東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/04

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コラム]第447回 湯水のごとく 執筆者・国府翔也 


 みなさんこんにちは。3区・小泉のタスキを今確かに受け取りました。4区を走りますのはスポ東最年長ランナーの国府(法3・大麻)です。全区間の中で最短となる18.5㌔の道のりを78㌔の体(3年間で10㌔も増えてしまった・・・)で駆け抜けたいと思います。というか、今走っています。実は今日、3年の男子でレンタカー乗って箱根へ温泉旅行に行っている最中なんです。このコラムが上がっている頃には我々はどこにいるのでしょうか。予報では大雪とも言われていますが、何とか到着して温泉につかってゆっくりしたいです。
 スポ東でのコラムも今回が最後。この前の飲み会ではヘパリーゼを飲んだのをいいことに飲み過ぎて最後の方、記憶が飛んで感傷もへったくれもないのですが、このコラムを書いていくに連れ、引退する事実を改めて実感しております。

  「もう少しやりたかった」。自分がまだサッカーをやっていたとき、いつも試合が終わるとこの思いが先に頭をよぎっていました。手を抜いていたわけではありません。勝った負けたよりも、もう少しキープしてパスを出したほうが良かったんじゃないかという思いが先に出るのです。今思えばそれがあったからこそ、上手くなろうと練習するモチベーションになっていたのかなと思います。
 そしてスポ東を引退した現在、またこの思いが大きくなっています。入部以来、取材を経験するに連れて、もっとこういうことを書きたい、こういうものを撮りたいと言う思いが強くなり、結局最後の日になってもその思いが潰えることはありませんでした。このサークルを引退しても自分はまた春になれば暇を見つけて、どこかの試合会場で写真を撮ったり、SNSなどで気ままに試合の感想みたいなものを書いているでしょう。
 「もう少しやりたかった」。この思いは自分にその対象への情熱がある限り、恐らく一生なくなることはないのだと思います。この情熱をいつまでも持ち続けて、この「もう少し」がいつか大きな財産となるよう精進していきたいです。

 短い区間なんでこのくらいで失礼します。それでは5区の中継所が見えてまいりました。往路の最終区はいよいよ我らが編集長・児嶋紗衣。天下の険と呼ばれる箱根の山に相応しい人材でしょう。現実の箱根駅伝では0度近い寒さと山登りで倒れる選手が続出するこの区間。果たしてコジマ編集長はどんなコラムを読ませてくれるのでしょうか。そして、私は無事に箱根の温泉を満喫し、翌日東京に帰れるのでしょうか。お楽しみに。

P.S.-----------------
 3年間担当させていただいた相撲部、サッカー部、ボクシング部の皆様、並びに取材先で出会った皆様、本当にお世話になりました。色々と非礼もあったかと思いますが、それでも快く接していただいたことにこの場を借りて感謝を申し上げます。
 思えば、本当に自分は幸運でした。スポーツ紙で選手のコラムを書かせていただいたり、新聞では1面、終面を何度も担当したりと自分がやっていいのかと何度も自問自答して潰れそうになったこともありました。しかし、その中で先輩、後輩そして同期みんなのサポートがあってここまでこられたのだと思います。この3年間が僕の人生にいい色を付けてくれると信じています。本当に楽しかったです。ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。