東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/07

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[バスケ]ミスから自滅… 上位進出が遠のく敗戦 

第90回関東大学バスケットボールリーグ戦
10月4日(土)江戸川大学駒木キャンパス

東洋大71-81中大
   16|1Q|11
   19|2Q|20
   20|3Q|28
   16|4Q|22

20141004basuke筑波
最多得点の活躍を見せた筑波

20141004basuke中村
中村は攻守でチームを鼓舞した

 今試合は順位の近い中大との一戦。序盤からリードを奪うも、3Qに入りターンオーバーが相次ぎ逆転を許してしまう。71対81で敗れ、上位進出が厳しいものとなった。

 「ターンオーバーの数が試合を分けた」。エース・筑波(済4・松商学園)がこう語るように今日の試合は波に乗り切れない今季のチームを象徴する試合となってしまった。序盤は山本(済2・市立船橋)がオフェンスリバウンドを拾い得点を重ねるなど、幸先のいいスタートを切る。さらに筑波が外からシュートを連続で沈め差を広げた。2Qに入っても筑波が鋭いドライブを見せるなど、多彩なシュートパターンでオフェンスを引っ張る。生命線である攻守の切り替えの速さも際立ち、35対31と4点リードで後半へ向かった。
 だが迎えた3Q、フリーでのシュートを立て続けに外してしまう。焦りからか簡単なパスミスも目立ち始め、相手に速攻から得点を奪われる。「相手が後半立て直してくることは分かっていた」という目(さっか)監督の予想は的中し、外からのシュートを正確に決められ逆転を許してしまった。タイムアウトを取り、流れを変えようと試みるがなかなか点差を縮められない。4Qには中村(済2・幕張総合)がチームを鼓舞すべく気迫のこもったドライブで得点を重ねる。しかし反撃は及ばず71対81で敗れ、3部との入れ替え戦を意識せざるをえなくなった。

 前半の内容が良かっただけに、後半のミスが結果に響いてしまう悔しい敗戦となった。ここまでのリーグ戦を振り返ってもこの試合のように簡単なミスから流れを相手に渡してしまうケースが多い。接戦を制するには1人1人の集中力がより求められる。明日の上位・早大との一戦では上昇のきっかけをつかみたいところだ。

■コメント
・目(さっか)監督
今日の敗因は私の選手起用を含めた采配ミス。前半はまあまあだったが後半の入りが悪すぎた。(逆転負けの原因は)前半で10点くらい差をつけていれば良かった。後半相手が盛り返してくるのは分かっていた。ハーフタイムにターンオーバーを減らそうと言ったが逆に増えてしまった。途中で(中村)晃太郎がけがをしまったが、つなぎで出たガード2人も機能しなかった。(試合終盤に主力をベンチに下げたが)明日もあるので休養も含めて。村上とは外からプレーを見た上で選手起用や戦術について主将の意見を聞いてみたかった。(明日の試合に向けて)強い相手だがなんとか一矢報いたい。

・筑波(済4・松商学園)
今季の中大は自分たちのプレーをすれば勝てる相手だと思っていたので落としてしまったのは大きい。重要なところでのターンオーバーの数が試合を分けたと思う。イージーなシュートも決められなかったしそういう簡単なミスが多かった。自分たちは逆転する力がまだないのでリードする展開に持ち込みたかった。(自身のプレーは)もう少しリバウンドに絡みたかった。全体的に回数が少なかった。(次に向けて)切り替えてまずディフェンスを基礎からまたしっかりやっていきたい。

・中村(済2・幕張総合)
3Qのターンオーバーが大きかった。そのまま流れをひっくり返すことができない試合だった。(監督からの指示は)いつも通りディフェンスとリバウンド、そこから走るという基礎的なことで、それができれば勝てる相手だった。前半は多少できていたが、3Qにターンオーバーが続いたときにディフェンスなどの基礎的なこともできていなかった。ターンオーバーがずっとこのリーグ戦の課題になっているので、直していきたい。(個人としては)後半、チームのオフェンスの流れが良くなかったときにガードとして立て直すことができなかったのが課題になる。ミスが出ることは仕方ないが、そこからどう立て直すかが大事だと思うし、そこで踏ん張れれば勝てた試合も多いので、そういうところからやっていきたい。早大は強いが前回負けてる分、明日は勝ちたい。

TEXT=横井喬 PHOTO=石田佳菜子
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。