東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/07

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]30㎞の経験を経て今後の奮起に期待高まる 

第49回青梅マラソン大会
2月15日(日)青梅マラソン日本陸連公認コース

30kmの部
12位 口町 1:38'14
16位 吉村 1:39'44
17位 植田耕 1:41'07
200位 長浜 2:00'28

20150215rikujo口町
口町は終始ペースを落とすことなく走り切った

 冷たい北風が吹き荒れる中、第49回青梅マラソン大会が行われ、4名の選手が出場した。前半、東洋大勢は第2集団に位置する。折り返し後は口町(法2・市立川口)がペースを落とさず、前から落ちてくる選手を次々と抜き去る好走を見せた。入賞する者は出なかったが、30㎞という長丁場の中で多くの選手が目標タイムをクリアし、次に控える学生ハーフへ自信をつける大会となった。

 15㎞付近の折り返しを基点に、前半は緩やかに上り、後半は下っていくコースが特徴の青梅マラソン。スタート後、長浜(工4・東農大三)、口町、吉村(済2・加藤学園)、植田耕(済2・米子松陰)の4人は第2集団に位置取り、設定タイムよりも若干速いペースでレースを進める。折り返しに近づくと長浜と植田耕が徐々に集団から遅れ始めるが、口町と吉村は折り返し後の下りを利用しさらにペースを上げ順位を上げていった。口町は「ラスト5㎞は苦しかった」と言うも、その後もペースを落とすことなく東洋大トップの12位でゴールをした。
 
 今大会は練習の一環として出場した。結果を求めるよりも30㎞という距離を走る中で経験を得ることを目的とし、各選手とも設定していた目標タイムをクリアした。また出場者4名の内3名が2年生で同日の熊日30㎞ロードレースには服部弾(済2・豊川)も出場。同学年の走りに吉村は「2年生全員で頑張っていきたい」と気を引き締めたという。チーム力向上には、春から新3年生になる彼らが上級生としてどれだけチームを引っ張って行けるかが鍵となる。学生ハーフでは2年生の底力に注目だ。

■コメント
・口町(法2・市立川口)
1kmを3分30秒の設定であったが、ほとんどそれより速いペースで走ることができた。折り返してからも下りを利用してさらにペースを上げて走ることができた。ただラスト5kmは苦しくなり、切り替えることが出来ずにそのままのペースになってしまった。(今回の結果について)始めに余裕を持って走ったからこそこの結果が出たと思う。もし最初から先頭で走っていたら、後半に失速して今回の記録よりも落ちていたかもしれない。前半を後ろの集団から攻めていくという走りはあまりしたことがなかったが、先頭集団から落ちてくる選手を抜いていく楽しみがわかって良かった。(30kmに向けて準備したことは)前日から水分を多く摂取したり、食事の面から気を使った。(今年の目標)昨年は箱根のエントリー時期に調子を落としてしまったので、その反省を踏まえて今年は10〜12月に調子のピークを合わせられるようにしたい。

・吉村(済2・加藤学園)
30kmのロードレースはなかなかないので、結果よりも経験を積むことを目的としていた。目標の設定タイムは切れたので良かった。最初から設定されたペースで走っていたので集団やレース展開は気にしていなかった。ハーフまでは走ったことがあるが30kmは初めてだったので、それ以降の10kmが長く感じた。まだ長い距離に対する練習が足りていないと思い、改めてもっと走らなければいけないと思った。(収穫は)誰でも出場できる大会ではないので、出られたことはいい経験となった。(熊本でも同級生が30kmを走ったが)みんな走る前に(服部)弾馬のタイムを聞き頑張ってるなと走り始めたので、2年生全員で頑張っていきたいと思った。(今後は)目標は箱根を走ること。次のレースである学生ハーフで63分台を出して夏合宿でもAチームに入り、駅伝シーズンにつなげていきたい。(上級生になるが)今までは強い先輩に頼ってしまっていたが、もう3年生になるので自分たちがチームを引っ張っていかなければならない。行動一つ一つから変えていきたい。

TEXT=伊藤空夢 PHOTO=野原成華
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。