東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/04

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[特集:サッカー]後期第1弾 自分を信じる~川森有真~ 

20141004soccer川森
スピードとフィジカルは大きな武器だ

 「人生はままならない」。川森有真(国4・広島Y)の取材をしていく中でこの言葉が脳裏に浮かんだ。中学、高校の輝かしい経歴から一転、大学サッカーでの厳しい現実に直面しながらも1部復帰、そしてその先の目標に向けて戦い続けている。

 三重県で生まれた川森がサッカーを始めたのは小学校1年のころだった。幼少期から父親と共にボールを蹴って遊んでいた川森にとって、サッカーをするという選択肢はごく自然なことだったという。小学校のころから全国大会を経験し、中学に上がると全国から実力者を集めて行うJFAエリートプログラムの合宿メンバーに選出される。その実力が認められ、強豪・サンフレッチェ広島ユースからスカウトされた。上の舞台でも川森は主力として活躍する。ゴールライン際でのスピードあふれるドリブルと当たり負けしないフィジカルで何度も得点を演出。高円宮杯優勝にも貢献した。
 
 順調なサッカー人生を送っていた川森だが転機が訪れる。卒団後の進路として関東1部リーグの中大への進学を希望し、セレクションを受けるも不合格。結局、2部リーグに所属していた東洋大のオファーを受けて入部することになる。川森は当初「ユースのほうが激しい練習をしている」と感じていた。しかし、待っていたのは大きな差だった。誰よりも勝っていると自負していたフィジカルは戦ってみると自分以上の選手がたくさんいる。それでもチャンスは与えられたが、なかなか思うようなパフォーマンスを発揮できなかったという。その差を埋めるべく川森は西脇前監督から言われた「ボールをもらう動き」を徹底して身に付けた。
 必死にもがき続ける中、ある知らせが舞い込む。アメリカで行われるU-18日本代表遠征メンバーに追加召集されたのだ。遠征では全く経験のなかったサイドバックでも起用された。戸惑いはあったが海外の選手相手にテクニック、フィジカルでも負けることはなく、大きな自信がついたと本人は振り返る。そのかいあって、2年次は就任したばかりの古川監督の下、攻撃の切り札としてコンスタントに出場し1部昇格に貢献。3年次では1部リーグで6ゴールを挙げた。「1部でもやれる」と自信をつけた川森は最高学年となった今季を中断期間で進路を決めて、後期リーグは昇格に向けて集中しようと考えていた。

 しかし、またも試練が襲い掛かる。開幕前の2月にけがをしてしまい、前期リーグを棒に振ってしまう。ようやくアミノバイタルカップから復帰するも、思うように体が動かない。同じポジションには遊馬(国3・武南)が台頭していく中、ここまで無得点と苦しい日々が続く。人生は思うようにいかない。だが、そこから自分を信じて切り開くことに意味がある。「下級生に残せるのは昇格」と語る川森に見えているのは東洋大の1部復帰、そして1、2年後の大きな目標である日本代表の青いユニフォームに再び袖を通す姿だ。

20141004soccer川森3
ゲームキャプテンとしてもチームを鼓舞している

■川森有真(かわもり・ゆうま)
174㌢/71㌔
H5・2・1
出身/広島Y
血液型/A
ポジション/FW
好きな食べ物/ラーメン
好きな女性のタイプ/気が合う人
好きな女性芸能人/柴崎コウ
休日の過ごし方/友人と遊ぶ
印象に残っている選手/FC東京U-18時代の重松健太郎(現栃木SC)

※10月5日(日)の試合が延期につき第2回は10月14日(火)に掲載します。お楽しみに!

TEXT=国府翔也
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。