東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/09

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サッカー]全員守備で完封勝利。昇格に近づく3連勝! 

第88回関東大学サッカーリーグ戦 2部リーグ(後期)
第17節 10月11日(土)東洋大朝霞グラウンド
東洋大2-0日大
<得点者>
32分遊馬
81分平石

<警告>
79分徳市

<出場メンバー>
▽GK
浅沼優瑠(国4・成立学園)
▽DF
筑井駿(国4・前橋育英)79分→MF飯島樹生(国2・流経大柏)
郡司昌弥(国3・柏U-18)
瀧澤修平(ラ3・東洋大牛久)
石坂元気(国3・広島Y)
▽MF
斉藤昂太(国4・八千代)
小島正之介(ラ3・常総アイデンティU-18)
仙頭啓矢(国2・京都橘)
徳市寛人(法2・東福岡)81分→MF小山北斗(国3・帝京)
▽FW
平石直人(国4・帝京)81分→FW川森有真(国4・広島Y)
遊馬将也(国3・武南)

20141011soccer遊馬(撮影者・小泉真也)
今季の得点数を9に伸ばしたエース・遊馬

20141012soccer平石
平石は2試合連続となるゴールを決めた

20141011soccer徳市
2得点に絡む活躍を見せた徳市

 前節予定されていた神大との対戦が台風の影響で延期され、約2週間振りのリーグ戦は日大との対戦となった。32分、遊馬がGKとの一対一を制し先制点を挙げる。後半に突入すると日大の猛攻に耐える時間が続くも、ゴールは割らせない。すると、81分に徳市からのパスに反応した平石が追加点を奪う。試合はこのまま終了し、連勝を3に伸ばした。

 今節の対戦相手は今季の開幕戦、ホームグラウンドでまさかの敗戦を喫した日大だ。昇格争いに生き残るためにも勝ち点3を奪取したい東洋大だったが、序盤はサイドを起点に攻められる。9分、右サイドからのクロスにフリーでシュートを打たれるもポストに助けられた。20分にも、自陣でのパス交換中にボールを奪われ、ペナルティーエリア内でシュートを放たれてしまう。しかし、けがから復帰したGK浅沼が右足一本でシュートを防ぐ。再三、決定的なチャンスを作られながらも浅沼を中心に守備陣がゴールを死守。すると、32分に均衡が破れた。自陣からの徳市のロングボールを仙頭が頭でそらすと、遊馬に渡る。競り合いで相手DFに勝つと、そのままドリブルで抜け出しGKと一対一に。冷静に相手の動きを読み、ゴール右隅に沈めた。3戦連続の先制点に応援席も大いに盛り上がる。前半はこのまま1対0で終了した。
 後半は防戦一方の戦いとなった。46分、ペナルティーエリア手前からミドルシュートを放たれる。ボールはゴール左にそれ、事なきを得るがその後も相手の攻勢に耐える時間が続く。それでも郡司昌、瀧澤の両センターバックを中心に全員が自陣に戻り、組織的な守備でゴールを許さない。すると35分、遊馬のポストプレーから徳市がボールを拾うと平石にパスを供給する。平石は相手DFに体を寄せられながらも、飛び出してきたGKの頭上を越えるシュートを放つ。ボールはゴールネットを揺らし、待望の追加点となった。その後は、危なげなく試合をコントロールし試合は終了。3試合連続で勝利を手にした。
 関学大戦の敗戦以降、「このままではいけないとチーム全体で話し合った」と浅沼が語るように、昇格にかける選手たちの思いは以前に増して強くなっている。気温が高いこともあり、足をつる選手も出た今試合。しかしその思いの下、最後までチームとして走り切り、必死に勝ち点3を全員でもぎ取った。次は、台風で延期となった2位・神大との昇格を争う直接対決。3連勝の勢いそのままに、一気に昇格圏内に駆け上がる。

■コメント
・古川監督
なかなか自分たちでボールを保持する時間が少なく、相手ペースで試合が進む時間がちょっと多かった。その中でも守備のところで、うまく相手ボールでもリズムをつくれた。慌てずにできたところはここ何試合かの安定感をつくりだしている。ポジティブに捉えたい。(チームの好調はその守備からなのか)昨年から守備のところで前にベクトルを向けたいときに、背後を取られたりといった対応が戻りながらになってしまっていた。そこを削っていけたらと思っていた。完璧とは言えないが最近はそういった形ができてきた。(浅沼の復帰は)何とか間に合ったかなという感じ。彼が入るとコーチングなどの精神的な安定感が、とくにDFラインの選手たちは守りやすいと思う。もちろん、居ない間に穴を埋めてくれていた伊藤も十分に貢献してくれた。フィールドプレーヤーのところでも試合に出て活躍できる選手が増えてきた。(連戦となる次節に向けて)コンディションが回復できるかが一番のポイントになってくる。昇格を考えると、直接対決で叩く必要のある相手だと思うので、良いコンディションで臨めたら良いと思う。

・浅沼優瑠(国4・成立学園)ゲームキャプテン
入りがあまり良くなく、攻め込まれ決定的なシーンを作られた。先手を取ることができず、苦しい入りだった。その中でも点が入って、そのまま苦しみながらも追加点が取れて守備は完封できたことはチームとして結果が出たのは次につながる。(自身の調子は)けがで思うように試合に出れず、チームに迷惑をかけていたので、自分としては少しでもチームの為に貢献できるようにやっていかないとと思っていたので、結果につながって良かった。(チームの守備については)後期の関学大に負けてから、チームでこのままじゃいけないと守備のことなどチームで話し合った。規律を作ることで、チームが連動して守備をできているところが連勝につながっていると思う。もっとまとまっていきたいと思う。(次節に向けて)この3連戦でまず一つ勝てたことで、次の神大をしっかり叩いて波に乗れるように。また、昇格レースにも加わって行けるようにチーム一丸となって頑張りたい。

・平石直人(国4・帝京)
結構相手にボールを握られ、守備の時間が多くきつい試合だった。後半は間延びした展開になってしまったので、もっとコンパクトに戦っていきたい。ただ、前からプレスをかけるサッカーで3連勝しているので、今後も勝っていきたい。(日大の印象)相手のチェックが早かったのでやりづらかった。それに前期開幕戦で負けて出鼻をくじかれていたので、勝って良かった。(決勝点を決めたが)あれは決めなくてはいけない所。1対0で苦しい時間帯だったので、あそこで点を取れてよかった。(次の試合に向けて)神大戦はけがで出場できないはずだった。でも雨で中止になったので、しっかりと勝利したい。向こうも前期で負けているし、強い気持ちで臨んでくると思うので、それを跳ね返す強い気持ちで戦いたい。

・遊馬将也(国3・武南)
自分たちの目の前の試合を一つ一つ勝っていくことが、自分たちの中でも意識統一されている。立ち上がりは入り方が悪かったが、ああいう時間帯で自分も得点が取れて、リードして前半を終えて最終的にはナオさん(平石)が得点を取って2対0で勝てたのは良かった。(相手DFからマークにあっていたが)得点を取っていくことによって、他のチームも自分のマークが厳しくなるというのは後期始まってから試合を通じてわかっていた。それをどう剥がして得点を取っていくかが自分の課題。(先制点について)いつも練習の時、(仙頭)啓矢からいいパスが来るので、あいつが前向いたら自分も動き出してフリーになれるよう意識している。(次の試合に向けて)詰め詰めの日程だが、それはしょうがないので、自分たちもしっかり目先の試合に向けて調整して一試合一試合勝てるよう努力したい。

・仙頭啓矢(国2・京都橘)
前半はある程度できていたが後半は相手にペースを握られてしんどい展開だった。それでも勝ち切れて良かった。(守備陣が奮闘していたが)今日の試合はポストに助けられた場面もあって運にも味方されていると思った。守備陣が頑張ってくれて失点をしないというのはひとつ成長したところかなと思う。(苦しい時間に取れた追加点について)あそこの時間で追加点を取れたのは相手のメンタル的にも大きかったと思う。ああいった時間に点をとれれば確実に勝利をものにできる。(良い位置でのFKもあったが)狙いにはいったが全然だった。もっと練習しなければいけない。(集中応援だったが)応援に来てくれる人に感謝の気持ちをもって臨んだ。そういったサポーター、運営スタッフのおかげで試合を全力でできるので感謝している。(次節に向けて)水曜日で中3日で非常にハードだが一番大事な試合といっても過言ではない大一番。どんな形でもしっかり勝ちたい。

・徳市寛人(法2・東福岡)
僕たちのリズムにはなかなかならなかったし、結構チャンスも立ち上がりから少なかった。でも、そこで頑張れば必ず1点は取れると思ったので耐えることが大事だと思っていたし、チャンスも来ると思っていた。難しいゲームだった。(守備の時に意識したことは)相手が攻撃の時に止めるのは、DFラインよりも僕たちのところで止めた方がショートカウンターにもつながる。そこで止めるのが僕の仕事だと思っていたので意識して相手の出所を見ていた。(後半のアシストは)監督からは守備についてよく言われるがそれだけではチームに貢献できないし、攻撃にも絡んでいきたいと思っている。あの場面は遊馬君が走って、相手のバランスを悪くしてくれたのでそこのセカンドは狙っていた。平石君にアシストできて良かったが、おまけみたいなもの。(次節に向けて)しっかりケアをして、次が一番大事だと思うので、そこに向けて100%以上出して、良いゲームをして勝ちにいきたい。

TEXT=村田真奈美 PHOTO=小泉真也、吉本一生、横山恵美

[次節試合予定]
第88回関東大学サッカーリーグ戦 2部リーグ(後期)
第16節(延期分) 10月15日(水) 対神大 青学大緑が丘グラウンドにて 12:50キックオフ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。