FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2020/09

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

[コラム]第70回 歓喜の裏で 執筆者・長瀬友哉 


 昨年、東洋大は多くの感動に包まれました。硬式野球部の春夏連覇、相撲部の学生横綱誕生、ボクシング部村田選手のアマチュア9冠達成。水泳部、弓道部、軟式野球愛好会も2部で優勝し、1部昇格を果たしました。各会場で多くの歓声が沸き上がりました。
 ですが、勝負の世界は非情なもので、歓喜の裏で悔し涙を呑んでいる選手の方が多いと感じました。
 私が特に親交が深い準硬式野球部もその中の一つでした。昨年の秋季リーグ最終戦、青学大に敗れ優勝を逃しました。カメラを通して彼らを見ました。崩れ去る選手もいれば、その場から動けない選手。またある選手は仲間や後輩の肩をぽんとたたき慰めていました。シャッターを切る度に多くの悔しさが伝わりました。
 また長い間の取材で、選手たちの様々な姿を知ることができました。監督、コーチがいない中でチームをまとめてきた主将。試合のスケジュール管理や大会役員などの仕事に追われる主務。苦労の末にレギュラーの座を奪い取った遊撃手。相手チームからのマークがきつくなり苦悩する4番打者。故障に苦しむ主力選手。出場機会が少なくても声を張り上げて元気付ける選手。
 それぞれの苦難があり、それを乗り越えていくドラマが一人ひとりに用意されている、ということが彼らの傍に居続けたことでわかるようになりました。そして、それを新聞という形で多くの人に伝えるのが我々の仕事です。歓喜の裏のドラマ、それを伝えるのが私のドラマであったということを誇りに思います。
 また私事ですが、先日スポーツ東洋を引退致しました。監督、コーチ、選手の皆様、大変お世話になりました。また関係者の皆様にもお世話になりました。また何かの形で恩返しが出来たらと思います。

※またコラムの掲載が遅くなりましたことをお詫び申し上げます
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: