FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2020/09

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

[サッカー]まさかの引き分け 過密日程での6連戦を2敗1分で折り返す 

第83回関東大学サッカーリーグ戦 2部リーグ(前期)
4月30日(水) 於:東洋大朝霞グラウンド
東洋大2-2成蹊大

得点者  44分菅沼
       49分若狭

0429starting
スタメンには初出場のルーキー松本(前列中央)も名を列ねた
0429assist-miyazaki
ドリブルで駆け上がる宮崎

 3試合連続、黒星をあげてしまい、この悪い流れを変えたい東洋大。相手は、今季から2部リーグにあがってきた成蹊大。ここはなんとしても、昨年から2部で試合を繰り広げてきたチームとして確実に勝利を決めたいところだ。

 今季、全試合出場のMF小島(国3・前橋育英)とDF郡司(国4・鹿島Y)に代えて、FW高橋(国2・八千代)と公式試合初出場となるDF松本(国1・札幌Y)を加えての戦いとなった。どんな戦いが繰り広げられるのか。試合が始まって直ぐは、ボールを支配していたように見えたが、いつのまにか成蹊大のペースになってしまう。CBの動きを突くように相手のFWが攻めてくるのだ。何度か相手にチャンスを与えるが、GK松下(国1・柏U-18)が食い止める。だが、前半28分、松下がボールを出そうとしたとき、相手選手が激しいプレスを仕掛けてくる。これに焦ったのか、ゴールキックをミスし、相手にボールを奪われ、まさかの失点。先制点を許してしまう。悪い流れを断ち切れないまま、前半を終了すると思われた。しかし、ラスト1分でFW菅沼(国4・浦和東)がファールでPKを獲得。自身で、確実に点を決める。東洋大はなんとか、同点に持ち込み、前半終了を迎えた。
 
 後半開始4分、菅沼が相手をかわし、ボールを運び、MF宮崎(国4・湘南Y)にパスが渡る。そこに前線に上がってきたDF若狭(国2・浦和学院)が宮崎からのボールに上手く合わせゴールを奪う。2対1となり、いい流れで後半のスタートを切った。しかし、成蹊大は攻めてくる。危ない場面を度々迎える東洋大。後半31分、相手FWにボールが渡り、ドリブルで一気に攻められる。しかし、CBの2人がそれを食い止めることが出来ず、あっさりと抜かれシュートを決められる。たった一人に抜けられて点を奪われる形となってしまった。なんとしても、点を取り返したい東洋大。しかし、勢いづいた成蹊大の攻撃は減らず、同点のまま試合終了となった。

 DF陣の連携が上手くいかず、相手にチャンスを与える場面が今節も、多々見られた。負けはしなかったものの、この試合で勝ち点3点を取れなかったのは残念である。次節こそは、勝利を挙げてほしい。

■コメント
・西脇監督
今日から切り替えていきたい。今日の敗因はCBにある。ボールもつなげられないし、ロングボールをミスる。最後(成蹊大の2点目)もCB二人の間を割られてた。宮崎がハードワークやアシストを頑張ってくれていたが、CBがそれを帳消しにした。松本を起用したのは、深い位置まで上がれる選手だから。前にでていく能力が高く、左から攻めるパワーを持っている。今節は徹底して戦うサッカーが出来るメンバーを選んだ。しかし、チームとしてバラバラだった。これから、わりきってやっていくしかない。前線はよかった。攻撃面で悲観するところはあまりない。(守備の面では)松下でもっている。みんなもそれに頼っている。松下は、シュートストップ、スピードがあり、でてってボールを触れるところがいい。メンタルも強いと思う。

・堀口主将
勝てる試合を勝てなかった。CBとしてもだが、キャプテンとしてすべきことができてなくて、すごく悔しかった。CBとして、前半にいい場面あったけれども、もっと改善できる。声をだしてリードしていきたい。(次節に向けて)チームは切り替えてやっていくつもり。少しでも雰囲気が悪くなるとそのままでいってしまうから、そこは変えていきたい。

・石津(国2・大宮Y)
勝ち点は取れたが、プラス1、というよりマイナス2、という感じ。1失点目はGKのミス、2失点目はCBのミス。本当に勿体なかった。(今日SBを組んだ松本との連携は)開幕前の練習試合で何回か一緒にやったことがあるので、特に問題は無かった。
次節は死にもの狂いでやっていくしかない。

TEXT=酒井萌美 PHOTO=片岡 涼
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: