東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/03

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アイスホッケー]インカレ開幕戦 京産大に8点差で快勝! 

第87回日本学生氷上競技選手権大会
1月6日(火)釧路市柳町アイスホッケー場

東洋大9-1京産大

[ゴール・アシスト]
00:56 中澤
04:31 今野
08:41 川口(田中健、武尾)
11:35 梅野(武尾、藤原)
16:50 今野(佐藤)
18:32 田中謙(今村)
26:17 梅野(田中健)
23:47 武尾
32:03 田中謙(人里)


20150106hockey中澤(撮影者・坂口)
開始1分で先制点を挙げたFW中澤

20150106hockey今野(撮影者・坂口)
FW今野はスピード感あふれるプレーで会場を沸かせた

20150106hockey田中謙(撮影者・坂口)
2ゴールでチームに貢献したFW田中謙主将
 
 1年間の集大成であるインカレが開幕した。今後の流れを左右する重要な初戦は、京産大との一戦だ。立ち上がりから積極的に攻め続け、9対1と大差で勝利をつかむ。悲願のインカレ優勝に向け、幸先の良いスタートを切った。

 秋季リーグを無念の3位で終え、明大の優勝の瞬間を目の前で見せつけられた。その悔しさを力に変え、迎えたインカレの舞台。選手たちの今大会にかける想いは、人一倍強い。
1ピリ開始わずか56秒で、FW中澤(社2・軽井沢)が軽快にゴールを奪い、試合の流れを引き寄せる。さらに、その約3分後にはFW今野(社3・清水)が追加点を挙げ、会場の歓声を一身に受けた。久々の試合だったこともあり動きの硬さは若干あったものの、2点を追加し、4対0で2ピリへ。
 2ピリでも勢いは止まらない。FW今野がスピードに乗り一気に抜け出すと、体制を崩しながらもゴールネットを揺らし、自身2点目の得点を決める。また、FW今村(社3・白樺学園)がゴール裏から絶妙なパスでFW田中謙主将(社4・釧路工)に合わせ、追加点を奪った。さらに東洋大ペースは続き、2得点すると京産大を突き放す。SH(ショートハンド)の場面で1点を返されるも、その後は危なげなく相手を抑える。3ピリでも1点を追加し、試合は終了。9対1で快勝し、今後に向けて手応えをつかんだ。

 「全てのラインで動きが良く、均等に力を出すことができた」と鈴木監督が話したように、全セットを通して得点が量産され、チームとしての調子の良さをうかがわせた今試合。東洋大のペースでゲームを進めることができたことは、今後に向けての好材料である。明日の試合はダブルヘッダーとなり、特に午後の試合は、第一の山場である早大戦だ。ハードな戦いが予想されるが、フィジカル面やディフェンス面の強みを生かし、ライバル・早大に打ち勝つ。

■コメント
・鈴木監督
久々の試合ということもあり、全体的に動きが硬く判断が良くなかった。だが、生命線であるフィジカルの強さはスケートに出ていたので良かった。(9対1の結果について)時間も短い中で良く戦ってくれたのではないかと思う。(良かった点)フィジカルは良かった。また、早い時間に得点を決めることができたことも良かった点。全てのラインで動きが良く、均等に力を出すことができた。(明日のダブルヘッダーに向け)まずはしっかりと初戦を戦って、午後の試合を見据えることのできるようなゲーム展開をしたい。初戦に勝ってから次の試合のことは考えたい。

・FW田中謙主将(社4・釧路工)
去年はインカレに出場できず、それぞれが色んな思いを持って今大会に臨んだ。1回戦2回戦は15分ゲームなので、リーグ戦とは全然違う戦い方になるが、ここまできたら強い気持ちを持っているチームが勝つので、最初から東洋のホッケーでフィジカルにやって、気持ちを持ってやろうという話をした。内容的には決して良いとは言えないが、勝てたということがチームにとっても大きなことだと思う。(2ゴールについて)僕が1点入れようが2点入れようが、それは僕の点数というよりもチームがとった点数。僕一人では決められないし、仲間に感謝しないといけない。(インカレに向けてやってきたこと)普段とやることは変わらないが、合宿ではシステムを重点的に、体に染み込ませてきた。今日はまだまだできていない。(チームの雰囲気は)みんな勝ちたいという気持ちが常に出ているし、勝つために何をしなければいけないのか理解してやっている。僕はみんなに支えられてここまでやってこれた。結果がすべてなので、試合内容はまた明日から切り替えて修正していき、最終的には勝つことが大事だと思う。悔いのないように次戦に挑みたい。

・FW梅野(社3・武修館)
今日の試合で今大会良いスタートを切れた。個人としては今日の目標はスタートダッシュとフィジカルが目標だったので良くできた。試合中にはパスの精度を上げることを目標にしていた。3ピリは点数取れていなかったが、チャレンジできたので明日につながる試合ができた。明日からも1つ1つ勝利して優勝したい。

・FW今野(社3・武修館)
久々の実戦だったので、判断の正確さなどはまだ万全には戻ってなかった。だが、勝てて良かった。(良かった点)試合前も足をとにかく動かそうということをみんなで言っていた。あとはフィジカル面で負けないように意識していたので、できて良かった。(課題は)判断の正確さと、1点失点したこと。(得点シーンは)1点目はシュートを多く打とうと思っていたので、それができた。2点目はスピードに乗ってシュートが打てたので良かった。(明日の2試合に向け)今日はゆっくり休んで、明日に備えたい。また、明日は2試合目が特に大事になってくるので、頑張りたい。(インカレの目標)決勝の舞台に立って優勝したい。個人的にはFWなので、得点をたくさん取って、チームに貢献したい。

・FW中澤(社2・軽井沢)
久々の公式戦で少し動きが硬かったが、勝てて良かった。自分のシュートは最初だったのでとりあえず打っていたら、偶然良いところにリバウンドがきたので入った。(3ピリは)シュートよりパスを回すことに重点を置いていた。(インカレ前の練習は)大きく変えるわけではなく、バックチェックや守備のシステムなどめん密なところを確認した(明日に向けて)今日はあまり良い試合ができなかったので、2回戦勝って、次の早大にも勝利したい。

TEXT=小野紗由美 PHOTO=坂口こよみ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。