東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/03

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アイスホッケー]前回王者・早大に快勝!準決勝に駒を進める 

第87回日本学生氷上競技選手権大会
1月7日(水)日本製紙アイスアリーナ

東洋大6-1 早大

[ゴール・アシスト]
00:23 今村
16:14 今野(川口、武尾)
31:45 川口(今野、岩野)
35:00 今野(田中謙、宮倉)
50:26 中澤
58:56 人里

20150107hockey川口(撮影者・小野)
3点目を決めチームを勢いづけたFW川口副将

20150107hockey今野(撮影者・中田)
FW今野は2得点で勝利に大きく貢献した

20150107hockey脇本(撮影者・小野)
好セーブで流れを引き寄せたGK脇本

 ダブルヘッダーでハードスケジュールなインカレ2日目。昨年インカレの覇者である早大に対し、常に東洋大ペースで試合を運び6対1で準々決勝を突破した。

 試合開始23秒、FW今村(社3・白樺学園)の先制ゴールで幸先良いスタートを切る。しかしその後、立て続けに反則を取られ3人対5人のピンチに陥った。GK脇本が好セーブを連発し、加えてDF陣の体を張った守りで危機を切り抜ける。また、1ピリ残り3分でFW今野(社3・清水)がパックを押し込み2点目を決めた。
 2ピリでは攻守がめまぐるしく入れ替わり、攻めて攻められての状態が続く。開始11分でFW川口(社4・武修館)が3点目の追加点を決め、チームに勢いをもたらした。2ピリ中盤で相手の反則があった後、6人攻撃に持ち込むとGKをうまくかわしたFW今野が隙を突いて今試合2点目のゴールで4対0と大きくリードする。
 迎えた3ピリは勢いそのままに無失点に抑えたかったが、開始5分でゴール正面からパックを叩かれ、ゴールネットを揺らされた。だが、流れは完全に東洋大が引き寄せていた。中盤にFW中澤(社2・軽井沢)はGKが足元にこぼしたパックを放り込み、追随を許さない。残り1分にはFW人里(社2・白樺学園)がとどめの1点を決め、そのまま6対1で試合は終了。前回インカレ王者に5点差をつけての勝利となった。
 今試合では、序盤から順調に点を積み重ね、終始東洋大ペースで試合を運ぶことができた。長年の宿敵であるだけに簡単に勝てる相手ではなかったが、相手を圧倒するこの勝ちは大きなプラスとなるだろう。鈴木監督は「全員でつかんだ勝利」と、チーム全体を高く評価している。チームの状態は万全だ。次の準決勝では一昨年のインカレで敗れた関大との対戦となる。インカレベスト8に終わった雪辱を果たし、決勝の舞台に進出するべく西の雄に挑む。


■コメント
・鈴木監督
チームの成長がよく見られた試合だった。スタートからフィジカルにプレーして、正直早すぎるくらいの得点だったが、そこに安心することなくプレーを続けられたことが勝因になっていると思う。1日2試合についてはあまり不安ではなかった。トレーニングも積んできたので最後まで体力的に問題なくプレーできたんじゃないかと思う。(プレーについては)全員が良かった。チーム全員の力でつかんだ勝利だった。(次戦に向けて)また明日新しい試合なので、普段なかなか対戦することのないチームでどれだけうちがチャレンジする気持ち、チャレンジできるかがカギとなると思うので、東洋らしいホッケーをやっていきたい。

・FW川口副将(社4・武修館)
今日は本当に負けられない試合だったので、みんないつも以上に気合が入っていた。相手よりも勝ちたい気持ちが強かったので、それが結果につながったと思う。緊張していた選手も中にはいたと思うが、早い段階で先制点を取ることができたので、そこから徐々にうちのペースで各ピリオド進めることができたので良かった。1失点してしまったがGK、FW、DF全員で体を張ってシュートブロックすることを心がげて最少失点に抑えることができた。毎試合毎試合良い試合になっているのではないかと思う。自分自身の調子も、インカレ合宿始まってから上がってきていることを実感している。あと2試合だが、最後優勝するまでチームに貢献できるような活躍ができたらいいかなと思う。(次戦に向けて)相手のことはわからないが、今日のようなプレーを60分間やれば絶対負けることはないので、またチーム一丸となって頑張りたいと思います。

・GK脇本(社3・苫小牧工)
先制点や得点自体が入ったということが秋季リーグとは違って良かった。1ピリで0点に抑えたことは自分にとってもチームにとっても良かった。(勝因は)得点はもちろんだが、みんなシュートブロックをきちんとしてくれて、気持ちで止めてくれていた。自分が抑えた1点というよりは、チーム全体で守った1点だと思う。(自身のプレーは)悪くはないが、90点にはまだ届かないかなと思う。リバウンドコントロールなど、2、3本目のシュートもきっちり止めなければいけない。リンクも東京とはかなり違うので、試合の中で慣れて成長していければと思う。(ダブルヘッダーの疲れは)こういった日に向けてみんなでトレーニングに励んできたので、その辺りの不安は一切無い。(明日に向けて)自分たちが1年生のとき、関大に負けてインカレが終わってしまい先輩たちも悔しい思いをしたので、その分も今回で借りを返して、決勝の舞台に進みたい。

・FW今野(社3・清水)
とりあえずはベスト4に進めたので良かった。チーム一つとなって良いプレーができたと思う。優勝を目指しているので、今日の試合も負けたら終わりだったので、このチームでやるのも最後なので、まだ試合ができることが一番良かった。(勝因は)ハードワークする東洋のホッケーが1シフト目から最後のシフトまでみんなで一つになって続けられた点だと思う。(明日の関大戦に向けて)やっぱり一昨年悔しい思いをさせられた相手なので、インカレで関大と当たることが分かった時点で僕も負けたくない意識はあった。強い意識を持ってチーム一つになって絶対勝って、決勝に進みたい。

・FW人里(社2・白樺学園)
トーナメントなので負けたら終わりといったプレッシャーの中で試合ができたことは良い経験になった。早大とは秋季リーグでもあまり良い成績は残せていないので、それでもみんなチームのために色々なことを犠牲にしながらプレーしたのが今回の勝利につながったのではないかと思う。(自身のプレーについて)特別調子が良いわけではなかったが、調子の悪い自分の中でもより良いプレーが出せるように、自分の持ち味を生かそうと思った。早くプレッシャーをかけ相手が嫌がるようなプレーをして、そういったプレーの積み重ねで東洋大に流れがくるように意識をしていた。(得点シーンは)田中謙主将から良いパスがきて、自分の得意なポジションでもらうことができた。点差もあったので、勝負してみようかと思い打ったが、入ったので良かった。(チーム全体がひとつになっていたが)主将を中心に声を掛けてくれたし、自分のためだけではなく常にチームのためにプレーをしろと監督やコーチからも言われている。そういったところもきちんとできたので良かった。(明日に向けて)しっかりと勝って、主将を男にしたいと思います。

TEXT=佐藤真理 PHOTO=小野紗由美、中田有香
スポンサーサイト
コメント
好試合でした。
GK・DF・FW どれも良かったですね。

今日の関西大学戦もイケルんじゃないでしょうか?

まだ余計な反則が目立ちます。忍耐力が必要です。














 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。