東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アイスホッケー]法大から大量6得点!リーグ戦は白星スタート 

平成26年度関東大学アイスホッケーリーグ戦
9月13日(土) DyDoドリンコアイスアリーナ

東洋大6-3法大

[ゴール・アシスト]
22:33 中澤(黒澤)
30:21 川口(中澤)
31:57 武尾(堀内、岩野)
40:19 川口(堀内)
43:54 今村(成田)
48:28 今村(中澤、宮倉)

20140913hockey中澤
大学初ゴールを決め、今季勢いに乗るFW中澤

20140913hockey川口(撮影者・中田)
FW川口副将は積極的なプレーでチームを引っ張る

20140913hockey今村(撮影者・中田)
3ピリで連続得点を決め、勝利を引き寄せたFW今村

 秋季リーグ戦が開幕した。今後の流れを左右する大事な初戦の相手は、強敵・法大だ。序盤からパックを支配する時間が続き、FW川口副将(社4・武修館)が2得点を挙げるなど、2ピリ3ピリでゴールラッシュが起こる。終盤に2点を返されるもそのまま逃げ切り、6対3と勝利を収めた。

 つらく苦しかった夏を乗り越え、ついに秋季リーグが開幕を迎えた。サマーカップ準優勝を誇る法大が相手ともあり、勝利を挙げ、今後の戦いに弾みをつけたいところである。
 比較的スロースターターであった昨季に比べ、本日のゲームは1ピリから積極的にゴールを狙う。パックの支配率も高く、ゴール前まで持ち込む場面も多く見られた。しかし、なかなか得点を決め切れず、パスワークの乱れからカウンターを受ける。相手を止めようとするあまり反則が重なり、一時3人対5人でのSH(ショートハンド)のピンチにも陥った。だが、GK脇本(社3・苫小牧工)やDF陣の決死の守りで、この窮地を乗り切る。
 2ピリからは、足もさらに動くようになり、怒涛のゴールラッシュとなる。まずは、開始2分半でFW黒澤(社4・盛岡中央)からゴール前にパスを受けたFW中澤(社2・軽井沢)が大学初ゴールを決め、先制する。1点を返されるも、その後FW川口副将がシュートを沈め、またも勝ち越した。その1分後にはFW武尾(社3・八戸工大一)が、GKの肩上を抜く技ありゴールを決め、3対1で3ピリへ。
 3ピリでも勢い止まらず、開始約20秒でまたもやFW川口副将がゴールを奪う。さらに、FW今村(社3・白樺学園)が連続で得点を決め、6対1とした。その後はSHでGK脇本が体で弾いたパックを止めきれず1点、また、一瞬の守備の乱れから1点と計2点を失うも、そのまま逃げ切り試合は終了。6対3で、リーグ戦初戦を白星で飾った。
 
 「50分間は自分たちのゲームができていた」との鈴木監督の言葉にもあるように、試合の主導権を握り、積極的なプレーが多く飛び出した。6得点という数字は、得点力不足にあえいでいたチームにとって、自信につながる結果である。内容的にも、全員で守ってカウンターへとつなげるスタイルがきちんと機能し、手応えは上々だ。しかし、リードしていることによる安心感に付け込まれ、3ピリには連続失点を献上するなど、まだプレーに波がある。今後の試合を安定して勝ち抜くには、このようなムラは無くしていかなければならない。次回は慶大が相手となるが、本日の収穫と課題を生かし無失点で勝利を収める。

■コメント
・鈴木監督
開幕戦ということもあって、ある程度プレッシャーもある中で、内容的には良いゲームだったのかなと。ただ50分ぐらいは自分たちのプレーをしていたが点差が開いたときに、気が抜けたプレーがあったのでそこはメンタル的にもう少し成長しないと今後戦っていけない。(DFについて)DFはある程度指示した通りに動いてくれていた。全体的には悪くなかったが、最後の2失点は、メンタル的な弱さが出た。(収穫は)どこのラインも良かったが、特に黒澤のラインが今試合でベストラインであった。1つのチームに頼るのではなく、全員で戦うことができたことが収穫。(次戦に向け)新しい試合なので、身体と気持ちをリセットして、初戦の気持ちで挑みたい。

・FW川口副将(社4・武修館)
春と夏良い結果が出せなったので、初戦をしっかり勝って、秋リーグに良い弾みをつけたかった。今日は全員がしっかり全力でプレーできたのではないかと思う。システム的な面も良かったし、FWはチャンスを確実に決め、DFはしっかりと体を張るなど、チームが一丸となっていた。それが結果につながったのではないかと思う。(自身については)春は全然だめだったが、夏のサマーカップから調子が上がってきているなと実感している。今日2得点できたことはチームにも貢献できたし、次の試合につながると思う。あとは60分間スケートができる体力と脚力をもっとつけて、FWとして点数を決められるように、次の試合もしっかりと調整して望みたい。

・FW今村(社3・白樺学園)
去年は開幕負けてしまったので良いスタートを切りたかった。押していたのに、3ピリでの2失点をしてしまったのでそれをなくせれば良かった。サーカップは出れていなかったので絶対決めてやろうと気持ちだった。2点決めれて良かった。チームは良い緊張感を持ちいつも通りのプレーができた。60分間東洋のホッケーをして、ミスをなくしたい。

・FW武尾(社3・八戸工大一)
5月からみんなつらい練習をしてきたのでそれを出したかった。最初から良いプレーができたが、最後の10分間東洋のプレーが出来なかった。チームの雰囲気はとても良い。ちょっとしたミスがあったのでもっと集中したい。サマーカップで慶大に勝っているが、ゼロからのスタートで頑張りたい。

・FW中澤(社2・軽井沢)
1ピリではチャンスがあったが、それと同じだけピンチがあって苦しい場面があった。2ピリではうまく切り替えができたと思う。(自身の先制ゴールを振り返り)公式戦では大学初ゴールだったので嬉しい。チームに良い流れを引き寄せることもできたと思うので良かった。(次戦に向けて)けが人が多く人数が少ない厳しい状況だが、チーム一丸となって優勝を目指して一戦一戦勝ち点を取っていきたい。

TEXT=小野紗由美 PHOTO=佐藤真理、中田有香
スポンサーサイト
コメント
出だし好調!
法政にはここ数年相性が良いので、負ける事はないと思っていましたが、初戦勝てて良かったですね。
夏合宿や苫小牧大学交流戦を見て、黒澤・中澤・宮倉などが成長したと思います。長丁場のリーグ戦なので、これ以上怪我人が出ない事を祈っています。














 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。