東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ラグビー]まさかの幕切れ、ロスタイムに逆転許す 

2014年度 関東大学ラグビー 秋季リーグ戦 2部
9月28日(日) 拓大グラウンド

東洋大40-43専大

(スコア)
TGPD計    計TGPD
210012(前半)335400
440028(後半)102000
650040(合計)437400

20140928rugby高橋(撮影者・小泉)
高橋は今試合も活躍を見せた

20140928rugby清原(撮影者・小賀坂)
一時、逆転となるトライを決め喜びを爆発させる清原

 先週の初戦に勝利し、勢いそのままに連勝と行きたい東洋大。後半に反撃を見せ、一時逆転するもロスタイムに再逆転を許し、昨年に続き僅差の敗戦となってしまった。

  開始早々、中央から突破されあっさりと先制点を奪われる。その直後、両サイドから何度もトライを試みるがパスミスやノックオンで、同点のチャンスを逃す。しかし、12分に常泉(1・國学院栃木)が今シーズン初トライを決め、その後のコンバージョンキックも成功し逆転する。ここから波に乗って行きたいところであったが、相手の激しいタックルに阻まれ点差を広げることが出来ない。攻めあぐねている間に、相手の素早いボール回しに全くついていけずリートを広げられてしまう。前半を12対33のビハインドで折り返した。
 後半になると、前半とは打って変わって攻勢を見せる。2分に清原(ラ4・荒尾)の正確なパスから高橋(済3・東農二)へとボールが渡り、そのまま一気に右サイドへ飛び込み、点差を縮めた。要所でディフェンス陣の低いタックルが決まり相手に得点をさせない。守備からリズムを作り、徐々に相手に疲れが見え始めてきたところを見逃さなかった。途中出場の檀上(3・御所実)のトライを皮切りに、32分には再び清原から高橋へという流れで得点を加え、じわじわと点差を詰めていく。この段階で33対38とし、1トライ1キックで逆転の場面を演出する。そして、K.Oのボールを奪うと22mライン内に侵入し粘り強くボールをつなぐ。激しい競り合いから清原が執念を見せ押し込み、同点とする。その後、小林(総4・大村工)がキックを成功させ40対38と、ついに逆転する。残り1分になり誰もが勝利を確信したであろう時、悲劇が待っていた。一瞬の心の緩みを突かれ、ピンチを迎える。必死にゴール前に立ちはだかる東洋大ディフェンス陣であったが、最後の最後で詰めが甘かった。痛恨の逆転トライを奪われ、40対43とされ試合はそのままノーサイドとなった。

 勝利まであと一歩まで迫った東洋大であったが、またしても専大に逆転負けを喫してしまった。昨年は1点差、今年は3点差といずれも勝ち切れなかった。この敗戦は選手たちにも相当応えているはずだ。しかし、まだ1部昇格へ望みが断たれたわけではない。次戦まで間隔が空いている。その間に気持ちを切り替え、万全の状態で戦いに臨んでいきたいところだ。

■コメント
・高野監督
この結果は非常に悔しい。選手たちは練習したことを信じて、前半得点差がついても諦めずにポジティブにやってくれた。そういう意味では成長が感じられた。今日は前半10分の入りが良くなかった。最初の10分は、こっちがやりたいラグビーを相手にされてしまった。特にバインドが外されてしまう場面が多かった。このあたりをしっかり修正して次戦に照準を合わせたい。次の関学大、その次の拓大と格上の相手。うちにとっては、ビックチャレンジになるが入替戦まだ終わった訳ではないので諦めずに挑戦していきたい。(昨年同様、僅差の敗戦となったが)いずれも、ロスタイムの失点だからね。このロスタイムでの数点というところを破るには、人一倍の努力が必要ということ。

・稲嶺主将(ラ4・名護)
勝利への執念が向こうの方が上だった。結果に関してはものすごく悔しい。この悔しさを次の試合にぶつけていきたい。(次戦に向けて)関学大は格上の相手だが、しっかり対策を練って金星を挙げられるようにしたい。

・清原(ラ4・荒尾)
(前半は)自分が出来の悪いプレーを続けていたことで、緊張しているということが味方の選手にも伝わってしまい、リードを許してしまった。(後半は攻めていたと思うが)基本に立ち返って思いっきりプレーしようとして、それがしっかりできたからうまく攻めることができた。(昨年は1点差で敗れているが)意識はもちろんしていた。その上、こんな負け方をして悔しさは前回以上のものがある。(関学戦に向けて)もう絶対に落とせない。しっかり調整して、全力で戦うだけ。

TEXT=菅野晋太郎 PHOTO=小泉真也、小賀坂龍馬
スポンサーサイト
コメント
Re: タイトルなし
Fさま
ご質問ありがとうございます。また、対応が遅くなり大変申し訳ありません。
ご質問いただいたコメントの件ですが、選手のコメントを尊重したいという気持ちから、コメントの取捨選択が徹底されておりませんでした。ご不快の念をおけかいたしまして、申し訳ありませんでした。

質の高いコメントが提供できるよう、今後励んでまいります。貴重なご意見ありがとうございます。
今後とも東洋大学スポーツ新聞編集部をよろしくお願い申し上げます。

東洋大学スポーツ新聞編集部 ラグビー班
「学校が始まってラグビーに割く時間が減ってしまったのも敗因」。言うほうも言うほうだけど、このコメントをそのまま載せておかしくないという見識に疑問です。一体、どういう言い訳なのでしょうか。本気なのでしょうか。














 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。