東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ラグビー]拓大に前半リードするも、後半で無念の逆転負け 

2014年度 関東大学ラグビー リーグ戦 2部


10月19日(日) 熊谷グラウンドB

東洋大15-48拓大

(スコア)
TGPD計    計TGPD
10108(前半)00000
11007(後半)488400
211015(合計)488400

20141019rugby田中
SH田中は素早い球出しで攻撃の起点となった

20141019rugby稲嶺(撮影者・千野)
後半トライを決めた稲嶺

 連敗の流れを断ち切りたい東洋大は前半から攻めのプレーで拓大を無失点に抑え、リードして折り返す。しかし後半に立て続けに攻め込まれ15対48で3連敗を喫した。

 開始直後、相手の反則によりペナルティキックを得ると先制点を挙げ、早々から勢いを付ける。20分、新本(法4・日体荏原)が突破し8対0とリードを広げた。その後何度か自陣に攻め入られるが、相手のミスと堅いディフェンスで得点を許さない。さらに、前半終了直前にドロップキックでゴールを狙い、終始攻めの姿勢を崩さず前半を終える。
 前半の勢いのままリードを広げたい後半であったが7分、自陣を突破され得点を奪われると、3分後にも押し込まれ逆転を許す。反撃をしたい東洋大は11分、清原(ラ4・荒尾)から4人でパスを繋ぎ最後は稲嶺(ラ4・名護)が飛び込んだ。コンバーションキックも確実に決め、再逆転に成功する。しかし、その後は拓大のスピードのあるランとパスに圧倒され、ノックオンなどのミスが目立つようになると17分、20分、25分に連続でトライされ15対31と差が広がってしまう。さらに、残り15分から10分にかけて2人の退場者を出してしまい数的不利になる中、最後まで失点を重ねると15対48大差で敗れた。
 
 後半に逆転を許してからなかなか流れを作れず、悔しい敗戦になった東洋大。しかし、先週の関学大戦の反省を生かして前半から全力で攻めるスタイルを取り、いい形で折り返した点では収穫があった。今後は、高野監督が「80分間戦うチームの総合力という面ではまだまだ」と評するように、最後までフィジカルとメンタルを持続させることが課題である。現時点で1勝3敗の東洋大に負けは許されない。なんとしても勝ち越すために、選手たちはよりいっそう練習に励んでいく。

■コメント
・高野監督
今までは前半をなるべく抑えて後半攻勢をかけるプランだったが、今試合は前半から全力で行くスタイルを取った。前半は無失点で切り抜けることができたので良かった。2部で一番強いと思われるチームに対して前半、声の出し方や粘り強いディフェンスができたところは成長が感じられたし、評価したい。後半の入りに関しては少しミスが多かった。そこから流れを悪くしてしまった部分はあった。80分間戦う中でチームの総合力という面でまだまだ拓大との差を感じた。二人退場者を出し13人でプレーする時間があり、そこで2トライを許してしまったということも含めてフィジカル面、メンタル面の部分で弱さが出てしまった。次以降の試合を全部勝って4勝3敗としっかり勝ち越すことが重要なので、また気を引き締めてやっていきたい。

・稲嶺主将(ラ4・名護)
先週の関学大戦の反省として、前半から100%で出し切って行こうと思っていた。それは結果にも出て、リードできていたので良かったと思う。後半やられたのはフィジカルなどで継続できなかった部分があった。あと3試合落とせないし、できることは限られてるので意識してやっていきたい。(トライがあったが)外があく想定で練習をしていて、練習通り外があいたので決められた。(次戦に向けて)100%で出し続ければ強敵にも互角に戦えることを分かったので、次の試合も最初から出せるように練習から頑張っていきたい。

・田中(総4・大村工)
前半は一週間やってきたことが出せたが、後半はフィジカル面で負けてしまった。前半は行けると思ったが、後半は体格で勝る相手にフィジカル面の差が出た。外国人対策として皆で恐れずタックルに行こうと決めていたが、やっぱり恐れて行けなかった所もあった。(次の試合に向けて)残り3戦全勝して終わりたい

TEXT=畑中祥江 PHOTO=小賀坂龍馬、千野翔汰郎
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。