FC2ブログ
 

東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2018/10

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]マイルリレー8位入賞!シーズン締めくくる 

第91回日本陸上競技選手権リレー競技大会
10月26(金)~28日(日)
於・日産スタジアム

3日目
男子4×400㍍リレー
準決勝
1組3着 東洋大(中村・丹羽・山本・増岡)3′10″94

決勝
8位入賞 東洋大(中村・丹羽・山本・増岡)3′11″79

maile2.jpg
賞状を掲げるマイルメンバー(左から増岡・山本・丹羽・中村)

4kei.jpg
4継のメダルは監督の首にかけられた(左から大石・長谷川・仲・鈴木)

 日本選手権3日目。日産スタジアムの真新しいグラウンドが、4年生にとっての終決地であり、2、3年生の出発地点となった。
 前日の4×400㍍リレー予選で準決勝進出を決めた東洋大は、準決勝を組3着で通過、順調に決勝を迎えた。決勝レースは、「どこが1位になってもおかしくない」(梶原監督)という大混戦の中スタートする。
 しかし、教育実習で練習から遠ざかっていた第1走者の中村(工4・小倉南)は序盤からペースを掴めず、あえなく8位に後退。2、3走者の丹羽(済2・蒲郡東)、山本が懸命な走りで前を追うも、順位変動はならず。準決勝では2つ順位を上げる快走を見せたアンカーの増岡(法4・蒲郡東)が、7位との差を縮めるが、順位を動かすことはできなかった。
 4年生にとって引退試合となった今回の日本選手権。結果は8位入賞に終わったが、「(4年間を振り返って)あっという間だったけど本当に楽しかった。もっとみんなと走りたかったな」と語る増岡の表情は達成感に満ち溢れていた。チームを引っ張り、支えてきた4年生。紺色のユニホームを着て走ることはなくなったが、それぞれの場所でこれからも走り続けるだろう。
 また、今回の試合では準決勝で47秒1と、自己ベストとなるラップタイムを叩き出した丹羽や、決勝でよりタイムを上げ好走した山本など、2年生の成長が光ったことも、来年へ向け大きな収穫となった。

■コメント
・梶原監督
 (準決勝について)1走の中村は教育実習で練習ができていなかったためあまりタイムが良くなかったが、2走の丹羽が47秒1で走り、丹羽個人でも、東洋大としても相当いいラップタイムを出した。3走山本も合格圏(のタイムで走った)。総合的にはいいタイムではないが、個人は良かったんじゃないかな。
 (決勝について)準決勝が終わった段階では1位から8位までどこが来てもおかしくない大混戦だった。まぁ8位はないと思ったけど……。1走が疲れてしまい、準決よりタイムを落として、それを無理矢理追いかけたから丹羽もラストで(タイムを)落としてしまった。疲れているのはわかっていたが最後に4年生をはずしたくなかった。山本は準決よりいいラップタイム(47秒5)で走った。これも今までですごくいいタイム。2、3走の2年生がしっかり走ってくれたことはすごく良かった。あとは小木曽(済2・県岐阜商)の怪我が直って走れるようになればこの3人を中心にチームができてくる。ちょうど去年のこの大会、1年次の丹羽が予選を、山本が準決を走ったが、2人とも力が出せなかった。それでメンバーから外したりした連中が、1年経って、去年よりも1秒以上いいラップを出せるようになってきたから、1年間しっかり成長してきてくれた。
 4年生は今回で引退だが、中村・増岡・大石は競技を続けるので、この冬も一緒に練習をやっていく。彼らが後輩をひっぱり、それを後輩たちが受け継いでいってくれればいい。

(2日目の4×100㍍リレーについて)
 仲と大石が4年生としてがんばってきて、それなりの仕事をしてくれて、最後にメダルを獲らせられたから、本当に良かった。
 決勝で大石がバトンミスをしてタイムは良くなかったけど、足の怪我も癒えてしっかり走れるようになって良かった。長谷川がしっかり走ったのも、来年を考えても良かった。
 予選で1年2人がだいぶよくなってきたので使ってみたが、ちゃんとした試合で力をまだ出せないというところが残念ではある。でも(先輩たちと)同じようにこれから成長してくれればいい。そうしてみんな強くなってきているから。今回の予選のメンバーと、小木曽、そして新入生がどうからんでくるか。1人ひとりがレベルをあげてくれば40秒前後のチームになるだろうから、多少めどはたっている。

・中村
今日の調子は最悪でした。(教育実習で)1ヶ月やらなかったつけがまわってきたというか。バトンはそれなりに渡った。(エントリーの)6人中走れるのが4人だけだったので、4人で全てまわしたのもありさすがに疲れましたね。 リレーはこれで最後だが、陸上は続けていく。これからも頑張っていきたい。

・増岡
自分的には今日調子が良く、表彰台に登れるところにあったと思う。
(大学では)コーチに会って変わった。大学に入って自己ベストを出さない時はなかったし、感謝している。リレーは最後だがこれからも陸上は続けていく。4年間はあっというまで、楽しかった。最後に思い出に残るいいレースはできたと思う。

TEXT=谷島由美 PHOTO=北崎麻莉
スポンサーサイト
コメント
訂正とお詫び
丹羽選手の学年表記について、誤りがございました。
丹羽選手は小木曽選手と同じ2年生になりますので、訂正させて頂きます。
関係者の方々、HPをご覧の皆様大変失礼致しました。
北のOB様、ご指摘くださいましてどうもありがとうございました。
4年生の皆さん、お疲れ様でした。
下級生の方は来年の飛躍を祈念しています。
ところで丹羽選手は1年生でしたっけ?小木曽選手と同級生じゃなかったかな?














 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。