東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/09

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[水泳]インカレ2日目 萩野が日本新!リレーもダブル表彰台に輝く 

第90回日本学生選手権水泳競技大会
9月5日(金)~7日(日) 神奈川県横浜国際プール

(2日目・予選)
◆女子200m自由形
4組
5着 後藤 2'07"48
7組
1着 宮本 2'01"57
→予選1位で決勝進出
◆男子200m自由形
6組
1着 松本 1'50"18
→全体7位で決勝進出
7組
1着 河又 1'50"49
→全体9位でB決勝進出
8組
3着 天井 1'49"85
→全体4位で決勝進出
◆男子100mバタフライ
2組
1着 近藤 54"54
4組
6着 小日向 56"08
6組
3着 三好 53"52
→全体10位でB決勝進出
◆女子200m個人メドレー
5組
3着 露内 2'17"44
→全体10位でB決勝進出
6組
3着 大橋 2'15"08
→全体4位で決勝進出
5着 山口真 2'16"60
→全体7位で決勝進出
◆男子200m個人メドレー
2組
5着 櫻田 2'09"47
8組
9着 大野 2'06"87
10組
1着 萩野 1'57"64
→全体1位で決勝進出
◆女子800m自由形
2組
10着 和田 9'41"76
3組
1着 地田 8'42"04
→全体1位で決勝進出
4組
1着 菊池 8'42"96
→全体2位で決勝進出
◆女子4×100mメドレーリレー
2組
1着 東洋大(大橋-青木-内田-宮本)
4'09"14
→全体3位で決勝進出
◆男子4×100mメドレーリレー
5組
2着 東洋大(萩野-山口観-三好-河又)
3'38"75
→全体2位で決勝進出

(2日目・B決勝)
◆男子200m自由形
1着 河又 1'50"10
◆男子100mバタフライ
3着 三好 53"77
◆女子200m個人メドレー
1着 露内 2'16"40

(2日目・決勝)
◆女子200m自由形
2位 宮本 1'59"70
◆男子200m自由形
3位 天井 1'48"82
7位 松本 1'50"72
◆女子200m個人メドレー
5位 大橋 2'15"87
6位 山口真 2'17"18
◆男子200m個人メドレー
1位 萩野 1'55"33※日本新・大会新
◆女子4×100mメドレーリレー
2位 東洋大(大橋-金指-内田-宮本)
4'05"15
◆男子4×100mメドレーリレー
2位 東洋大(萩野-山口観-三好-河又)
3'35"54

※女子800m自由形の決勝は明日行われます。

20140906swimming萩野
瀬戸との差を広げる萩野(左)

20140906swimming萩野表彰
客席からの歓声に答える(右)

20140906swimming天井表彰
2日連続の表彰台となった天井(右)

20140906swimming内田
内田が順位を押し上げた

20140906swimming地田
地田は3連覇を目指す

 インカレは2日目を迎えた。萩野(文2・作新学院)が男子200m個人メドレーで日本記録を樹立。そして男女共にメドレーリレーで表彰台に上るなど、充実した結果を残した。

 会場の注目を最も集めたのは、男子200m個人メドレーでの萩野と瀬戸(早大)の対決だ。決勝ではスタート直後から二人が抜け出す展開となった。バタフライで瀬戸に先行されるが、得意の背泳ぎでトップに立つ。そのまま体半分以上のリードをつけ、自身の持つ日本記録を0.05秒上回る日本新記録で優勝を飾った。「調子は良い」と語っているだけに明日の男子400m個人メドレーでも、自己ベストとなる日本記録を更新できるか期待がかかる。
 昨日男子400m自由形で初の表彰台に上った天井(文2・天理)は男子200m自由形でも結果を残した。最後の50mまで3位とは体1つ分ほどの差があったが、粘りの泳ぎを見せ見事3位に輝き2日連続の表彰台となった。また、松本(文1・神島)は決勝ではタイムを落としてしまうものの7位に入った。
 初のA決勝進出となった山口真(営3・墨田川)と大橋(国1・草津東)は女子200m個人メドレーに出場するも、序盤から先頭集団に離されてしまい悔しい結果となった。
 女子4×100mメドレーリレーでは、第3泳者の内田(営2・関東学園大附)が圧巻の泳ぎで6位から3位まで一気に順位を引き上げた。続くアンカーの宮本が1つ順位を上げ2位でフィニッシュ。惜しくも2連覇はならなかった。
 男子4×100mメドレーリレーでは白熱の戦いが繰り広げられた。第1泳者の萩野が大きなリードを奪うと、第2泳者、第3泳者とトップでつなげる。しかし徐々に後続に差を詰められると、残りわずかのところで早大に逆転を許してしまった。

 インカレ最終日となる明日は、今日の予選で1位通過し3連覇が注目される地田(文3・墨田川)の女子800m自由形が控えている。2日目を終え、総合成績は男子4位、女子2位となっており、昨年を超える史上最高順位も目の前だ。

■コメント
・河又(営4・川崎市立橘)
(リレーを振り返って)自分なりに1番良いレースができたと思う。(個人種目を振り返って)400m自由形では、自己ベストではないが初めてのA決勝にしっかりと残ることができて良かった。アクシデントに見舞われたが、自分ができるだけのことはできている。(明日は最後のインカレレースだが)寂しいが、8継では良いレースをして良いタイムを出して、みんなで優勝したい。

・山口真(営3・墨田川)
予選よりもタイムを落としてしまったのが、自分にとってもチームにとってもやってはいけないことだったので悔しい。しかし、順位を予選より1つ上げられたことは良かった。前々から決勝に残ることを目標にしていたので、実現できたことは自分が成長したのだと思う。(初日を終えて女子は1位だが)後輩たちが頑張ってくれているので何とかなっている。今日の個人メドレーで左右されると思って臨んだが、ふがいない結果となってしまったので、明日また流れを作りたい。

・内田(営2・関東学園大附)
抜かせなかったことがすごく悔しい。(明日の女子4×200mフリーリレーに向けて)去年は自分があまり良い泳ぎができなかったので、今年は良い泳ぎをして優勝したい。

・萩野(文2・作新学院)
(個人種目を振り返って)予選の感じで良い記録が出ると思っていたので、最初の50mの回りもまだ余裕があり、ラストの自由形の課題はあるが自己ベストが出たのは良かった。(リレーを振り返って)良い泳ぎができて、後ろの3人にも良い流れが作れたかなと思う。自分たちの全力を尽くした結果で、4人とも良いレースをしたと思うので、今後の水泳人生に生かされると思う。(明日に向けて)どういう泳ぎでいくかを考えながらしっかり狙っていきたい。

・大橋(国1・草津東)
(リレーについて)自分が足を引っ張る結果になってしまったので、申し訳ない気持ちでいっぱい。(個人種目について)初めてのインカレで決勝に残れたことは良かったが、タイムが良くなかったことと、順位を1つ落としてしまったことが悔しい。

・松本(文1・神島)
予選よりもタイムを落としてしまったことが悔しい。予選のタイムはベストだったが、目標が1分49秒台だったのでまだまだ力不足だと思う。次の国体までに自分の弱いところを強化したい。(具体的にどのような点を強化したいか)スプリント力がないので、最後のスパートを工夫してみんなを追い越せるくらいの力をつけたい。

・三好(営1・八幡浜)
(リレーを振り返って)プレッシャーの中でのレースで、楽しんでいくことはできたが自分が足を引っ張っていたと思うので来年こそはリベンジしたい。(初めてのインカレを振り返って)今までに味わったことのない環境の中でレースできたのは楽しかったが、その中でしっかり結果も残したかった。納得のいかない大会となってしまったので、来年こそは先輩方に恩返しをし、自分がチームを引っ張れるようなレースをしたい。

TEXT=内田りほ PHOTO=西川諒、青野佳奈
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。