東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/03

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[バスケ]見せ場なく早くも今季5敗目・・・ 

第90回関東大学バスケットボールリーグ戦
9月17日(水)大田区総合体育館

東洋大71-85立大
    20|1Q|14
     9|2Q|33
    21|3Q|21
    21|4Q|17

20140917baske遠山
遠山は最後までゴールを狙い続けた

20140917basuke岩淵
コートを動き回ってボールを引き出した岩淵

 今季3部から昇格してきた立大との対戦となった今試合は1Qこそリードしたが、2Q以降は攻守が噛み合わずに逆転を許す。その後も良いところなく71対85でまさかの敗戦。6戦を終えわずか1勝と、チームとして正念場を迎えつつある。

 立ち上がりは順調だった。遠山(済4・武蔵越生)の先制点を皮切りに、中村(済2・幕張総合)のスリーポイントなどで得点を積み上げていく。相手のシュートミスにも助けられ、6点リードで1Qを終えた。
 それでも2Qに入ると、状況は一変。シュート決定率が一気に落ち込み、5分もの間追加点を挙げられない時間が続くと、その間に6点のリードもなくなり、追いかける展開となる。さらに攻撃も連動性を欠き、不用意なターンオーバーから失点を重ねてしまう。前半を終えて29対47と気づけば18点もの差をつけられた。
 逆転に向け気持ちを切り替えて臨みたい後半も、序盤こそ連続得点で追い上げムードを作ったが、長くは続かず再び劣勢となる。ベンチからもタイムアウトや浅井(ラ3・駒場)の投入で流れを変えようとするが、相手の勢いを止めるには至らない。後がなくなった4Qでは前線からプレッシャーをかけ、ディフェンスからチャンスを作る。村上主将(済4・西武文理)のスリーポイントや、岩淵(済1・新潟商)の連続得点で一矢報いたが、時すでに遅し。逆転されてから一度も追い付けずに敗れた。

 目監督は「心がとにかく弱い」と、ふがいない結果に終わったチームへ厳しい言葉をかけた。メンタルの弱さが消極的なプレーやミスに直結し、それが敗因となっているのは間違いない。試合後は重苦しい空気がチームに漂ったが、週末にも試合を控えており、下を向いている時間はない。1人1人が自分を見つめ直し、チームのために何をするべきなのか考えることが浮上のきっかけとなるだろう。

■コメント
・目(さっか)監督
最低なゲームをしてしまった。もう下との入れ替え戦に向けて準備するしかない。とにかく弱い。特に心。チームとしてのルールを最後まで守れていない。それでは勝てない。ターンオーバーなどくだらないミスが多すぎる。とにかく本番に弱い。ここまで酷いとディフェンスのシフトも変えないといけない。4年生は頑張っているように見えるが、攻撃でも守備でも良くない。自分だけが頑張っていて、チームを頑張らせることができていない。こんな状態では次も勝てないし、全敗するくらいの覚悟は必要。

・遠山(済4・武蔵越生)
(チームとして)出だしはディフェンスもオフェンスも良い感じで入れたけれど、2Qで点が取れなくディフェンスが崩れてしまったところが負けた原因。(個人的には)序盤は攻めに勢いがあり、点を取れていたと思う。しかし中盤以降から、大事なところでシュートを決められないところが悪かった。(次戦に向けて)今までやってきた走ることやディフェンスという面で自分たちは勝ってきたので、そこを見直して明日からの練習をしていく。これ以上負けたら下が見えてくるので、一戦一戦気持ちを込めて戦っていきたい。

・岩淵(済1・新潟商)
個人のレベルは相手の方が上でも、チーム一丸となって向かうのが東洋。4敗してるので、絶対に負けられないという思いで臨んだ。(振り返って)リーグ戦までディフェンスを強化してきたのにそのディフェンスが崩壊してしまった。自分たちがやらなければならないことは分かっているが、できてないところが多かった。(個人としては)ここまでスタートやいろいろな使われ方をしているが、どんな場面で出てもゲームメイクをしっかりやって、悪い状況は声を出して少しでも良くなるように心がけている。シュートが入らないときこそ、特に自分たちガードがディフェンスをしっかりしなければならないので、今後も今日のように積極的にいけたらと思う。(改善していきたいことは)技術より心の面が重要で、一瞬でも諦めたらリズムは崩れていくと思うので、初心に返ってやってきたことをしっかりやって、次は必ず勝ちたい。

TEXT=山本純平 PHOTO=山下華歩、石田佳菜子
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。