東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/09

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[準硬式野球]投打かみ合い、駒大に快勝!今季最多の10得点を挙げる 

平成26年度東都大学準硬式野球秋季2部リーグ戦・駒大2回戦
10月8日(水) 新座市総合運動公園野球場

東洋大10-2駒大

 筑波大戦に続き、マウンドには松下(ラ2・西湘)が送られた。立ち上がりを攻められ、初回に2失点と出鼻をくじかれる。しかしその後は追加点を許さず、7回を2失点で抑えた。後を任された梶(ラ3・東洋大姫路)も2回を無失点に抑え、安定したピッチングを披露する。投手陣の力投に打線もつながりを見せ、三回に佐藤(法1・星稜)の本塁打で勝ち越すと、七回には根本(ラ3・我孫子)の本塁打も飛び出し10対2と快勝した。


 前日の試合、7回6失点で降板となった松下は、またも立ち上がりを攻められ初回に2点を失う。しかし二回をきっちりゼロで抑えると、三回に味方打線がつながりを見せ、反撃に出る。先頭の富澤(営2・利根商)が外角低めの球をうまく左前に落とすと、5番・今泉(ラ2・磐城)の適時中越二塁打で、1点を返す。二死2塁となり、バッターボックスには佐藤を迎える。「1打席目と同じ球がきたのでそれを上手く修正して打てた」と本人も納得の打球は、野手の頭を大きく越える勝ち越し本塁打となった。これで勢いづいた打線は四回、荻原(営2・宇都宮北)を筆頭に後続も安打を重ねていき、3点を追加する。七回には二死から鳥山(済3・都立城東)が左前安打で出塁すると、相手の失策と根本の本塁打で、さらに相手を突き放した。
 しかしその裏、連投の松下に疲れが見え始める。内野安打と2つの四球で二死満塁のピンチを招くが、味方の守備にも助けられ追加点を許さない。八回からマウンドを任された梶は、九回に中越二塁打を浴びたものの、無失点で2回を切り抜け10対2で勝利した。

 打線がつながりを見せ、今季最多得点を挙げた今日の試合。前回の駒大戦では12失点と大量失点を喫したが、その借りを返す形となった。今季初の連戦となったが、投手は要所を抑え、打者はチャンスものにするなど投打がかみ合い、1日で前日の反省点を修正した。今日のような試合をこの先も波なく続けていくことで2部優勝が見えてくる。


■コメント
・松下(ラ2・西湘)
昨日と対照的に、変化球とかストレートでストライクを取れた。打ち取る投球ができたのと、守りからバッティングの方につなげることができたので良かった。(昨日からの連投だが)多少の筋肉痛などはあったが、長めにキャッチボールをするなどで調整はした。(2失点の場面は)序盤の不安定なところを狙われた。昨日と同じで初回に点を取られて、正直またかと思ったが、その後は球もきれてきたので良かった。(その後は)相手打者が変化球に手を出してくれた。良い当たりもされたが、正面だったり守備が頑張ってくれた。(次戦に向けて)1週間空くが、また今日みたいな投球ができればと思う。

・根本(ラ3・我孫子)
駒澤に初戦で1敗していて負けたら勝ち点を落としてしまう試合だったので、とにかく勝つことだけを考えて臨んだ。昨日勝ち点を落としてチーム的には落ちてはいたが、まだ優勝の可能性も残っているので、今日に切り替えて臨むことができた。(本塁打)点差もあったので気楽に打つことができた。(自身の調子について)リーグ戦通じて悪くはないが、最近は勝負所で打てていないので、得点源で打てるように頑張りたい。(次戦に向けて)次はリーグ戦でも大事になってくる帝京戦なので、2連勝して勝ち点取ります!

・佐藤(法1・星稜)
試合前から今日は大きいのを狙おうと思っていた。1打席目は、自分の実力を過大視しすぎたので、2打席目は律儀にいこうかなと。1打席目と同じ球がきたので、それを修正して打てたのはとても良かったと思う。自分の本塁打でチームの雰囲気が変わったかなというのはある。そのあとの鳥山さんのつなぎであったり、打線がつながったことが今日の勝因だと思う。今日は自分自身に満足しているので、次の帝京戦も1打席1打席チームのために頑張っていきたいと思う。(修正点は)強いていうなら初回の入りと野手の声掛け。そこさえ直すことができれば今日みたいな試合を続けて優勝できると思う。(次戦に向けて)次戦もこの調子で勝っていきたいです。

TEXT=中田有香
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。