東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[バスケ]戦略が効き強豪相手に勝利!連敗を食い止める 

第90回関東大学バスケットボールリーグ戦
10月5日(日)江戸川大学駒木キャンパス

東洋大89-75早大
   21|1Q|10
   22|2Q|15
   26|3Q|18
   20|4Q|32

20141005basuke村上
果敢なプレーが光った村上主将

20141005baske中村
中村の好アシストが攻撃の柱となった

20141005basuke山本
山本の得点にチームは勢いづいた

 2連敗の中で挑んだ強豪・早大との一戦。序盤からゾーンディフェンスを有効に使い、オフェンスでもパスを回して相手を翻弄(ほんろう)していく。後半相手の猛烈な追い上げに苦戦するも、リードは渡さずに貴重な1勝を挙げた。

 出だしは互いに得点を決められない展開となったが、筑波(済4・松商学園)が待望の先制点を奪う。その後フリースローを与えるも、すぐに山本(済2・市立船橋)がミドルシュートを決めた。さらに今試合は早大が苦手とするゾーンディフェンスを仕掛けると、それがうまく機能し相手にボールを渡さない。オフェンスでは、井上(済3・昌平)や筑波が確実にゴールに沈め、点差を広げていった。2Qは村上主将(済4・西武文理)の持ち味であるスリーポイントシュートや、インサイドに切り込むプレーで流れを呼び寄せていく。相手が攻撃のパターンを増やしてきても冷静にボールを拾い、筑波、村上主将を中心に得点を量産。18点リードで前半を折り返した。
 3Qに入っても勢いは止まらず、中村(済2・幕張総合)がノーマークでシュートを決める。また攻守ともにリバウンドを制して簡単に得点を与えない。途中ミスが目立ち始めると選手自ら声を出し、チームを盛り上げていった。リードをさらに広げ、迎えた4Q。早大が本領を発揮しじりじりと得点を詰め寄られるも、山本がボールをゴールに押し込み悪い流れを断つ。さらに村上主将が相手のファールを誘い、フリースローで得点を重ねる。残り30秒でタイムアウトを取り相手の猛攻を抑えると、最後は村上主将がブザービートを決め、一度もリードを許すことなく89対75で早大を制した。

 「ゾーンをやろうと朝から決めていた」と目監督が語るように、勝因はゾーンディフェンスだ。途中得点が取れない時間が続いたものの、選手が粘り強くリバウンドを拾いディフェンスから走るという東洋大のスタイルを存分に発揮した。連勝に向け今試合の収穫を取りこぼすことなく、次戦につなげる。

■コメント
・目(さっか)監督
今日は選手たちがよくディフェンスを頑張ってくれた。それが勝因。ちゃんと練習した通りにディフェンスが動いた。(最後のタイムアウトでの指示は)ターンオーバーに気をつけることと、時間を有効に使えと。残り時間がもうなかったし時間を使ったほうが有利なので、なるべく時間をぎりぎりまで使って残り10秒切ってから攻めるように指示した。(今日の作戦は)データ上早大はゾーンディフェンスに弱いというので、ゾーンディフェンスをやろうと朝から決めていた。選手とミーティングして、それが本当にうまくいった。(4Q目得点が取れない時間が続いたが)予想はできていたから、ベンチとしては慌てる必要はなかった。タイムアウトが残っていていつでも取れる状態だったし、その辺の駆け引きがうまくいった。(次戦に向けて)次も勝たなくてはいけないので、勝って1つでも上にいけるように頑張りたい。

・村上(済4・西武文理)
前半からゾーンディフェンスをしてそれが成功したのが良かった。あとは外から思い切り打てと言われていて、みんな気持ちよく打っていた。今日は思い切りが良かったこととリバウンド、ルーズボールという地味なところを頑張れたことが勝因。(作戦は)ゾーンディフェンス。相手がゾーンディフェンスに弱いというデータがあった。だから外から打たせてリバウンドを取って速攻につなげる、というのがうまくはまった。監督からはゾーンディフェンスとリバウンド、ルーズボールを頑張ること、外が開いたら自分のリズムでどんどん打てと言われた。(反省点は)25点差あったのに10点差まで詰め寄られてしまったこととリングに向いてない時間があったこと。自分もだがターンオーバーしてしまったことは気を付けていきたい。あと4Qで得点が取れなかったときに、ファールをためてフリースローにつなげることをもう少し早くできていたら良かった。(次戦に向けて)これで5勝7敗。次の神大は今最下位だが、波に乗っているチーム。でも自分たちも今の状態を継続して次も勝っていきたい。

・筑波(済4・松商学園)
昨日負けていたので、今日勝ってまた流れに乗りたいと思っていた。相手にはゾーンディフェンスが効果的と監督からも言われていたのと、それに加えて走るということがしっかりできていたのが良かったと思う。前の対戦では前からプレッシャーをかけられてターンオーバーする場面があったので、今日は常に前を見てプレーすることを意識していた。(自身のプレーは)前半はまずまずだったが、後半は得点に絡むことができなかったのが残念だった。ディフェンスから速攻という自分たちのスタイルを崩さずに、気持ちを切らすことなく次も勝ちたい。

・井上(済3・昌平)
昨日負けたので今日早大に勝てたのは大きい。昨日は負けて雰囲気も悪くなっていたが、切り替えて悔しさをぶつける気持ちで臨んだ。(勝因は)相手に合わせてディフェンスを小さめのゾーンにしたことが思った以上に効果があった。オフェンス面ではシューターとして、開いたら打つといういつも通りの形でいったが、なかなか開かなかったのでインサイドをカットしたりしてスペースを作ってもらって、飛び込もうという気持ちでいった。(4Qは)勝っていたので落ち着いて、ターンオーバーを絶対しないことを心掛けた。何がなんでもボールを持って相手に攻めさせないようにした。チームで一つでまとまれたことも良かった。(次戦に向けて)このまま勢いに乗って連勝して、上位を目指していきたい。

・中村(済2・幕張総合)
ディフェンスが機能して勝てたと思う。ゾーンディフェンスということで、最終的にはリバウンド勝負に負けないようにと監督からは言われていた。相手のディフェンスが激しいのは分かっていたので、一人一人が逃げずに向かっていこうと話していた。(4Qの追い上げられた場面では)オフェンスは逃げないで強くプレーすることや、大事なのはディフェンスだったのでリバウンドを負けないようにしようと話していた。(前半から点差が開いたのは)負けてる試合は一つ一つのプレーができてなかったが、逆にディフェンスなどがしっかりできてるから点数が開いたんだと思う。(次戦に向けて)今日勝ったのは大きいと思うので次も勝っていきたい。

・山本(済2・市立船橋)
(今回の試合は)相手がゾーンが苦手ということでゾーンディフェンスでいく作戦がよくはまっていた。(チームとしては)ディフェンスがよくできていたし、リバウンドによる速攻を積極的にしていけたので良かった。しかし4Qで点差が開いていることで気が緩んだプレーをしてしまって点差を縮められたのは良くなかった。(個人としては)リバウンドによく絡めていたと思う。(課題としては)シュートの決定率をもっと上げていかなければならないのと、ターンオーバーされるのを少しでもなくしていきたい。(次戦にむけて)また勝ってチームを勢いづけ、上の入れ替え戦にいきたい。

TEXT=高橋雪乃 PHOTO=山下華歩、山本純平、石田佳菜子
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。