東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[準硬式野球]八回の猛追も及ばず、亜大に敗戦 

平成26年度東都大学準硬式野球秋季2部リーグ戦・亜大2回戦
9月17日(水) 上柚木公園野球場

東洋大8-13亜大

20140917jyunkou菅沼
菅沼は適時三塁打を放った

20140917jyunkou今泉
本塁打を含む猛打賞を記録した今泉

 連勝してこのカードの勝ち点を獲得したい今試合だったが、五回まで毎回得点を許し、八回表終了時点では10点差がついていた。しかしその裏、今泉(ラ2・磐城)の本塁打を皮切りに、打者の出塁が途切れることなく続き、この回一挙7点を獲得する。驚異的な爆発力を発揮したものの、結果は8対13で敗北した。

 勝てば勝ち点獲得となる大事な一戦のマウンドに上がったのは、春季リーグで最優秀選手賞を受賞した先発・松下(ラ2・西湘)だ。初回、いきなり走者を背負うと、適時打を打たれ2点を献上する。続く二回と三回にも連続で本塁打を浴び、計5失点。3回途中で無念の降板となった。継投した梶(ラ3・東洋大姫路)、曽根(済2・東亜学園)も相手の勢いを止められず、八回表までに10点差をつけられ、厳しい状況が続いた。
一方打線は二回、高田(法2・東亜学園)の相手の失策を誘う痛烈な当たりで1点を手にする。その後、無死満塁が続くも、相手投手の打たせて取る投球でこのチャンスをものにできない。
 迎えた八回、ついに東洋大が反撃を見せた。先頭の家入(ラ3・東洋大姫路)が四球で出塁すると、無死1塁から今泉が左翼本塁打を放ち、2点を入れ追い上げる。さらに、前試合で活躍を見せた根本(ラ3・我孫子)の安打に続き、代打攻勢が的中し、失策も絡み1点を返した。満塁になった場面で、今試合最高に燃え上がる。この好機で回ってきた菅沼(文3・稲毛)は、走者一掃の3点適時三塁打を打ち、チームを沸かせた。打者一巡の猛攻で一気に7点を奪い3点差まで詰め寄るも、逆転には及ばず敗戦。勝ち点の行方は第3戦へ持ち越された。

 序盤に毎回得点を許し流れは完全に相手にあった。しかし、どんな場面でも主将・家入がチームを鼓舞する声が響き渡り、それに応えるように各々が声を張り上げる。打線奮起までに時間を要したものの、最後まで諦めない執念がチームを一つにし、秘めていた力が爆発した。投手の不安定さや野手の細かな失策など課題は山積みだが、気持ちを切り替えて次の青学戦に挑みたい。


■コメント
・菅沼(文3・稲毛)
捕手として投手の悪いところを試合中に改善できなかった。ピッチャーも悪いなりに二死までこぎつけた中、野手のエラーと簡単な配球で追加点を与えてしまったのが大量得点の原因。打撃は淡泊になり過ぎていた。(投手の悪かったところとは)軸になるボールがないことがバッテリー間での反省点。松下にしても梶にしても、マウンドでの立ち振る舞いが試合で投げるべき投手とし投手としてはまだまだだったと思う。曽根はよく投げてくれた。(八回の猛攻について)守備の時のベンチの雰囲気がとても良かった。試合に出ている自分たちがつくれない雰囲気をベンチがつくってくれた。その盛り上がりの力を使って、打撃がつながった面はある。(自身の3点適時三塁打について)来た球を打つつもり、センター返しをするつもりで打席に入った。うまく体勢を崩さず捉えられた。(青学大戦に向けて)筑波大、亜大と、初戦に勝って2戦目に勝てないという苦しい状況になっているので、まずは初戦を取って、2連勝で勝ち点を取れるようにしたい。試合に出ている選手が、もっと執念を見せて取り組んでいきたい。

・今泉(ラ2・盤城)
前回不甲斐ない結果に終わったので、今回ばかりは打ってチームのためにと思っていた、正直嬉しい。(本塁打について)ベンチから1本打ってくれと言われていたし、あそこで流れを変えていきたいと思っていた。狙っていたわけではないが、本塁打になって嬉しい。(次の試合に向けて)今日の敗因はミスが大きかったと思うので、ミスをいかに抑えるか。打つ方に関しては自信がある。自分たちの良さを出せば負けることはないと思うので、自分たちの100%の力を出していきたい。

・高田(法2・東亜学園)
序盤からぐだぐだで、最後連打で繋いで点を返したが、試合になっていなかった。前回の筑波戦も1勝1敗になってしまったので、今日こそは連勝すると臨んでいたが、先制されて流れも悪かった。(今季からスタメンに定着だが)毎試合緊張している。チームのために活躍しようと意気込んでやっている。(四回の安打について)前の打席も当たりは悪くなかったが、エラーでただ繋いだだけ。さっきの反省点を生かそうと打席に立った。打った球はまっすぐ。(次戦に向けて)次こそはみんなで一丸となって勝ち点をとりたい。

TEXT=酒井奈津子 PHOTO=當麻彰紘
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。