FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2020/09

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

[レスリング]無念・・・上位進出ならず 

JOCジュニアオリンピックカップ 2009年度全日本ジュニアレスリング選手権大会
4月25日(土)~26日(日) 於:横浜文化会館

【男子フリースタイル】
ベスト8 55kg級 若林健太(社2・日本文理)
ベスト8 84kg級 平澤拡(済2・東北学院)
【女子】
3位 51kg級 清水愛(文2・埼玉栄)

IMG_9110.jpg
苦戦する若林(赤)

IMG_9155.jpg
力が及ばなかった平澤(青)

清水
悔しさが残った清水(青)

 ジュニア世代の発掘と育成を目的とし、優勝者と準優勝者には世界大会への切符が与えられる今大会。東洋大からは1、2年生を中心に出場した。

 大会1日目には、男子の部1回戦~3回戦、女子の部1回戦~決勝戦が行われ、女子51kg級に出場した清水が3位入賞。昨年の同大会で準優勝をしている清水は、優勝を目指し臨んだ。だが、昨年の結果を超えることはできず悔しさの残る大会となった。
 大会2日目は、男子の部3回戦~決勝戦が行われた。東洋大は上位進出を目指したが、55kg級若林、84kg級平澤のベスト8が最高成績となり、入賞者を出すことはできなかった。昨年は男女共に準優勝者を出し、世界へ挑戦する切符を掴んだ。だが今大会、男女共自らの力を存分に発揮することができず、課題を多く残した大会となった。
 男子は5月20日(水)~22日(金)に東日本学生リーグ戦が開幕する。今大会出場した1、2年生に加えて、3、4年生にとっては今季初戦となり、東洋大の今季を占う大事な団体戦が行われる。今大会の課題を活かした戦いをみせられるのか。自らの目標へ向け、東洋大の選手は全力を尽くす。

■コメント
・渕ノ上コーチ
女子の清水に関しては、メダルは取れたが決勝までいって欲しかった。男子は平澤と若林のベスト8が最高でメダルに届いていなかったので残念だった。若林は(敗れた)相手が高校生ということもあって油断があったと思う。その悔しさを次のリーグ戦に生かしてほしい。(東洋大の課題は)個人のレベルの差がありすぎること。極端に言ってしまうと強い子は強いが、弱い子は弱いので底上げが足りていない。本人たちのやる気次第なので、自覚をもってやってほしい。(次回のリーグ戦の鍵は)新たにメンバーに選ばれた人が力を発揮できるか。あと重量級の選手が抜けてしまったので穴を埋めるためにもまずは軽量級で勝ってほしい。

・若林
(振り返って)攻撃技がないので、今年は新しい技を覚えたい。(相手はどうだったか)ずっとやっているので、技がバレていた。(リーグ戦へ向けて)一つ一つ勝って、貢献できるようにしたい。

・平澤
3位以内を目指していたが、1週間前に足をけがしてしまった。緊張は今日はしなかったが、昨日の1回戦前は足首が動くか不安だった。(ベスト8について)正直満足していない。(課題は)大会前は緊張感をもっと持つことと、構えが重要だと思ったので、組み手を勉強したい。(収穫は)強い人と試合をできたことが良い経験になった。(目標は)新人戦こそは入賞したい。

・清水
(振り返って)悔しい。情けない。準決勝の相手は高校時代から1度も負けたことがなかった。(負けた要因は)焦ってしまって、2・3セット全て同じ負け方をした。ただただ自分がダメだった。(課題は)次戦のインカレまで、とりあえず練習をするしかない。(インカレの目標は)優勝したい。

TEXT=冨井理紗 PHOTO=大村彩、大矢敏美
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: