東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コラム]第432回 私のスポーツの見方 執筆者・木谷加奈子 


 こんにちは!そして、はじめまして!木谷加奈子です。“きやちゃん”と呼ばれています。実は本名は“きたに”なのですが、お気に入りのあだ名なので気軽に“きやちゃん”と呼んでください!担当部会は卓球、レスリング、少林寺拳法です。趣味は10月31日で1歳になる姪っ子のお世話ですかね(笑)よろしくお願いします。
 初コラムということで、今回は私のスポーツの見方というか、どこに重点を置いて見ているのかお話しします。スポーツは内容が重要だと言う人、勝敗が重要だと言う人など様々だと思いますが、私は『健康でいること』が重要だと思います。つまり、怪我なく病気もせずにスポーツができるということです。
 私は高校生のとき、女子バスケ部のマネージャーをやっていました。部員は少なくお世辞にも強豪とは言えないチームでしたが、最後の最後まで懸命に戦っていました。その最後の試合の数日後、同学年の部員に「いつも支えてくれたのに、勝てなくてごめん」という手紙をもらいました。その子は高校2年生の時に、約3ヶ月間も練習も試合もできない大怪我をした経験がある子でした。その約3ヶ月間、その子は自分が出られない試合をどんな思いで見ているのだろう、どんな思いで叱咤しているのだろう、と想像して何度も胸を締め付けられました。おそらくその時から、私のスポーツの見方が勝敗重視から健康重視に変わったのです。高校に入学してマネージャーになった時に買った御守りは『必勝祈願』でしたが、その子の怪我があってから買った御守りは『健康祈願』、『交通安全』に『厄除け』。 負ける姿を見るより、怪我をして試合に出られなかったり全力を出しきれずにいる姿を見る方が辛いと感じるようになったのです。だから、「勝てなくてごめん」と手紙をもらったとき、私は「勝てなくても、怪我なく全力で戦う姿を見せてくれてありがとう」と心から思いました。
 このような経験から、私がスポーツを見るときは、『健康でいる』選手が全力で戦う姿を見ているのです。もちろん内容が良かったときや勝った時は嬉しいけれど、私にとって内容の良さや勝敗は+αのような存在で必須ではありません。これはあくまでも私の観点ですが、もしよかったら『健康でいること』も強さの一つであるということを心の隅に置いてスポーツを見てみてください。
 菅野くんに続いて長々と書いてしまいました…。こんな拙い文章を最後まで読んでいただきありがとうございます。
 さて、次回のコラム担当はみんなのアイドルこよちゃんです!どんな可愛いコラムを書いてくれるのでしょうか~?来週の木曜日を楽しみに待ちましょう。
スポンサーサイト
コメント
目線が素敵!
先日、コメしたつもりが…
手違いで送信ミスしたかしら?
木谷さんの、【健康で】って視点、すっごい共感です!
家も怪我に泣き続けた息子でした。
競技を、一日でも長く続けられることが、いかに幸せなことか…
そうして、応援してる者には
結果を越えて、元気で競技を続けてくれるだけで嬉しいものです!
それを伝えてくださる記者さんらの任務のお陰で
こうして様々な選手の皆さんの思いや、がんばりを感じ取れること!
ほんとうに、スポ東の皆さんのおかげ!
いつもありがとうございます^^














 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。