東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/03

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[射撃]課題残るも収穫のある大会に 

平成26年度関東学生ライフル射撃選手権秋季大会予選会
8月21(木)~8月24(日)埼玉県朝霞オリンピック射撃場

◆50mSB3姿勢×20発
浅見 506点
砥綿 531点
二木 545点
大関亮 540点
鶴田 436点
大関隼 545点
三島 528点
眞野 DNS

◆50mSB伏射60発
鶴田 522点
大関隼 568点
大関亮 553点
二木 550点
砥綿 562点
浅見 479点
三島 545点

◆10mAR立射60発
永井 575.2点
宮本 592.4点
前田 585.0点
小田切 581.4点
西谷 571.7点

◆10mAR立射40発
岩松 386.2点

20140823syageki隼平(撮影者・小泉真也)
予選1位通過し、本選に期待がかかる大関隼主将

20140823syageki二木
二木は3姿勢で高得点をマークした

 平成26年度関東学生ライフル射撃選手権秋季大会予選会が朝霞オリンピック射撃場で開催された。大関隼主将(済4・真岡北陵)が50mSB伏射60発で1位を取るなど収穫はあった。しかし、チーム全体としては本選に向けて課題の残る結果となった。

 炎天下の中、ライフル銃から発射される弾の音が射撃場に響き渡る。今大会では各種目合わせて10人以上の選手が出場。来月に控えた本選へ向けて、一人一人が自分の目標へ向けて予選会に臨んだ。
 宮本(法3・北陵)が「全体の出来栄えとしては良くはない」と話すように満足のいく結果ではなく、本選に向けての課題を残したまま終える。しかしすべてが満足のいかないわけではなく、次につながるような場面も見受けられた。10mAR立射60発においては4人が出場し、宮本が590点を超える高得点を獲得。大関隼主将が50mSB伏射60発において568点で見事1位になり、経験が少ないながらも砥綿(法1・大宰府)が562点で4位と上位に食い込む勢いを見せた。
 一方女子では、岩松(法1・高木学園)が10mAR立射40発に出場しS1からS4までを90点以上で収めるなど安定した点数を残した。
 春から今に至るまでのチームの雰囲気を大関隼主将は「力がついている」と話す。本選までは約3週間、その間に大会前最後の合宿が行われる。時間が少ない中で今回の結果から得た反省点を改善していくことが不可欠だ。特に春からの課題であった精神面での強化がカギを握るだろう。春季大会に続き個人の上位入賞はもちろん、団体では前回大会を上回るような活躍が期待される。

■コメント
・大関隼主将(済4・真岡北陵)
全体的には良くなかった。本選前に合宿があるので、そこで改善して仕上げていきたい。チーム全体ではSBでの結果がまだまだ低く力が弱いのでそこに力を入れていこうと思う。(本選に向けて)春に比べて力はついてきている。本選は男子は最低でも3位以内。それ以上の記録を目指していきたい。女子は人数少ないが、片山が主体となっていいペースで来ているので、1部昇格、個人でも入賞できるようにしていきたい。また、一番の目標であるインカレで優勝、最低3位以内を目指す。その目標に向けて皆良い雰囲気で来ているので実現できるように頑張っていきたい。

・宮本(法3・北陵)
今回は予選なので、まずは通過し本選にむけて弾みをつけることが目標だった。(出来栄えとしては)全体的に良くはない。工夫した練習をこなし、同時にメンタル面の強化をすることが今後の課題だと思う。(本選では)総合団体3位以内を目指していきたい。

TEXT=越智周人 PHOTO=小泉真也、野原成華
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。