東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/04

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]結果は思わしくなくとも、課題の見えるレースに 

第87回日本体育大学陸上競技会
9月20日(土)~21日(日)日本体育大学健志台陸上競技場

1日目

男子100m
21組
2着 笠原 11"46

男子100m 2次レース
6組
5着 笠原 11"41

男子400m
3組
3着 鈴木 50"18
6組
4着 羽物 53"53

2日目

男子200m
7組
6着 羽物 29"96

男子800m
6組
2着 鈴木 1'53"50
6着 宮野 2'01"97

男子400m障害
4組
1着 吉野 54"82

男子走高跳
DNS 高橋

男子三段跳
伊藤貫 12m61

20140921rikujo鈴木
鈴木は800mで組2着となったが、レース内容に満足はしていない

 第87回日本体育大学陸上競技会に、短距離、中距離陣から6名が出場した。

 羽物(ラ1・青稜)と伊藤貫(ラ1・文京)の2人がデビュー戦となった今大会。特に200mと400mに出場した羽物は、200mの後半に故障を起こしながらも最後まで走り抜いた。
 さらに同学年の笠原(済1・新潟明訓)は100mを2本こなし、1本目から2本目にかけてわずかながらタイムを縮める。
 また、男子400m障害の吉野(法2・浦和南)は終始トップを譲らず、1着で障害を飛び越えた。
 2日連続でレースに臨んだ鈴木(済4・七尾東雲)は、1日目の400mで練習の成果が出ず悔いが残った。しかし翌日の800mでは、まず1周目を先頭で入る。残り300mで4番手に下がってしまったものの、最後のカーブから前との差をみるみるうちに詰め、2着まで順位を上げた。一方で800m同組の宮野(ラ4・浦和南)は、中盤に他選手に付いていけなくなり最下位でのゴールとなった。

 ルーキーのデビュー、そして4年生は学生として残り少ない期間での大会となった。立場は違えども、それぞれが今回の結果をどう生かしていくかということが次につながっていく。

■コメント
・鈴木(済4・七尾東雲)
今回の記録会は、最近試合にあまり出ていなかったので感覚をつかんでおきたいということと、国体に向けての確認という位置付けだった。スピード系の練習を多く取り入れていたので、練習通りにいけば400mではもっと記録が出てもおかしくはなかった。やっぱり悔しかったし、まだまだ力不足だと痛感した。(800mでの最後の追い上げは)意識はしていなかった。400mから500mで前との差が開きすぎてしまったためだと思う。ただ上のレベルのレースだと離れた時点でアウトなので、しっかり付かないとまだまだ通用しない。(中距離ブロック全体について)全カレに関しては惨敗。来年自分はいないが後輩たちが必ず結果を残してくれると思うので、陸上競技を続けられる間はしっかり指導し深くかかわっていけたら良い。失敗も、逆に後輩から学んだこともたくさんあったが、必ず800mとして中距離として結果を残し、東洋大の中距離ブロックを発展させていこうと思いながらやってきた。(国体に向けて)最後の大会で後輩(尾上(工3・長崎北陽台))と走れるのはうれしいこと。挑戦してみたいという気持ちもあるし、2人で決勝に行けたら良いと思う。(次のレースは)最終的に国体で結果を残すために、コンディションなどを整える通過点として考えている。記録を狙うのではなく、落ち着いて試合に臨んでいこうと思う。

TEXT=野原成華 PHOTO=石田佳菜子
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。