東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[準硬式野球]14安打の猛攻も、リード守り切れず帝京大初戦を落とす 

平成26年度東都大学準硬式野球秋季2部リーグ戦・帝京大1回戦
10月15日(水) 新座総合運動公園野球場

東洋大6-7帝京大

20141015junko根本
2試合連続の本塁打を放ち、好調の根本

 初回から安打を重ねリードするも、五回に相手の満塁本塁打などで一気に6点を失い、6対7で帝京大戦の初戦を落とした。


 一回、先頭の荻原(営2・宇都宮北)が中越二塁打を放つと、後続も続き初回に2点を先制する。四回にも2点を追加し、4点をリードした。その後、本塁打で1点を返されるも、五回には2試合連続となる根本(ラ3・我孫子)の本塁打で5対1とした。しかしその裏、徐々に強くなる雨が先発・梶(ラ3・東洋大姫路)を苦しめる。先頭打者に中越三塁打を浴びると、失策も絡み2点を返される。なおも二死満塁の場面で迎えるは前打席で本塁打を浴びた打者だ。2ボールからの3球目をまたも右後方に運ばれ、2打席連続となる本塁打で逆転を許した。
 六回からは松下(ラ2・西湘)がマウンドに上がり、相手打線を無安打に抑える。しかし、味方打線も得点を得られず、迎えた九回。先頭の引地(法2・都立井草)が初球を右前に運ぶと、根本の適時打で1点差まで詰め寄る。相手の失策と犠飛で二死3塁とし、打席には代打・家入主将(ラ3・東洋大姫路)が入る。しかしチャンスであと1本が出ず、そのままゲームセット。6対7の悔しい敗戦となった。

 相手打線を5安打に抑えながらも、敗戦を喫してしまった。今季、打線や得点数は安定していることが多く、いかに失点を抑えるかが勝敗の分かれ目となっている。また今日の試合は走塁のミスも目立ち、安打で得たチャンスを自ら潰してしまう場面も見られた。そのような小さなミスを確実に無くし、残された試合の勝ち点を貪欲に勝ち取っていきたい。


■コメント
・梶(ラ3・東洋大姫路)
調子は本調子ではなかった。変化球がストライクに入らず、最初はそれで苦しんだ。守備のリズムを自分のピッチングでつくれず、ストライクを取りたいところで取れずにボール先行になってしまい、バッターを有利にしてしまったことが今日の反省点。五回自体は自分では悪かったとは思っていないが、2点目を許したバッターに2ストライクだったのでボール球にカーブを投げたかったが、ストライクゾーンに投げてしまい、それが味方の失策につながってしまった。そこが今日1番の反省点。(本塁打を打たれた打者については)前のシーズンでも本塁打を打たれていたので意識はあった。低めのボール球を打たれてしまったので、完全に自分の力負け。また練習して頑張りたい。

・菅沼(文3・稲毛)
チームの目標である先制点を挙げることができたが、自分を含め走塁ミスがあった。細かいミスが出て結果的に6点で終わってしまったが、もう少し点数を取れる試合だったと思う。守備面では、ピッチャーをバックが助けながらもリズムをつくれる回とつくれない回があったので、もう少し守備で流れをつくって打撃に良い流れをつくれたら良かった。(自身の打撃について)今は6番なので、クリーンナップがつくってくれたチャンスを広げることだけを考えている。甘い球を逃さないことを意識している。(投手陣は)今日は途中雨が降ってきたりもしたが、投げる球がなくなってしまったのが五回に捕まった原因。本塁打の前の打者で勝負しようと思っていたが、結果的に四球になってしまって、前の打席に本塁打を打たれている打者に甘いところを打たれてしまったので、そこはバッテリーとしての反省点。(次戦に向けて)勝ち点がかかった試合が続くので、今日みたいにチーム一丸となって戦えば、追いついたり良いムードがつくれると思うので、チーム一丸となって、ベンチを含め元気出していきたい。

・根本(ラ3・我孫子)
初めて先制点を取れたが、そのあと投手陣が崩れて点を追いかけるといういつも通りの展開となってしまった。自分たちの主導権を握り続けられなかったことが大きな敗因だと思う。投手が少ない中で短期決戦をこなしていかなければならないので、打撃陣が投手陣の失点をカバーして勝つような野球を目指したい。(個人としての調子は)特に意識したことはない。狙った球をしっかり打てているのとと、自分なりに難しい球をカットして甘めの球を仕留めることができているので、それが最近の調子につながっていると思う。(本塁打について)走者がいなく、長打が欲しかったので、少し甘めの球を狙って思いっきり打った。(次戦に向けて)次に負けると優勝にはほぼ見込みがなくなり、負けられない一戦なので絶対に勝ちにいきたい。

TEXT=中田有香 PHOTO=坂口こよみ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。