FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2020/09

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

[スピードスケート]総合6位 反省点残る  

第80回日本学生氷上競技選手権大会
1月9日(水)於・苫小牧市ハイランドスポーツセンター屋外リンク

男子1部2000mリレー
8位東洋大(鈴木・青山・川原・牛山)
タイム2:57.31

男子1部チームパシュートレース
6位東洋大(金子・大西・山本)
タイム4:11.12

スピード総合得点男子1部6位

 インカレ最終日、東洋大は二千㍍リレーとチームパシュートレースの2種目に出場した。二千㍍リレーでは第二滑走でコーナーを曲がりきれず、大幅にコースをはずれ、失速。バトン渡しが上手くいっていただけに、レースを終えた選手たちは悔しさを滲ませた。
 そして最終種目である、チームパシュートレース。選手各々が力走し好タイムを叩き出すも、監督も予想していなかったという全体的にハイレベルな戦いに6位に終わってしまう。
 昨年総合4位の東洋大は今年は6位。今年も現状維持を目指していただけに、悔しさの残る大会となった。

■コメント
・加部監督
(パシュートは)タイム的には悪くなかった。だけど他のチームが予想以上に速かった。(インカレを振り返って)目標だったのが去年の現状維持(4位)だったので、思っていたから6位は残念。でも3年連続個人種目では優勝してくれたので良かった。もっと負けたときの悔しさとかをいつも頭において練習していかないと。インカレを通して成長したなと思うのは金子。予想通りやってくれた。(次の大会に向けてチームを)心構えというのがしっかり出来るように礼儀正しい生活をするところから変えていきたい。

・金子
(パシュートは)チーム戦なので、3人で頑張れればいいかなと思った。(作戦は)特にないんですけど、とにかく全力を出し切るようにしました。2人で先頭を交代して滑ったんですけど、思った以上に足動いて頑張れたんじゃないかなと思いました。(今シーズンは)自分にとってとても成長できた年だったんで、この調子を忘れずに来年につなげるように頑張ります。どんな時でも自分の今ある最高の力を出せればいいと思います。

・鈴木
今日のリレーは、相手を意識せず、チームのことだけ考えて滑りました。スケートを滑らせるのではなく、走ってしまってあまり良いレースができなかった。千㍍でもそれが出てしまった。それが反省点です。(千㍍と千五百㍍について)大会前はすごく調子が良かったので入賞できると思っていたが、緊張感もあって、思ったとおりの結果が出せなくて、すごく残念でした。ラップが最後落ちたところが良くなかった。(怪我で夏全く練習ができなかったが)怪我をした自分が悪い。10月くらいから氷上練習を開始したが、どの大会も最後の1周ペースが上がらないままインカレまで来てしまったので、やっぱり夏の練習は大事だと思った。怪我をした前の感覚はまだ100%取り戻せたとは言えない。インカレ前の合宿では、千㍍と千五百㍍を意識した、中距離的なインターバルをしていた。来季主将として、みんなが高い意識を持ち、その高い目標に向かって一丸となって進んでいくようなチームにしたい。やっぱり、主将が良い姿を見せなければいけないと思うので、ライバルに負けないような滑りをしたい。

TEXT=大村彩
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: