東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/04

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[柔道]高いベスト8の壁 日大に敗れ2年連続ベスト16 

平成26年度全日本学生柔道優勝大会
6月28日(土)、29日(日) 日本武道館

1回戦 ○東洋大5-1龍谷大●
2回戦 ○東洋大3-1関東学園大●
3回戦 ●東洋大0-7日本大○

20140629judo木下
全日本ジュニアでも活躍が期待される木下

20140629judo前田(峻)
龍谷大戦で一本を獲得した前田(峻)

20140629judo山本
強豪相手に最後まで攻め続けた山本

平成26年度全日本学生柔道優勝大会が日本武道館で開催された。1、2回戦は順調に突破したが、3回戦で前年度準優勝の日大に敗れ惜しくもベスト16で姿を消す結果となった。

 1回戦は龍谷大と対戦した。試合は東洋大の一方的なペースとなる。先鋒・山本(営3・山形工業)は序盤から積極的に攻撃を仕掛けると、残り30秒となるところで技ありを獲得。幸先の良いスタートを切るとここから中堅戦まで4連勝。最終的には5-1と力の差を見せつけ2回戦へ進出した。
 2回戦は関東学園大との対戦。この試合も東洋大ペースで進んでいく。先鋒には新人の山城(営1・沖縄尚学)が抜てきされた。山城はやや攻められる部分もありながら残り2分となった所で技ありを獲得しこのまま勝利を収めると、続く次鋒・岡崎(文2・富山第一)も一本を奪い2連勝。その後中堅として登場した副将の上原(営3・崇徳)も安定した戦いを披露し一本を奪うと、この時点で2回戦突破をほぼ手中に収める。引き分け試合が3試合あるなど相手も粘りを見せてきたが、結果は3-1。3回戦へと駒を進めた。
 3回戦の相手はこの大会前年度準優勝の強豪日大。先鋒には高嶋(営2・水戸啓明)が登場するが、開始30秒で一本を奪われ力の差を見せつけられる。その後も体格の大きい日大の選手相手に五将の山本が粘り強い戦いを見せるなど果敢に挑んだが、相手が握った主導権を奪うことができずに0-7と完敗。昨年に続きベスト8の壁を破ることはできず、またもベスト16で武道館を去ることとなった。
 今日からは秋の個人戦に向けての日々がスタートする。良い結果を残し全日本、そして講道館杯出場への切符を狙っていく。

■コメント
・石元監督代行
悔しいです。日大相手にはもうちょっとできるかなと思っていた。(若手を多く起用したが)普段の練習などから(木下、上原、山本、薩川、岡崎の)5人は決まっていた。昨日、動きが悪かった2人を下げた。(その2人を日大戦で起用したが)まずは鈴木が投げられた時にけがをしたということ。あと山城が良くなかった。(収穫は)山本の気持ちが強くなった。昨日も1―1で回ってきて、以前の彼なら動揺していた。動きが悪いなりに仕事をしてきたので、精神的に強くなったと思う。日大戦でも最後まで気持ちを切らなかった。(木下について)今日は動きが良くなかった。組み手は、期間が1週間しかなかったということもあるが、東京ジュニアの時から改善されていない。(個人戦に向けて)去年は2人だったので、5人が全国にいけるようにしたい。自分の試合と重なっていて見れなく、選手たちが力を出し切ってくれるのかということは不安ではあるが、力を出し切れば全国へいけると思う。

・山本(営3・山形工業)
昨年と比べて自分の役割ができなかった。(相手の体型が大きかったが)東洋は他の大学と比べて小柄な選手が多いが、小柄でも戦えるようにならないと全日本では通じない。最初は攻めれなかったが、やってみれば(相手の体格が良くても)変わりがなかった。その面では自信がついた。練習通りにできたと思う。(秋の個人戦に向けて)東京都都内で上位入賞し全日本でも上位を狙えるように頑張ります。

・木下(文1・京都学園)
初戦は緊張した。2回戦は体が動かなくて100%の力ではなかったので、反省点。3回戦の反則負けは実力不足で仕方ない。技術的な差が大きいと感じた。自分は器用なタイプではないのでコツコツと練習していくしかない。(全日本ジュニアに向けて)目標は優勝。課題を克服して、一皮むけた姿を見せたい。

TEXT=當麻彰絋 PHOTO=片山百恵、枦愛子、千野翔汰郎
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。