東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/04

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[女子卓球]2部全勝、努力が報われ1部へ返り咲く! 


平成26年度秋季関東学生卓球リーグ戦
9月10日(水) 駒沢体育館

女子2部リーグ
東洋大4-3国学大
●穂積     ​​​​​​​2-3
●荒井​​​​​​​     1-3
○村山・荒井 ​​​​3-1
○石井     ​​​​​​​3-2
●川上・中本 ​​​​0-3
○村山​​​​​​​     3-1
○川上​​​​​​​     3-2

東洋大4-1東女体大
○荒井     ​​​​​​​3-2
○穂積​​​​​​​     3-2
●村山・荒井​​​​ 0-3
○村山​​​​​​​     3-2
○川上・中本​​​​ 3-0

20140910荒井 (撮影者・當眞)
荒井は1年生ながら全試合で活躍した

20140910村山 (撮影者・當眞)
安定したプレーでチームを引っ張った村山

20140910川上・中本 (撮影者・當眞)
川上・中本ペアの快勝で1部昇格が決まった

 昨日の連勝を糧に迎えた最終日。苦戦を強いられた国学大戦を制した東洋大は、勢いをそのままに東女体大に快勝。見事リーグ戦全勝を収め、1部への無条件昇格を勝ち取った。

 今大会は課題の残る試合があったものの3連勝している東洋大。今日の最初の対戦相手は国学大だ。スターターには穂積(法3・富田)が選ばれたが、相手の鋭いスマッシュに対応できず黒星スタートとなった。続く荒井(済1・正智深谷)も1セット目の勢いを維持できず敗れた。この連敗を打ち切るべく起用されたのは村山(社2・武蔵野)・荒井ペア。1セット目の連続失点にもめげることなく、その後は連続3セットを勝ち取った。続く石井(文3・千葉英和)も着実に得点を重ね勝利。しかし、川上(文2・真岡女子)・中本(法2・明秀日立)ペアは1セットも取ることができずに敗れる。次の村山は最終セットでは相手を4点に抑え白星を収めた。そして、勝敗の分かれ目となった残り1戦には川上が選ばれた。得点を5点に抑えられ1セット目は先取されたが、2セット目、3セット目は冷静なプレーで連続得点を奪い取る。しかし、4セット目は前半の連続失点により8対11と惜しくも逃し、両者とも追いこまれ5セット目に突入した。前半は8対3と川上が優勢であったが、後半は相手に連続得点を許し9対9の同点となる。ここでプレッシャーに強い川上は、部員たちの応援も力にして2点をねじ込み勝利。4-3で国学大に黒星をつけた。
 そして、1部への昇格を賭けた東女体大戦。初めに起用されたのは荒井だ。国学大戦シングルスでは敗戦したが、苦戦しながらも勝ち星をあげた。続く穂積も、長期戦となったものの得意のカットで粘りを見せ勝利。次の村山・荒井ペアは惜しくも接戦に敗れたが、この敗北を取り返すべくシングルスで再び村山が起用された。5セット中2セットがデュースとなり体力が奪われる試合となったが、持ち前の集中力で勝利を収めた。そして、最終試合。川上・中本ペアは1セット目、2セット目の接戦を制し、3セット目は連続得点で相手を5点に抑え快勝。4-1で東女体大に勝利し優勝を手にした。
 こうして、全勝という輝かしい結果で今大会を終え、念願であった1部の舞台を踏む権利が与えられた。2部降格で味わった悔しさをバネに、昨季の雪辱を果たすことがこれからの目標となる。

・江尻監督
練習量を増やしても付いてきた部員の努力が報われてほっとしている。力の差があまりない中、勢いではなく総力戦で勝ち取った1部への昇格は、前回より意味のあるものだと思う。今回はプレッシャーに強い川上の活躍が目立ったが、次の試合では、1年生だが技術が高い荒井の精神面をさらに磨き、活躍してくれることを期待している。そして、全員のフィジカルの強化も計っていきたいと思う。

・伊東主将(法4・駒大苫小牧)
接戦が続く選手たちの辛さを感じ、ベンチから声援を送った。わずかなミスで勝負が左右される2部の試合では、一球一球を無駄にしない練習の成果が出たと思う。2部でまた全勝ができるように、勝つための練習をしたおかげで日々の意識の高さが改善された。また、個々の課題練習も積極的におこなった。この4年間を振り返ると、チームのことをあまり考えていなかった1年生の頃は試合に出ては勝つか負けるかの繰り返しだけだったと思う。しかし、3年生からキャプテンをやらせていただいてからは、チームを背負う重みを感じるようになった。後輩には2回目の1部でまずは1勝を目指して、チーム力を今以上に上げて苦しい場面でも勝てるようになって欲しい。

・川上(文2・真岡女子)
7番手で優勝がかかった試合をするのは昨年と同じであったため、少しは余裕があった。プレッシャーのかかる場面も自分は大丈夫だと思うようにして焦らずミスしないように気をつけてできた。最後の東女体大戦では今まで成績の良くなかったダブルスでも勝つことができて良かった。今回は1年の時より勝ちを意識せず余裕を持ってできた。1部ではサーブレシーブのミスがないよう強化していきたい。

・穂積(法3・富田)
今回の試合では2セット先に相手に取られてしまうことが多かったが、主将や部員たちに自分は最後まで粘って勝てると言われていたので自分を信じてプレーした。合宿でもチームで頑張っていたので乗り切ることができたのだと思う。試合内容では昨日の最後の試合で、2対0から勝てたことが印象深い。勝因としては初めの方では球に慣れずに打たれていたが、次第に球やコースが読めるようになったことだと思う。1部では前回では初めてでわからないまま出ていたが、次は一度経験しているため、しっかり対策をして挑めると思う。

TEXT=木谷加奈子 PHOTO=當麻彰紘
スポンサーサイト
コメント
よくやった
降格すると上がるのは簡単じゃない
みんなよく頑張った。今度は1部強豪校となるためみんなで努力しよう
おめでとう














 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。