東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/07

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[水泳]インカレ初日 内田が日本新で優勝! 

第90回日本学生選手権水泳競技大会
9月5日(金)~7日(日)神奈川県横浜国際プール

(1日目・予選)
◆女子50m自由形
3組
10着 杉本 28"95
8組
1着 内田 25"38
→全体1位で決勝進出
◆男子50m自由形
3組
8着 小日向 24"85
10組
8着 新井 24"18
11組
7着 高橋 24"08
◆女子400m自由形
2組
1着 和田 4'41"03
4組
1着 地田 4'15"35
→全体3位で決勝進出
◆男子400m自由形
5組
2着 天井 3'51"75
→全体2位で決勝進出
3着 河又 3'52"37
→全体3位で決勝進出
6組
4着 松本 3'54"18
→全体13位でB決勝進出
◆女子200mバタフライ
5組
2着 菊地 2'12"30
→全体5位で決勝進出
◆男子200mバタフライ
5組
3着 牧田 1'59"95
→全体12位で決勝進出
6組
5着 近藤 1'59"61
→全体11位でB決勝進出
8組
4着 三好 1'59"36
→全体9位でB決勝進出
◆女子200m背泳ぎ
3組
1着 大橋 2'14"54
→全体12位でB決勝進出
◆男子200m背泳ぎ
3組
4着 若林 2'05"86
6組
6着 小鶴 2'09"26
◆女子100m平泳ぎ
6組
2着 青木1'09"08
→全体4位で決勝進出
7組
1着 佐藤 1'09"64
→全体6位で決勝進出
8組
1着 金指 1'08"90
→全体2位で決勝進出
◆男子100m平泳ぎ
5組
2着 毛利 1'03"07
8組
1着 山口観 1'01"15
→全体3位で決勝進出
◆女子4×100mリレー
3組 1着 東洋大(内田-露内-山口真-宮本)
3'44"99
→全体1位で決勝進出
◆男子4×100mリレー
4組 1着 東洋大(萩野-天井-新井-河又)
3'20"13
→全体1位で決勝進出

(1日目・B決勝)
◆男子400m自由形
1着 松本 3'52"93
◆男子200mバタフラ イ
1着 近藤 1'59"70
4着 三好 2'00"39
6着 牧田 2'00"54
◆女子200m背泳ぎ
1着 大橋 2'14"02

(1日目・決勝)
◆女子50m自由形
1位 内田 25"02 ※日本新・大会新
◆女子400m自由形
3位 地田4'12"36
◆男子400m自由形
2位 天井 3'49"19
6位 河又 3'52"94
◆女子200mバタフライ
3位 菊地 2'10"76
◆女子100m平泳ぎ
1位 金指 1'07"99
6位 青木 1'09"07
8位 佐藤 1'09"25
◆男子100m平泳ぎ
3位 山口観 1'00"85
◆女子4×100mリレー
1位 東洋大(内田-大橋-露内-宮本)
3'42"56 ※大会新
◆男子4×100mリレー
5位 東洋大 (萩野-天井-新井-河又)
3'20"71

20140905swimming内田
日本記録を更新した内田

20140905swimming金指3
優勝を確認しガッツポーズする金指

20140905swimming菊池
菊池は堂々たる泳ぎを見せた

20140905swimming天井
初の表彰台に上がった天井

20140905swimming女子フリーリレー表彰
笑顔の女子フリーリレーメンバー

 第90回日本学生選手権水泳競技大会(インカレ)が9月5日から開幕した。内田(営2・関東学園大附)の日本新記録での女子50m自由形優勝や女子4×100mフリーリレー優勝により、女子は総合成績1位で初日を終えた。

 内田は女子50m自由形に出場し、予選を大会新記録で突破する。決勝では、浮き上がりから頭一つ分のリードを奪う。「しっかりと水をかくことができている感覚があった」と、さらにスピードを上げフィニッシュした。内田の速さに会場がどよめく中、電光掲示板に表示されたタイムは25秒02。13年間破られなかった日本記録を見事に塗り替え、笑顔を見せた。
 女子100m平泳ぎでは、出場した佐藤(文4・市立船橋)、金指(営2・日大藤沢)、青木(営2・武蔵野)の3選手がそろって決勝に進出する。迎えた決勝では、レース後半に見事なスパートを見せた金指が初の選手権を獲得した。
 インカレ初出場となった菊池(営1・作新学院)は予選を5位で通過する。決勝では、「ラスト50mが勝負」という平井監督の助言通り、終盤に粘りを見せ3位に食い込んだ。また、地田(文3・墨田川)は女子400m自由形で3位に入賞するも、「自己ベストを出せていたら優勝できた」と悔しさをにじませた。
 今シーズン好調の天井(文2・天理)は、インカレでも力を見せつける。男子400m自由形に出場すると、安定した泳ぎで序盤から先頭集団に食らい付く。強化してきたドルフィンキックも成果を挙げ、2位でゴールする。初の表彰台に「実感がわかない」とはにかんだ。
 4×100mフリーリレーは男女共に、予選1位で決勝に進む。女子4×100mフリーリレーは、第1泳者の内田が圧倒的な泳ぎで後続との差を広げる。続く第2、3泳者もリードを守り、アンカー宮本(法2・九州学院)に繋ぐ。最後まで力強い泳ぎを披露すると、大会新記録を樹立し優勝を飾った。レースについて、宮本は「このメンバーだから大会新記録を狙えると思った」と振り返った。男子もこの勢いに乗りたいところだったが、惜しくも5位に終わった。

 大会2日目となる明日は、注目の萩野(文2・作新学院)の男子200m個人メドレーや男女の4×100mメドレーリレーなど目が離せない。


■コメント
・近藤主将(営3・武南)
決勝は予選よりもタイムを落としてしまったので悔しい。隣のレーンを泳ぐ、三好には先輩の意地として絶対に負けられなかった。レースは悪くなかったが、大舞台でのメンタル面での課題を残してしまった。主将として、A決勝に残りたかったが残れなかったので、B決勝の中で最もいい順位を目指そうと思った。今日、A決勝に残れなかった悔しさを100mバタフライにぶつけたい。

・地田(文3・墨田川)
泳いだ感触としては、もう少し速いタイムだと思った。4分10秒は切りたかった。日本選手権やジャパンオープンよりもタイムを落としたのは悔しいが、感覚は悪くなかった。自己ベストを出せていたら、優勝できたので残念に思う。

・天井(文2・天理)
リレーは残念だったが、泳ぎは悪くなかったと思う。(初めての表彰台だが)実感がわかない。浮かれないようにしたい。(インカレに向けて取り組んだことは)ドルフィンキックなど、細かい動作を修正し、強化してきた。まだまだ修正できていないので、磨き上げていきたい。(明日の200m自由形の目標は)自己ベストを出し、インターを切りたい。そして、1点でも多く得点を稼ぎ東洋大に貢献したい。

・内田(営2・関東学園大附)
パンパシは泳ぎもタイムもよくなかったので、パンパシでうまくいかなかった気持ちの持っていきかたや、泳ぎの修正をインカレで燃焼しようと思った。(日本新記録について)会場がどよめいたことがうれしかった。水をしっかりつかめている感覚があったので、日本新記録が出ると思った。

・山口観(法2・志布志)
決勝は予選より楽に泳ぐことができ、1分00秒台を出すことが出来た。ラストの50mを31秒7で泳げたことには満足している。平井監督とテンポやストローク数を話し合ったことで、自分の泳ぎが戻ってきたと思う。また、本命である200m平泳ぎに向けて、いいレースが出来たと思う。

・菊池(営1・作新学院)
順位にもタイムにも満足していない。ラスト50mか課題で平井監督からラスト50mが勝負であると言われたので、終盤しっかり泳ごうと思った。(インカレに向けて取り組んだこと)距離を泳ぎ、持久力をつけてきた。(明日の800m自由形の目標は)いい順位で、A決勝に進出できるようにしたい。

TEXT=西川諒 PHOTO=内田りほ、青野佳奈
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。