独走で体制を作るとそのままゴール。記録的には伸びなかったが、新入生ながら頼もしい走りをした。
 続く5組目は、先頭の目まぐるしく変わるレースとなった。1000mを過ぎて、ペースに物足りなさを感じた八木沢(済2・那須拓陽)が前に出たのを皮切りに、市川( 1・高知工)、佐藤友(4・大分東明)、安田( 1・前橋育英)、鈴木( 2・東農大二)ら東洋大勢がそれぞれ入れ替わり、先頭を引っ張る。しかし、常にその後ろで出る隙を窺っていたのは八木沢だった。八木沢は溜めていた力で、ラスト1周にスパート。そのスパートには誰も対応することができず、八木沢が逃げ切り、一着でゴールを果たした。
 最もハイレベルなレースとなったのが、最終組の8組目だ。実業団選手をはじめ、有力選手が数多く出場している中で、宇野(済2・武蔵越生)は最初の1000mを先頭で引っ張るが、それ以降はレースが落ち着き出したところで、集団の中に入り他選手の出方を窺う。徐々に選手が振り落とされ、集団が小さくなっていくにつれ、宇野は着実に順位をあげていく。ラスト1周で切れのあるスパートをかけると、他選手の猛追撃にあうも、見事な逃げを見せ1着でゴール。タイムも価値ある13分台と、自己ベストをたたき出し、関東インカレに向けて最高のレースをしてみせた。レース後、「柏原に追いつきたい」と力強く語る宇野。関東インカレでのレースが大いに期待される。
 また、同日程で行われた男子5000m競歩は、優勝選手が日本記録を叩き出し、上位13人も大会記録を更新するというハイレベルなレースとなった。そんな中、足澤(ラ2・青森山田)は5位集団でレースを進め、懸命な歩きを見せる。結果7着に入る好レースとなり、関東インカレに向けて好調さをアピールした。

■コメント
・酒井監督
 最近は多くレースに出ているが、先週のリレーカーニバル(兵庫)で柏原が1万mを28'20"の東洋大新記録を出して、ユニバーシアードの有力(候補)になったことは、価値があるし、今日は宇野が実業団もいるなかでトップだったのは良かったと思う。また、他の選手も自己ベストを更新している人が多くいるし、それに新入生の力が加わればすごくいい状態だと思う。
 目標は関東インカレでの1部確保と、それを駅伝につなげるということ。関東インカレのメンバーは、来週ある平国記録会を見て決定する。

・八木沢
 (今日のレースは)思ったよりタイムが出なかったのが残念だった。始めから引っ張りたくなかったが、入りの1000mがとてもゆっくりだったので、組的に恵まれなかったかな。(東洋大の選手が代わる代わるレースを引っ張っていたが)引っ張りあっていたのはいいことだと思う。
 昨季は故障していて、今は故障あがりの状態。まともに走れるようになったのが2、3月だったので、今日が大学入ってから2レース目だった。
 目標としては14'35"を切れたらいいなと思っている。そして、今のままでは無理だと思うが、大学駅伝を1つでも走れれば満足。

・宇野
 今回、実業団の選手たちが上手く引っ張ってくれたので、最後は逃げ切れてよかった。(五大学対抗戦の時と同じようなレース展開だったが)今回は前よりも積極的にいくことができた。また強い実業団の選手がいる中でのレースだったので、自信になった。また、地元の大会だったので、中学、高校の後輩や、両方の恩師もいたので負けられなかった。
 (五大学の時に足の指を故障したと言っていたが)まだ完治はしていない。五大学のあとにとても腫れてしまったので、この前の平国記録会は見送った。
 関東インカレでは表彰台を狙いたいし、柏原に追い付きたい。

TEXT/PHOTO=田村由真
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: