東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/05

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アイスホッケー]今野のハットトリックで連勝、優勝へ望みを継ぐ 

平成26年度関東大学アイスホッケーリーグ戦
11月1日(土)DyDoドリンコアイスアリーナ

東洋大5―1日大

[ゴール・アシスト]
01:19 今野(武尾、今村)
11:01 今野(飯島、堀内)
14:38 今野(今村)
38:58 今村(今野、田中謙)
49:20 人里


20141101hockey今野(撮影者・中田)
ハットトリックを成し遂げチームに勝利を呼び込んだFW今野

20141101hockey今村(撮影者・小野)
2試合連続ゴールを決め好調のFW今村

20141101hockey人里(撮影者・小野)
ゴールという形で復活を証明したFW人里


 1ピリでFW今野(社3・清水)がハットトリックを成し遂げ勢いに乗り、続く2ピリでも試合を支配した。3ピリではヒヤリとする場面が多く見られるも、けがから復帰した人里(社2・白樺学園)などの追加点により、終わってみれば5対1と大差をつけた。

 1ピリから全員での足を使ったプレーで力の差を見せつける。開始2分でFW今野が決める。ゴール直前でのFW武尾(社3・八戸工大一)とFW今村(社3・白樺学園)の素晴らしいパスワークによりゴールが生まれた。その3分後にもFW今野がゴールを決めると、残り5分の場面でもゴールネットを揺らし見事ハットトリックとなった。1ピリは完全に主導権を握る展開となる。
 2ピリでもFW今村、FW今野、FW武尾の3年生トリオが躍動し相手ゴールに襲いかかる。積極的にゴールを狙い惜しい場面を何度もつくる。PPのチャンスも2度訪れるが、この好機を決め切れず歯がゆい展開となる。だが、2ピリ残り1分ではこの試合絶好調のFW今野からのパスを3年生トリオの一角であるFW今村が綺麗に決め突き放す。
 3ピリでは開始8分でSH(ショートハンド)のピンチとなる。ここで一気に攻め込まれるも、一瞬の隙をFW人里が見逃さなかった。6試合ぶりの試合とは思えない動きで、パックを奪い抜け出しキーパーとの1対1を制しゴールを決めた。このまま勢いに乗りたいところであったが、試合残り9分で連続の反則により2人が抜けてしまう。この場面は全員での必死な守りによって耐え抜くが、ここから守りの時間が増える。残り3分ではゴール前まで持ち込まれると混戦に競り負け1点を奪われる。終盤は攻め込まれる場面が目立ったが、失点を1に抑え5対1で連勝を2に伸ばした。

 1、2ピリでは試合を支配したものの、3ピリまで続けることができず、「同じ調子で60分間続ける」という課題を残した。また、PPの場面での得点が生まれず、好機での勝負弱さが垣間見られた。しかし、けがで離れていたFW人里も復帰し攻撃のバリエーションが増えた。これからの後半戦は体力的に人数の少ないチームにとって苦しいものとなるが、チーム一丸となって優勝を目指す。

■コメント
・鈴木監督
40分は完璧な試合であったが後の20分がダメだった。オフェンスもディフェンスもバランスを取れていた。東洋らしい走って当たるホッケーができた。(人里選手が久しぶりの試合であったが)久しぶりにしては良いプレーだった。彼がいることによってオフェンスの厚みが出る。(次の試合に向けて)まず勝つことが大切。残りの試合すべて勝ち星を上げたい。

・FW川口副将(社4・武修館)
1ピリ2ピリは自分たちのホッケーができていて、良いリズムで試合を運べていたが、3ピリに入るとミスから流れが悪くなり失点をしてしまった。次の試合からはそこを修正して前半のようなプレーを継続することを目指したい。(改善点は)あれだけシュートを打ったのに、思うように得点につながらなかった。今日はFWの決定力不足が改めて分かった試合でもあるので、スコアすることを意識してゴールに貪欲に向かっていきたい。チーム自体は人数の少ない中でまとまっているので、守りの面でミスから攻められるところを無くしていけば、良い試合運びができると思う。(次の試合に向けて)自分たちはもう一戦も落とせないので、チーム一丸となって勝ちにこだわっていきたい。

・FW今村(社3・白樺学園)
2ピリで30本シュートを打って1本しか入らなかったこともあって、スコアリングに関しては良くなかった。その他のプレーは良かった。(ゴールシーンは)今野選手のナイスパスがあって、あとは決めるだけだった。今野選手に感謝。(課題は)やはりスコアリング。日頃の練習から、試合と同じような気持ちで、絶対決めるといった思いで臨みたい。(良かった点は)相手に攻められることもあまりなく、バランス的には攻守共に良かった。(次戦に向け)日体大は一生懸命、全力で向かってくるチームなので、気持ちを強く持って、集中を切らさずに試合をしたい。

・FW今野(社3・清水)
今日の試合は全体的にやりたいことができていたので良かった。個人的にはもっと決められる場面もあったしFWとしての仕事ができていない部分があったので満足はしていない。狙って打ったのは1点目くらい。2ピリ3ピリで決められるところはあったので、そういう場面で決められるよう改善したい。シュートは打てているので、あとはゴールへ持っていく意識をもっと高めること。スピードに乗って、相手の前からでも後ろからでもどんどん幅広いシュートが打てるようにしていきたい。次の試合はあさってなので、しっかり調整したい。

・FW武尾(社3・八戸工大一)
今日はみんな足が動いていて、積極的にゴールを狙っていけたので良かったと思う。シュート数は多かったので、もっと決めることができたらもっと良いゲームになったのではないかと思う。(次戦に向け)次の試合に続くような試合ができたと思うので、次の試合は今日の悪かった部分を改善してもっと良い試合ができたらいいなと思う。

・FW人里(社2・白樺学園)
60分間同じホッケーをするといつも言われているが、終盤それができなかった。(試合にでれなかった)今までのホッケー人生で初めて大きなけがをした。今日試合に出れると聞いて試合前は嬉しくて張り切っていた。ゴールを決めた時素直に嬉しかったが、チームメイトとかチームドクターに助けられたのでそういうことを含めると、(ゴールを決めれて)ほっとした。(次の試合に向けて)どことやるときでも決勝戦のつもりで、全員でハードワークして勝利したい。

TEXT=星和典 PHOTO=中田有香、小野紗由美
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。