東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/04

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[硬式野球]まさかのサヨナラ負け 開幕戦は黒星発進 

平成26年度 東都大学野球秋季2部リーグ戦・東農大戦1回戦
9月6日(土) 東洋大グラウンド

東洋大3-4x東農大
(イニングスコア)

東洋大 002 100 000=3
東農大 002 000 002x=4
(東洋大)
原、増渕、●溝口(1敗)-黒川、久保翔
二塁打:林2

20140906koshiki原樹(撮影者・市川)
先発として最低限の仕事を果たした原

20140906koshiki鳥居勝ち越し(撮影者・市川)
四回、阿部健の適時打で生還した鳥居

20140906koshiki溝口
溝口はサヨナラ負けを許し ほろ苦い公式戦デビューとなった

 先発・原(営3・東洋大姫路)が6回2失点と試合を作ったものの、九回に登板した溝口(法3・佼成学園)が1点差を守れずにサヨナラ負け。打線も2度の満塁機を生かせないなど攻めあぐね、開幕戦で勝利を手にすることはできなかった。

 九回、同点打を許しなおも一死3塁とサヨナラ負けの危機。この回から登板した3番手・溝口が投じた11球目は意図に反して甘いコースへと吸い込まれていく。はじき返されたその球は一塁手のミットをかすめ、無念にも敗戦を告げるものとなった。ただこの試合の敗因は九回の守備だけではなく、最終回を迎えるまでの攻撃内容にあった。
 
 今季の開幕投手・原は苦手としていた立ち上がりを乗り切り、調子の良さをうかがわせる。原の投球に応えたい打線は三回、先頭の阿部健(営2・帝京)が安打で出塁後、野選などで一死2、3塁の先制機を得る。ここで迎えた3番・林(営3・桐生第一)が初球を右中間に運び、待望の先制点を奪った。裏の回に同点に追い付かれるもののすぐさま勝ち越し、試合は五回を迎える。一死後、林の四球を足掛かりに相手先発を攻め、満塁の得点機を演出する。しかし、続く打者は捉えることができずに得点を挙げられない。投手が代わった七回にも再び絶好機が訪れる。先頭・林がこの試合2本目となる二塁打を放ったのち、2四球を選び2度目の一死満塁となった。だが、岩井川(営4・中京大中京)・山崎和(営4・PL学園)はいずれも内野ゴロに抑えられ、またしても追加点の機会をつぶした。
 勢いを失った打線はその後走者を出すことさえもできずに最終回を迎え、結果的に救援失敗を招くこととなった。
 
 終わってみれば11残塁と、改めて得点機での勝負弱さを露呈する形となり、今後の戦いに不安を残した。また、中継ぎ投手の安定感のなさも課題に挙げられる。しかし、戦いはまだ始まったばかりだ。この悔しさをはねのけなければ神宮の杜は近づいてこない。

■コメント
・高橋監督
情けない。最悪ですよ。何をやっているんだか。弱いチームになってしまったな。ぼくが甘いからかな、選手に厳しく当たれないから。東洋大学はやっぱりピッチャーじゃなくてキャッチャーじゃないの。(黒川を途中交代)雰囲気が悪いからね。バッティングが悪くてそっちを引きずっちゃう。(最後は久保翔の)完璧なリードミス。人材がいないから仕方ないよ。原がもう少し頑張るかと思ったけれど、ちょっと悪かった。エースじゃないな。(継投は)迷いなく。よくあそこまでもったと思う。ずっとこのパターンでオープン戦からやってきたが、思うようにはいかなかった。ああいうパターンしかない。(打線は)3番だけ。林だけはバッティングが良い。あとはもう全然ダメ。雰囲気は悪い。

・林(営3・桐生第一)
オープン戦から調子が良かったので、リーグ戦でも継続できて良かった。でも自分が打ててもチームが勝てないことには意味がないと思っている。次の試合はなんとか勝てるように頑張る。

・原(営3・東洋大姫路)
もっと自分がきちんと投げていれば、負けることはなかったと思う。全体的に気持ちが入りすぎて、コントロールがばらついてしまった。三回に2点取られたのが痛かった。あの場面で1点に抑えていれば、結果は違ったと思う。

TEXT=伊藤拓巳 PHOTO=市川菜月、児嶋紗衣
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。