東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[柔道]ほろ苦講道館杯デビュー 木下2回戦敗退 

平成26年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
11月9日(日) 千葉ポートアリーナ

[出場者成績]
木下(文1・京都学園) 2回戦敗退

20141109judo木下
木下は来季以降のチームの主戦力になる

一流選手への仲間入りは簡単には許してもらえなかった。東洋大としては3年ぶりの舞台となった講道館杯全日本柔道体重別選手権大会。東洋大から唯一の出場者となった初出場の木下は、力及ばず2回戦で姿を消した。

 トップレベルはやはり一枚上手だった。2回戦からの出場となった木下の相手は長倉(筑波大)。高校時代にインターハイと全日本ジュニアの2冠を達成したこともある強敵だ。試合は静かな立ち上がりを見せる。木下は序盤、慎重に攻めることを選択。「いつも前半からいき過ぎて、ばててしまうことが多かった」と石元監督代行が語る木下の普段の戦い方に変え、序盤に体力を消費せずに乗り切り、中盤以降に攻勢に出るゲームプランを採用する。しかし、試合はそんな思いとは裏腹に進んだ。けんか四つの様相を呈した組手争いで引手を制され、右自然体で戦う木下の体勢が右に傾く。そして、その状況を打破できないまま、試合は時間残り3分で動いた。技を仕掛けたことで浮いた体に、相手の左足が迫る。右に体勢を崩されていた木下は、これに対応することができず、小外刈りで技ありを奪われた。
 それでも、中盤は木下のペースになる。積極的に攻め続け、相手を指導2つになるまで追い込んだ。しかし、試合残り34秒、小内刈りで有効を取られると、そのまま横四方固めに持ち込まれ万事休す。無念の一本負けを喫した。

 「今までやってきたことを全部出すことで初めて相手とまともな試合ができる」。試合後、木下がこう話したように、一流選手のレベルの高さを肌で感じた大会となった。来年以降、チームの主軸の一翼を担う選手として、今回の経験は糧となったはずだ。そんな木下を石元監督代行は「体力も精神面も成長している」と評す一方で、「スタミナと組手を学んでくれたらと思う」とさらなる成長を促した。経験、成長、そして飛躍へ。来季もこの男からは目が離せない。

■コメント
・石元監督代行
(木下の戦いぶり)今までの試合よりは、やってほしいことはできたと感じる。技がしっかり出ていて、ジュニアでは組手がバタバタしていたが、そういうところも見られなかった。(組手について)成長した部分もあるが、引手をかなり制されていていた。でも、しっかり組んでやれるというところは成長したと思う。元々できないわけではない。後半は自分の流れをつくれていた。いつも前半からいき過ぎて、ばててしまうことが多かった。なので前半は慎重にいこうとやっていたが、様子見の段階でポイントを取られては意味がないと本人も言っていた。今後は中盤以降出せた試合の流れを前半からできるスタミナと組手を学んでくれたらと思う。(木下の成長点)一番変わったのは、組手の雰囲気が良かった。全体的には力もついてきている。体力面も精神面も成長している。それが明確に試合に出ていないだけ。来年、去年やってきたから今年できました、と言えるようになると思う。(来季へ向けて)木下には、一つのことができなかったときに、別のことをやるという対応力を付けること。あとは練習でやっていることをもっと出せるようにしてほしい。チームとしては、新チームになって意識が変わってきている。去年のチームがほぼ丸々残るしいい一年生も入ってくる。去年と変わっていないなといわれるのではなく、一人でも多くの外の人、他の大学の先生や実業団の選手に、しぶとくなったね、と言われるようになってほしい。

・木下(文1・京都学園)
初めてのシニアの大会でもあったので、気負うことなくいこうと思ったが、緊張してしまった。さすが一流選手が出る大会。今までやってきたことを全部出すことで初めて相手とまともな試合ができる、試合前の数週間でどうにかなることはないと思っていたので、今まで通りやってきたことを全て出すために、練習量を増やして追い込んでやってきたつもりだった。(入学してからの成長点は)田舎から出てきて、レベルの高い東京で強い選手にもまれながらやってきたことは、今は分からないが身にはなっているのかな。結果として結びついていないのでどうとは言えないが。(次に向けて)今年度も全日本ジュニアの強化選手に選んでいただいて、合宿やこの試合を踏まえ、国際大会に出場する機会もあると思うので、それにしっかり準備して、最善、最高のパフォーマンスができるように、より一層明日から頑張っていきたい。

TEXT=小泉真也 PHOTO=當麻彰紘
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。