東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[準硬式野球]3年生コンビが躍動!亜大との初戦を制す 

平成26年度東都大学準硬式野球秋季2部リーグ戦・亜大1回戦
9月15日(月) 八王子市民球場

東洋大7-2亜大

20140915junko家入
2本の適時打でチームを逆転勝利に導いた家入主将

20140915junko富澤
富澤は粘り強い投球を見せた


 勝ち点獲得へ向け、東洋大は亜大との初戦に臨んだ。春季には連敗を喫した相手に先制点を許し、苦しい展開となったものの、家入主将(ラ3・東洋大姫路)、根本(ラ3・我孫子)の3年生コンビの活躍もあり7対2と逆転勝利を飾った。

 先発のマウンドには今季初先発の富澤(営2・利根商)が上がったが、不安定な立ち上がりとなった。初回、2つの安打と四球で一死満塁のピンチを背負うと、内野ゴロの間に三塁走者が生還し先制点を許してしまう。後続の打者を打ち取りこの回を最少失点で切り抜けたものの、不安定な投球が続く。三回には味方の失策により走者を許すと、犠打で得点圏に進められる。さらに、次の打者が放った打球は右前適時打となり、この時点で2点のビハインドとなってしまった。

 だが、ここから打線が奮起する。攻撃前にベンチ前で円陣を組んだ4回、先頭の月性(法2・柏南)が相手の失策により出塁すると、二死から盗塁を決め好機を演出する。ここで打席に入った家入主将は、冷静に右方向に流し打ち。これが右前適時打となり1点を返す。富澤も四、五回と三者凡退で抑え、流れを東洋大に引き寄せていく。そして六回、相手の失策で荻原(営2・宇都宮北)が出塁すると、続く藤本(営2・静清)がバスターを成功させる。荻原の好走塁もあり無死1、3塁とすると、ここで打席が回ってきたのはまたしても家入。「アウトコースに真っすぐが来ると思ったので、それを張って、しっかり思ったところに飛ばせた」と、二塁手の頭を越える適時打を放ち同点とする。さらに、一死の後、1、3塁の場面で根本の二塁手の横を抜ける適時打が飛び出し、この回3対2と逆転に成功する。富澤も援護点をもらった直後に一死2、3塁のピンチを迎えるが、粘りの投球で得点を許さない。結局は7回を投げ2失点と上々の結果でマウンドを降りた。

 この後打線は八回に相手の後続投手から根本がこの日2本目となる中前適時打を放ちダメ押し点を奪う。すると、九回には荻原の左翼手の頭を越える適時二塁打、さらに相手の失策もあり計7得点を奪った。投手陣では2番手として登板した松下(ラ2・西湘)が、要所を抑える投球で相手打線を無得点に抑え、7対2と初戦を制することとなった。

 次の第2戦を勝利で飾ることができれば、勝ち点を獲得できる。しかし、筑波大戦では初戦を取ったものの、気の緩みで第2戦を落とし、第3戦までもつれることとなった。小田辺監督も「連勝して春の借りを返したい」とやる気十分だ。優勝に向け、連勝での亜大戦の勝ち点獲得に期待がかかる。

■コメント
・小田辺監督
先頭打者に四球を出したりして、決して流れは良くなかったが、ピンチを迎えながらも踏ん張ってくれたので逆転につながった。富澤が特に四、五回を3人ずつで抑えてくれたことで攻撃の流れを持ってこれた。守りのリズムから攻撃につながっていったのは大きい。スタメンで出ているメンバーは2年生が多いが、家入、根本の3年生が引っ張るんだという形でやってくれたというのが嬉しい。特に家入は死球を受けるなど満身創痍の状態の中で自ら引っ張ってくれたのでいいキャプテンだと思う。(次の試合に向けて)春に亜大に連敗して優勝できなかったので、連勝しないとやり返したことにはならない。連勝して春の借りを返したい。

・家入主将(ラ3・東洋大姫路)
1打席目に見逃し三振をしたので、キャプテンがこうではダメだと思って打席に立った。相手投手を得意にしているので、自信をもってアウトコースに真っすぐが来ると思ったので、それを張って、しっかり思ったところに飛ばせた。その後の勢いもあって逆転できたので、六回がターニングポイントになったと思うし、富澤が2点で抑えてくれたので素晴らしかった。(次の試合に向けて)筑波大戦で第1戦を取って、第2戦に気が抜けて負けという形だったので、今回は初回からチーム全員が一つになって盛り上がっていければいい。

・富澤(営2・利根商)
立ち上がりが自分でもコントロールしにくいところがあって入りが悪かったが、なんとかピンチも最少失点で切り抜けられたのでよかったなと思う。今季投げるのは初めてで不安はあったが、だんだん感覚を取り戻せていけたのでよかった。(次の試合に向けて)次もピッチャーで出るかはわからないが、どのポジションでも自分がレギュラーという気持ちでやっていきたい。

TEXT=當麻彰紘 PHOTO=中田有香
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。