東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/05

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[特集:アイスホッケー]この選手に注目!① 憧れを超える FW今村健太朗 

今村1
走るホッケーでゴールへ向かう今村

常に全力で走り攻めていく姿が印象的だ。巧みなパックさばきで守備をかわし、切り抜けていく。主軸のFWの一人として今季著しい成長で活躍をするのは、FW今村健太朗(社3・白樺学園)だ。

 初めてスケート靴を履いたのは2歳の時。父が実業団でプレーしていた選手であったため、物心がついた時から氷の上に乗っていた。小・中学校でもアイスホッケー漬けの毎日を過ごし、常にホッケーが生活の中心になっていた。
 全国優勝も果たした強豪校の白樺学園高校から、大学は東洋大を選ぶ。この選択の裏には、兄・雄太朗選手(平成15年度社卒)が所属していたからという大きな理由がある。雄太朗選手は大学4年次でインカレ優勝を果たした際、大会最優秀選手に選ばれるほどの実力者であった。小さい頃から「いつかは同じチームで一緒にプレーしてみたい」という思いがあった。憧れであり目標でもある兄が活躍した場所を自らも選択する。
 大学入学直後の春大会からベンチ入りはしていた。しかし、大学の試合に慣れていなかったこともあり、なかなか思うようなプレーができない。1年次の時は試合には出るもののアイスタイムは伸び悩み、その頃のことを「すごく悔しかった」と振り返る。
 2年次になると、新たに鈴木監督が就任し、チームは新体制となる。プレースタイルやチームの方針、規則なども大きく変わった。鈴木監督は「もともとスキルが高く、決定力のある選手」と今村を評価している。大学入学時からセンスはあったものの、何かがあと一歩足りなかった。そこで、自主トレや筋肉強化に力を入れ始め、基礎力アップに努める。継続するうちに体格が良くなっていき、その結果フィジカルプレーもレベルアップした。そして今季、彼は格段に成長を見せ、上位セットにも食い込んでいる。夏前の氷上練習があまり行えない時期には、参加できる練習を自主的に探し、クラブチームの練習に混ぜてもらうなどもした。少しでも氷に乗る時間を増やす努力を怠らない。地道な練習、大学でのプレーの慣れなどが、今季の重要な場面での活躍につながっている。

 アイスホッケーを「生きがい」と語る今村の現在の目標は、卒業後実業団でプレーをすることである。兄は昨年引退してしまったため、同じチームで戦う夢は叶わなかったものの、彼の背中を追うことはできる。昔は兄が憧れの存在であったが、今なら彼を超えるプレーヤーになれるはずだ。

今村2
「ここぞという時に決められるFWになります!」

■今村健太朗(いまむら・けんたろう)
170㎝/77㎏
H5・5・9生/A型
趣味/車、音楽鑑賞、ゴルフ
好きな食べ物/りんご
好きなタイプ/サバサバしている人
プチ自慢/ぽっちゃりだけど足が速い
座右の銘/精神 結束 感謝 日本一への挑戦

次回は10月31日(金)の掲載です。お楽しみに!
TEXT=佐藤真理
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。