東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/07

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アメフト]豪雨の中の3戦目 いまだ勝利をつかめず 

2014年度 関東学生アメフト秋季リーグ戦
10月5日(日) 東海大秦野グラウンド

東洋大17-27東海大
    0|1Q|0
    3|2Q|0
    0|3Q|6
    14|4Q|21

20141005amefuto山形
RB山形が攻撃の中核を担った

20141005amefuto大森
持ち前のキャッチ力を発揮したTE大森

20141005amefuto志戸摩
追撃のタッチダウンを決めたWR志戸摩

今季1勝も挙げていない東洋大は、激しい雨が降る中、2連勝中の東海大と対戦をした。こう着状態から先制点を取ったのは東洋大だったが、後半で逆転を許してしまう。終盤粘りをみせるも及ばず、痛恨の3連敗を喫した。

 序盤は両チーム共にディフェンスが堅く、お互い得点が入らないまま第1Qが終了。だが第2Qに入るとTE大森(ラ3・東京)がフィールドゴールを決めて先制点を奪った。これによって勢いづき、終盤にタッチダウン(TD)のチャンスが巡ってきた。しかし、エンドゾーンまで残り2Yだったにもかかわらず、相手の決死のディフェンスに止められ得点には至らなかった。主将のDL永藤(総3・佼成学園)は「前半終了間際にTDを決められなかったことで、チームとしてのモチベーションが下がってしまった」と振り返る。前半は3-0とリードして終了した。
 そして後半第3Q。またも両チーム動きがないと思いきや、中盤にここまで攻撃の軸になっていたFB山形(済3・成城学園)がランプレー中にタックルを食らい、ボールがファンブルし攻守交代してしまう。すると今度は相手チームが勢いに乗ったのか、じわじわとエンドゾーンに近付き、そのままTDを決め逆転される。その後の第4Qも流れを止めることはできず、立て続けに2回TDを決められてしまう。東洋大もWR志戸摩(ラ4・狭山ヶ丘)のTDで反撃するが、次のドライブで相手チームが追加点を入れて追い打ちをかけてくる。それでも諦めずにQB時崎(社3・八千代松陰)は懸命にパスを出す。そして残り時間わずかの中、TE大森がTDを決め、点差を詰めた。しかし、奮闘むなしく試合終了。17-27と白星を挙げることはできなかった。

 前半は前回同様ディフェンスがよく機能していたが、後半からタックルが決まらず相手の勢いを止められなかった。オフェンスもTDを取り切れず、決定力に欠けている。今回の試合で目標の1部昇格から遠ざかってしまったものの、まだ希望がついえたわけではない。勝利を手にしたいVIKINGSは次戦に向けて着々と準備を進めている。

■コメント
・西村ヘッドコーチ
前半は予定通りの展開だった。ただ、オフェンスは前半最後にTDを取り切ることができなかったし、ディフェンスも後半に入りタックルし切れなかった。オフェンスもディフェンスもプレーをやり切れていない。それはコーチが言って変わるようなものではないし、選手一人一人が変わらないことにはチームの一体感も出てこない。決して負ける試合ではなかった。それを落としているということは、オフェンス、ディフェンスとも勝負どころの集中力が足りていないということ。後半は、ファンブルロストから相手が(モメンタムを)持っていったが、ディフェンスがもうひと踏ん張りして、オフェンスのミスを帳消し、あるいは3点で抑えないと、チームスポーツとしてはいけない。(次戦に向けて)ここ3試合で良い反省、良い勉強をさせてもらっている。勝ちに飢えているから、選手たちが勝ちたいという気持ちを前に出して練習してくれるか。勝ちたいという気持ちが、試合を左右すると思う。

・OL/DL永藤主将(総3・佼成学園)
前半は相手選手へのタックルがしっかり決まって、無失点に抑えることができた。前半終了間際にタッチダウンを決められなかったことで、チームとしてのモチベーションが下がってしまった。(パスプレーを効果的に使ったが)雨の中、時崎が頑張ってくれた。終盤の時間を有効に使うために、パスプレーを選択した。(課題は)リーグ戦の初戦と同様に前半リードしていたにも関わらず、後半に集中力とスタミナ切れで失点してしまったことを反省したい。(次戦に向けて)ここまで3連敗を喫してしまっており、結果は良くないが内容は悪くない。自分たちはまだまだ出来る。やるしかないので、残り試合はすべて勝つつもりで戦いたい

・WR志戸摩(ラ4・狭山ヶ丘)
相手が2勝して勢いのある中、ラスト2Y取れず、流れを止められなかったのは悔しい。(タッチダウンについて)前回も決めたので、レシーバーのリーダーとしてしっかり取ろうと思った。ディフェンスは前半は止めていたので後半も同じ流れでいこうとしたが、雨が降っていたせいもあるのか、みんな疲れて足が止まってしまったようだ。オフェンスはファンブルロストをしてしまったのが一番のミスだった。(次戦に向けて)まだ1部昇格の可能性はゼロではない。後輩たちに来年1部を目指せる環境を残してあげるのが、4年生の役割だと思っている。なにより勝たなければ自分たちが楽しくない。これからの試合も準備を万全にして挑みたい。

・TE大森(ラ3・東京)
ディフェンス陣が序盤から 頑張ってくれたが、オフェンスがうまく機能できなかった。雨の中でプレーは初めてだったので難しかった。(先制のフィールドゴールを決めたが)あの場面はフィールドゴールではなく、タッチダウン後のキックを蹴るほうがうれしかった。(タッチダウンについて)残り時間が少なかったので、いくしかないという気持ちで決めた。(次戦に向けて)いつもディフェンスが頑張ってくれているので、オフェンスが頑張って、ディフェンスが楽にプレーできるような試合にしたい。

TEXT=松井彩音 PHOTO=小泉真也
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。