東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サッカー] 大量4ゴールで産能大を突き放し、5連勝を飾る! 

第88回関東大学サッカーリーグ戦 2部リーグ(後期)

第18節 10月18日(土)青学大緑ヶ丘グラウンド
東洋大4-1産能大
<得点者>
15分遊馬
35分仙頭
38分小島
42分遊馬

<出場メンバー>
▽GK
浅沼優瑠(国4・成立学園)
▽DF
筑井駿(国4・前橋育英)
郡司昌弥(国3・柏U-18)
瀧澤修平(ラ3・東洋大牛久)
石坂元気(国3・広島Y)53分→MF飯島樹生(国2・流経大柏)
▽MF
斉藤昂太(国4・八千代)
小島正之介(ラ3・常総アイデンティU-18)
仙頭啓矢(国2・京都橘)
小山北斗(国3・帝京)85分→MF飯野峻地(国4・大宮Y)
▽FW
平石直人(国4・帝京)
遊馬将也(国3・武南)75分→FW川森有真(国4・広島Y)

20141019soccer遊馬
遊馬は2得点の活躍で得点ランク1位タイに躍り出た

20141019soccer仙頭
得意の位置でフリーキックを直接決めた仙頭

20141019soccer小島
小島はリーグ戦初ゴールを挙げた

 グラウンドに快晴が広がり、ベストコンディションの中行われた今節。14分に遊馬が右サイドからの浮き球に合わせ、先制点を奪うも21分に同点に持ち込まれてしまう。それでも34分、仙頭のフリーキックがゴールネットを揺らし、追加点を加える。その後も38分、42分に小島と遊馬がこぼれ球に反応し立て続けに2点を奪った。後半、守備陣が堅い守りを見せ、そのまま4対1で試合終了。白星を飾った。

 「立ち上がりで調整ができていない場面があった」と古川監督が話すように、開始早々から点を奪いに攻撃を仕掛けるが得点につながらない。5分、遊馬が左サイドからシュートを狙うが右のサイドネットをかすり惜しくもゴールならず。持ち味であるパスをつなげてゴール近くまで運んでいくが詰めのところでタイミングが合わない。しかし、14分、石坂の右サイドからの浮き球に遊馬が合わせ1点目を奪う。ここからさらに得点を加えたいところだったが、21分に相手のドリブルにDF陣の対応が遅れ1点を許してしまう。同点に持ち込まれるが、ここからが力の見せ所だ。34分、右サイドからの仙頭のフリーキックはキーパーの逆を突き、相手を突き放す。このゴールを機に攻撃陣の猛攻撃が始まった。38分に遊馬が放ったシュートはキーパーに弾かれてしまうが、そのこぼれ球を素早い反応で小島が押し込み追加点を加える。さらに42分、またもやGKのこぼれ球に遊馬が合わせ、4点目を決めた。その後も追加点を狙うが得点につながらず、前半が終了した。
 後半は3点ビハインドの産能大がドリブルで攻撃を仕掛け、攻められる展開となる。61分、左サイドからシュートを狙われ、以後も相手に主導権を握られる場面が続く。しかし、浅沼が先を読みボールをしっかりキャッチするなど、守備陣の堅い守りで相手の反撃を許さない。そしてそのまま試合は4対1で終了し、勝ち点3を奪った。
 前節から中2日の試合で選手たちも疲労が残っている中、自分たちからアクションを起こし、同点にされても追加点で相手を突き放せたことは大きい。昇格へ向け残り4試合、次節の平国大戦でも自分たちが起点となって攻撃を組み立てることができるかが勝利をつかむカギとなる。

■コメント
・古川監督
前節の神大戦を無駄にしないためにも今日の試合は最低限勝ち点3が必要だった。1点でも多く取れたら取りにいくよう選手たちに話した。欲を言えば後半追加点が奪えればベストだった。だが、最低限失点差を縮められずに、DF陣が後半しのいでくれたことは褒めてやりたい。(前節から中2日での調整は)難しい作業だった。立ち上がりで調整ができていない場面があったが同点に追い付かれてからは自分たちで調整してやってくれた。やる前から相手も同じ条件なのは把握していたので、疲労が残っているのも一緒だし、疲れている中だと体がなかなか反応してくれないので自分たちからアクションを起こしていこうと話していた。(守備は)相手はもちろん前半に3点ビハインドでリスクを負ってでも攻めてくることは予想していた。しっかりそこのところで失点をせずによく守ってくれた。後半を守備において0で終われたことはここ何試合かで勝てている要因だと思っている。後半に失点がなかったことはしっかり評価してやりたい。(次節へ向けて)まだ昇格が確定したわけではないので1試合ずつ決勝戦の気持ちで集中して戦っていきたい。

・斉藤昴太(国4・八千代)
先制点が取れたのが大きい。同点にされたが前半に追い付けたのも良かった。後半はなかなかマイボールにできなくて相手の時間帯を増やしてしまった。守りに体力を使ってしまって疲れが出て攻撃にいけなかったのが反省点。(小山北とのダブルボランチだったが)個人的には真ん中の一番危険な部分を空けないように、そしてセカンドボールを拾うことを意識して試合に臨んだ。(次節に向けて)うちは勝ち点を落とせないので絶対に勝ちたい。

・小島正之介(国3・常総アイデンティU-18)
産能大は下位のチームだったが、そういう相手の方が難しい試合になると考えていて、1点取られてしまったが結果的に前半で試合を決めることができたのは良かった。後半できればもう少し得点を決めることができれば良かったと思う。(前半の入り方は)試合前、自分たちでできるだけ入り良くしていこうと話していたのだが、次に生かしたい。(3点目を決めたが)最近試合で使ってもらって、あまり決めれてなかったので、やっとゴールが入って一安心している。(次の試合に向けて)残り4試合だが、全勝するつもりで戦う。1試合1試合大切にして全員でハードワークして勝ちたいと思う。

・遊馬将也(国3・武南)
今日まで4連勝をしていて、そういった連勝は前期からなかったことと、神大と勝ち点差が同じだったので、今日もしっかり勝って勝ち点を積み上げていくということを試合前から自分たちでの意識統一だった。それに関しては勝ててしっかりと勝ち点3を取れて良かった。(得点シーンを振り返って)1点目を取った時は、いつも通りの攻撃パターンだった。右サイドからの攻撃で取ったので、いつも通りのことが今日出て良かった。2点目に関しては筑井君からのクロスに入るのが遅れてしまったが、ボールがちょっと速ければGKはこぼすと思っていて、その後の対応をしっかりしようと思っていた。こぼれてきたところを決めるだけだった。(好調の要因は)自分にとっては好調とは言い難いし、1試合おきにしか得点を取れていない。毎試合、毎試合1点でもチームのために取れば、順位的にも上に行くと思うし、昇格という目標にも近づく。自分が得点を取るのもそうだが、誰かがフリーだったら(パスを)出して(ゴールを)取らせるといったチームのためを第一に考えて自分がゴールを取れたら良いと思う(次節の平国大戦に向けて)高校時代から知っている星子が居るし、得点ランキングが上位でいる。しっかり次も勝って連勝を伸ばして、昇格に向けてやっていきたい。

・仙頭啓矢(国2・京都橘)
前半は入りが悪くて、先制できたがその後失点してしまった。前までならそこで焦ってしまい、悪い雰囲気になるところだったがそこをしっかり立て直して点を決めて、最終的には3点差で勝つことができたのは大きな収穫だと思う。(同点にされても引き離すことができた要因は)1部に上がりたいというみんなの気持ちが強いというのもあるし、応援してくれる人がいるというのも大きな支えだと思う。(FKを直接決めたが)あそこは自分の得意な所。ニアもいけるし、ファーもいけるのでそこの駆け引きが楽しいところなので自信はあった。コースさえ行けば入るかなと言う感じで決めた。(次節に向けて)残り4試合どの試合も落とせないので、相手が下位のチームであれ油断はできないし、1部昇格のためにも勝ち点3は必要なので、勝利してそれに加えて得点を重ねていければと思う。

TEXT=横山恵美 PHOTO=村田真奈美、国府翔也

[次節試合予定]
第88回関東大学サッカーリーグ戦 2部リーグ(後期)
第19節 10月25日(土) 対平国大 平国大サッカーグラウンドにて 11:30キックオフ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。