東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スピードスケート]500mで遠藤が6位入賞!上々の結果で明日につなぐ 

第87回日本学生氷上競技選手権大会スピード部門
1月6日(火) 釧路市柳町スピードスケート場

◆男子500m
1本目
6位 遠藤 37"16
16位 上地 38"40
19位 新井 38"89

2本目
5位 遠藤 36"76
14位 上地 37"99
24位 新井 38"82

合計
6位 遠藤 73"92
14位 上地 76"39
22位 新井 77"71

20150106speed新井(撮影者星)
次に期待を持てる滑りを見せた新井

20150106speed上地(撮影者・小野)
怪我から復帰し見事ポイントを獲得した上地

20140106 speed 遠藤(撮影者・星)
納得のいく滑りを見せた遠藤

20150106speed遠藤表彰(撮影者・小野)
入賞し笑顔を見せた遠藤

昨年のインカレで見事1部復帰したものの、今大会より1部2部制がなくなり開催された。群雄割拠なこの舞台で新井(社1・岡谷南)は22位に沈むも遠藤(社3・駒大苫小牧)は6位入賞し、上地(社2・作久長聖)も14位でポイントを獲得した。

 短距離部門のエースが復活した。遠藤は6位で入賞するとほっとしたような笑顔を表彰式で見せた。加部監督も「自分の現役時代の最高順位に並んだ。来年は越えてもらわないと困る」と少し張り合う様に、かつ嬉しそうに入賞を祝福した。

 遠藤は今シーズンジャパンカップで転倒して以来、精神的にも自分の滑りを突き通すことができずにいた。インカレの前哨戦である、全日本学生スピードスケート選手権大会でも転倒しそうになる場面が見られ、今大会も競技当日まで不安を残していた。しかし、いざ氷上に立つと今までの不調が嘘のような滑りを見せる。監督も「今日氷上でのアップを見ると良い感じで滑れていたのでいけると思った」と自信をもって送り出した。1本目から37秒台前半と悪天候ながら結果を出す。「いつも2本目の方が良いので1本目の勢いを受け、足が動いた」と2本目はより思い切りの良い滑りで36秒台に乗り6位入賞を果たした。外のリンクでのベストタイムを更新し、ほっとした表情を見せた。

 上地は12月の大会を腰痛により棄権していたものの、このインカレに合わせ調整してきた。1か月以上振りの試合で気負いがあったからか第1コーナーで失速してしまい14位に終わる。「本人は悔しがっていたがよくここまでやってくれた」と監督はまずポイントを獲得したことに満足げだった。新井も好タイムは出せなかったが、初のインカレの舞台を経験し、次につながる滑りとなった。

 遠藤、上地がポイントを獲得し総合5位で1日目を終えた。この2人の復活はチームに良い流れを生む。新井も1年生ながらインカレデビューを果たし、3日目の1500mで好タイムを狙う。今シーズン1人1人の力を合わせ最高の舞台で表彰台へ上り詰める。

■コメント
・加部監督
新井は1年生だったのでタイム的にはまだまだだったが、これから東洋のエースに上り詰めてくれると思う。なので経験を積ませるために出場させた。何かつかんでくれればと思った。500mは力んでしまうが、1000m1500mではもっと良いレースを見せてくれると思う。だから1500mにも出場させる。本人は緊張していたと言っていたが、しっかり次につながるレースをしてくれた。上地はシーズン最初は良かった。だが疲れからの腰痛で12月の大会を棄権していた。500mだけでも滑れればと調整と治療をしてきた。今年からルール変わり15位からポイントがもらえるので15位に入ってくれればと思った。1本目は16位だったが、2本目一緒に走ったやつが15位でそいつに負けないように滑って14位だった。この14位での2ポイントは大きい。本人は14位で悔しがっていたが、腰痛からよくここまでやってくれたと思う。遠藤は6位で俺の現役の時の最高順位に並んだ。来年は俺を越えてもらわないと困る。遠藤は今日の朝は顔も見れないくらい酷かった。ジャパンカップで転んでから自分のスケーティングができていなかった。昨日まで悪かった。タイムだけ見たら上位にいける選手だがメンタルが弱かった。だが今日氷上でのアップを見ると良い感じで滑れていたのでいけると思った。良く戻ってきてくれた。(次に向けて)総合3位を目指す。1位と2位と差はついてしまうと思うが3位4位5位はほとんど変わらない点差だと思うので3位を目指したい。

・遠藤(社3・駒大苫小牧)
ずっと今まで調子が悪かったが、今日の1本目は足が動いたので、まずまずの結果だった。それを受けて2本目はさらに足が動いたので、良いタイムが出たので嬉しい。(気を付けていたことは)風も強かったので、姿勢を低くしていこうと思っていた。(タイム的には)リンクのコンディションが悪い中、自己ベストに近いタイムが出たので良かった。外リンクでは自己ベスト。(6位入賞ですが)とりあえず一安心。でもまだ1000mとリレーがあるので、気を緩めずに最後までチームに貢献したい。(明日に向け)今日みたいな滑りができれば、表彰台も見えてくると思うので、頑張りたい。

・上地(社2・佐久長聖)
周りの雰囲気にのまれてしまい、やらなければいけないことがまだまだたくさんあるなと実感した。最初のコーナーで加速するところが、むしろ失速してしまったところが課題。(インカレまでにしてきた準備は)腰を悪くして練習できなかった時期もあり、そこから自分のスケーティングが分からなくなってしまった。一度リセットして第1コーナーなどの練習をしてきたが、自分の中の意識が足りなかった部分もある。(次のレースに向けて)リレーの種目に出るので、気持ちを切り替えて500mの悔しい思いをぶつけたい。

・新井(社1・岡谷南)
15位以内に入れなかったのが悔しい。大切な大会で合わせられなかったのは自分の力のなさを実感し、情けないなと思う。チームに申し訳ないなという気持ちでいっぱい。条件は良くない中、タイムを出している人はいるので、自分は練習不足と実力不足だった。500mで、スタートから最初のコーナーまでのスピードをいかに出せるか練習してきたところは良かった。後半にミスが目立ってしまったのが残念。(具体的な課題は)あわててしまうことが自分の中でも大きな課題。(1500mに向けての意気込み)次の1500mには期待もかかっていると思うので、周りを驚かせるような結果が出せるように切り替えていきたい。500mできなかった分、意地でもポイントを取って1年間お世話になったチームに恩返しをしたい。
TEXT=星 和典 PHOTO=星和典、小野紗由美
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。