東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/02

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[柔道]高田、3年連続で全日本へ 計5人が予選を勝ち抜く 

平成26年度東京学生柔道体重別選手権大会
8月24日(日) 日本武道館

[全日本進出者]
66㌔級 高田(営3・秦野総合) ベスト16
81㌔級 佐藤(営3・新田) ベスト8
81㌔級 細谷(営2・前橋育英) ベスト16
90㌔級 山城(営1・沖縄尚) ベスト16
100㌔級 横田(営2・安田学園) 代表決定戦勝利

[出場選手結果]
60㌔級 斎藤(営2・崇徳) 2回戦敗退
     平原佑(営1・京都共栄) 2回戦敗退
66㌔級 飯島 2回戦敗退
     平原伸(文3・京都共栄) 2回戦敗退
     兼久(国4・沖縄尚学) 1回戦敗退
73㌔級 川下(営1・長崎南山) 2回戦敗退
     田中秀(営4・高川学園) 1回戦敗退
81㌔級 山本(営3・山形工業) 2回戦敗退
90㌔級 木下(文1・京都学園) 1回戦敗退
100㌔級 岡崎(文2・富山第一) 2回戦敗退
100㌔超級 上原(営3・崇徳)  1回戦敗退

20140824judo高田
高田は3年連続で全日本へ進出した

20140824judo佐藤
積極的な柔道で進化を見せた佐藤

29140824judo横田
横田は粘り強く戦い続けた

 東京学生柔道体重別選手権大会が開催された。強豪校の選手を相手に苦戦する選手も多かったが、その中でも5人が全日本への切符を勝ち取った。

 積極的な柔道で全国行きを決めた。以前より一階級上の81㌔級に出場した佐藤は終始、攻撃的な姿勢を貫く。1回戦で、早々に技ありと有効を獲得し勝利すると、2回戦、3回戦共に一本を奪い、ベスト8に進出した。4回戦では一本負けを喫したものの、序盤に技ありを奪うなど大健闘。同階級で、主導権を握らせない柔道ができたことは、レベルアップの証と言えるだろう。
 66㌔級の高田も、3年連続で全国へ駒を進めた。1回戦こそ序盤にポイントを取られたが、その後は危なげなくベスト16を突破。4回戦で敗れベスト8にこそ届かなかったが、その試合でも最後まで攻め続けた。それでも、高田は「僕らの目標は全国に行くことではなく、さらにその上だった」と今回の結果に納得していない。3回目となる全国の舞台に向けて、彼の眼は先を見据えている。
 下級生も奮闘を見せた。90㌔級に出場した山城はルーキーながらも気負いはなし。「攻めることだけを考えた」と上級生同様、攻めの姿勢を見せ続け全国行きを決める。また、100㌔級の横田は敗者復活のチャンスをものにした。3回戦進出者が出場できる代表決定戦で一度は敗れるものの、その敗北者同士で戦う代表決定戦2回戦で勝利。残り3席となっていた全日本行きの列車に辛うじて乗り合わせた。81㌔級に出場した細谷も2回戦を突破して、全日本進出が決定。昨年度の同大会からの成長をうかがわせた。

 期待の選手たちが序盤で敗退するなどの誤算も多かった今大会だが、攻めの姿勢と粘り強さで5人が全国へと歩みを進めた。東洋大としては3年ぶりの講道館杯へ。さらなるレベルアップを経て、全国の猛者たちに挑む。

■コメント
・佐藤(営3・新田)
調子は悪かったが、試合が進むごとに調子も良くなってきたので良かった。(積極的な柔道が目立った)階級上げて初めての試合だったのと、相手が大きいので、相手に技をかけられる前にどんどん攻めていこうという気持ちだった。(全日本に向けて)ベスト8以上に入って、講道館杯に出られるように頑張りたい。

・高田(営3・秦野総合)
練習不足です。僕らの目標は全国に行くことではなく、更にその上だった。悔しいです。(全日本へ向けて)もう3回目なので、そろそろ勝たないといけない。今日ダメだったところを全日本までに直していきたいです。

・横田(営2・安田学園)
調子が悪い中での試合となった。厳しい戦いだったが、トーナメントに恵まれたと思う。敗者復活1回戦ではふがいない試合をしてしまった。メンタル的に厳しかったが、2回戦では最後まで力をふりしぼって戦った。全日本出場が決まって嬉しい。全日本では強い選手が集まっているので、1戦1戦大切に戦っていきたい。

・山城(営1・沖縄尚)
一年生なので、攻めることだけを考えて一試合一試合戦おうと思っていた。1回戦から苦戦したので直していきたい。高校から年上とやってきたので気負うこともなく、同級生より伸び伸びできた。(全日本に向けて)一試合でも上にいけるように頑張りたい。

TEXT=小泉真也 PHOTO=小泉真也、児嶋紗衣
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。