東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/09

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[硬式野球]打線沈黙 投打ともに精彩を欠く 

平成26年度 東都大学野球秋季2部リーグ戦・立正大戦1回戦
10月4日(土) 立正大グラウンド
 
東洋大1-6立正大
 (イニングスコア)
立正大000 510 000=6
東洋大100 000 000=1
 (東洋大)
•伊藤康(1勝2敗)、増渕、飯田、富岡、廣橋-黒川
本塁打:竹田
二塁打:鳥居

20141004kousiki伊藤康(撮影者・千野)
好投が続いた伊藤康だったが先発の役割を果たせず

20141004koshiki竹田(撮影者・市川)
唯一の得点を生んだ竹田
 
20141004kousiki冨岡(撮影者・千野)
初登板で堂々とした投球を見せた富岡

 初回に竹田(法4・明大中野)の本塁打で先制する。しかし初先発を任された伊藤康(営3・上尾)が四回5失点で途中降板。さらに五回にも追加点を奪われ、打線も沈静化したまま敗戦した。

 3連勝目を挙げ残りの試合に向け弾みをつけたい一戦。一回に竹田の本塁打で景気良く先制する。初先発・伊藤康もテンポの良い投球で三回まで無失点とした。しかし四回先頭に出塁を許すと、1死1塁の場面で左中間に適時打を放たれ試合を振り出しに戻される。さらに1点を追加され悔しくも伊藤康はマウンドを降りた。続く増渕(営3・鷲宮)も四球、適時打で一気に3点を献上する。勢いづく相手打線を止めることはできず五回にも追加点を許した。その裏に阿部健(営2・帝京)が一二塁間への内野安打で出塁し反撃に転じたいところだったが、後が続かず点につながらない。それから投手は飯田(営1・常総学院)、公式戦初登板の富岡(営1・桜井)らがなんとか無失点で切り抜け打線の奮起を待つ。最終回に代打・鳥居(営2・愛工大名電)が意地の二塁打で出塁するも、その後打撃の見せ場を作ることができないまま痛い黒星を喫した。
 2連勝と好調だったが今回は打線の盛り上がりに欠けていた。初先発の伊藤康にも苦い経験となった。チームとして今後の試合も苦しい戦いになっていくはずである。この敗戦を力に変えて次戦の勝利を目指していく。

■コメント
・高橋監督
あのイニングだね。緩い球がいった。それだけプレッシャーかけられていた。やっぱり勝つにはこういうこと乗り切っていかないとね。明日は気持ちを新たにやっていきたい。

・黒川主将(営4・桐生一)
伊藤康は初先発ということで緊張していた。そこを自分がしっかりリードしなければいけなかった。調子自体は悪くなかった。先頭打者を2、3回出してしまって、カウントを悪くした。(打線は)初回でもっとたたみかけることができればよかった。専大戦も日大戦も打った回に攻略しているので、あそこで攻略できなかったのが厳しかった。(守備のミスは)一つずつアウトにしていかないと大量失点につながる。次にこういうプレーが起こるということを考えて準備をしないといけない。(明日について)いつも厳しい状態だが、もう本当に首の皮一枚の状況。今日は1年生が頑張ってくれたので明日は上級生が意地を見せないといけない。

・竹田(法4・明大中野)
4年で今季が最後なのでチームに貢献したいなと思って試合に臨んだ。2試合連続で、1打席目でホームラン打ったのはびっくり。ホームランは最初の2球をストレートで打っていたので、次はチェンジアップを投げてくると狙って打ったら入った。あとは2打席目、ライト前に打てたのは大きい。全部レフト方向だったので、ライト前は今季初。でも3打席目が打てなかったので、もう一本欲しかった。(明日に向けて)負けれないので、勝つことだけを考えて試合に臨む。

・伊藤康(営3・上尾)
(初先発だったが)リリーフの時と変わらずに投げようと思っていたけど、ちょっと緊張していてあまり上手くいかなかった。監督さんからはいつも通り投げればいい。後打たれてもいいとも言われていた。なるべく次のピッチャーに良い形でつなげればと思って投げたけど駄目だった。(気をつけたところは)コントロールミスをしないこと。球が集まってしまうと打たれてしまうので、散らしていこうとした。(課題は)制球が集まってしまったこと。(改善していくには)一球一球丁寧に投げていくことが必要だと思う。これからも気を使って投げていきたい。(次戦にむけて)次も頑張りたいと思う。

TEXT=山下華歩 PHOTO=千野翔汰郎、市川菜月
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。