東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[硬式野球]投打かみ合わず、連勝逃す 

平成26年度 東都大学野球秋季2部リーグ戦・専大戦2回戦
9月14日(日) 専大グラウンド

東洋大1-8専大
(イニングスコア)
専 大040 110 020=8
東洋大000 100 000=1
(東洋大)
●原(2敗)、石倉、飯田、阿部良、溝口-黒川、久保翔、後藤田

20140914kousiki原(撮影者・伊藤)
満塁本塁打を許し、降板する原

20140914koshiki原澤
今試合、唯一の打点を挙げた原澤

 二回に満塁本塁打で先制を許すと、その後も小刻みに追加点を奪われ、大差での敗戦。前日2桁安打を放った打線も、5安打1得点と元気がなく、2カード続けて第三戦にもつれ込むことになった。

 前日の試合に快勝し、連勝で勝ち点を取りたい東洋大。先発の原(営3・東洋大姫路)は初回のピンチを何とかしのいだが、続く二回、一塁手の前でバウンドが変わる不運な安打から、二死2,3塁とされる。続く9番打者は簡単に追い込む。この回も無失点で切り抜けるのではないかと思った次の瞬間、捕手の要求とは大きく反したボールが相手打者付近に投げ込まれる。痛恨の死球を与え、満塁のピンチを招いてしまう。次打者に対し、頼みの直球の制球も定まらなくなった原は、3ボール1ストライクとカウントを悪くする。これ以上ボール球が許されない状況で投じた一球は、甘く入り右翼席へ放り込まれた。原は東農大3回戦に引き続き、試合をつくることができないまま降板となった。       
 反撃したい打線は四回、林(営3・桐生第一)の安打を足掛かりに二死2、3塁の好機をつくる。迎える打者は一打席目で安打を放っている原澤(営1・前橋工)だ。1ボールからの2球目をしぶとく左前へ運び、1点を返す。だが、この試合の得点はその1点のみに終わった。
 1対6で迎えた八回。この回から登板した阿部良(営4・浦和学院)は二死まで取るが、相手一番打者にこの日4本目の安打となる二塁打を打たれると、続く打者にも安打を許し降板。代わった溝口(法3・佼成学園)も2球目を右翼フェンスまで弾き返され、右翼手がクッションボールの処理を誤っている間に二者の生還を許し、ダメ押しの追加点を奪われた。
 打線は前日とは打って変わって見せ場が1度しかつくれず、10個の三振を喫するなど相手投手の緩急をつけた投球に全く歯が立たなかった。投手陣も全体的に球が上ずり、制球に苦しむ場面が多く見られた。明日の試合を落とすと1部昇格はかなり厳しくなる。1戦目のように投打をしっかりかみ合わせ、勝ち点を奪う必要がある。

■コメント
・高橋監督
今日は完敗。(原が)簡単に打たれちゃね、あれが野手を戦意喪失させたよ。投手も捕手も自分たちの力量を分かってない。変化球投手なのに直球主体で攻めていったりね。(原澤が当たっているが)詰まった当たりだったけど、しっかり振り切ってるからああいう結果につながってるね。上級生がもっとしっかりしていかないと。(明日は)3点以内に抑えてくれれば勝機はあるかな。

・黒川主将(営4・桐生第一)
今日は序盤から点数を取られ、昨日とは異なり流れをつかめなかった。(先制を許した場面)自分が良いリードをできれば防げた。(本塁打を打たれる前の)2、3塁で迎えた9番打者を抑えていればこの結果にはならなかった。自分も原も一球の怖さが分かった。これから修正していきたい。原は直球は良かったが、変化球が入らなかった。(打席では)昨日打てて良いイメージで打席に入れたが、相手投手の球が手元に来ていて詰まった。攻撃でも守備でも自分がもっと引っ張って行かないといけない。(明日に向けて)絶対に落とせない。チーム一丸で勝ちに行く。失敗を繰り返さないようにしたい。

・原澤(営1・前橋工)
いい場面で回ってきたので、打ちたいと思って打席に入った。相手は良い投手で、直球に振り負けないように意識した。(自身の調子は)そこそこ。これから状態を上げられていければいい。今日は序盤から苦しい状況で、良くないムードだった。明日は先制点を取って、良い流れで出来るようにしたい。

TEXT=菅野晋太郎 PHOTO=伊藤拓巳、市川菜月
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。