東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/03

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[柔道]木下、川下が全国へ 東洋大として3年ぶり 

平成26年度東京ジュニア柔道体重別選手権大会
6月23日(日) 講道館

[全国大会出場者]
73㌔級 川下(営1・長崎南山) 3位
90㌔級 木下(文1・京都学園) 3位

[出場選手結果]
60㌔級 斎藤(営2・崇徳) 2回戦敗退
60㌔級 平原(佑)(営1・京都共栄) 3回戦 敗退

66㌔級 大森(営1・足立学園) 初戦敗退
66㌔級 平原(伸)(文3・京都共栄) 3回戦敗退

73㌔級 田中(法1・京都学園) 初戦敗退
73㌔級 宮澤(営2・足立学園) 2回戦敗退

81㌔級 前田(峻)(営2・大成) 2回戦敗退
81㌔級 細谷(営2・前橋育英) 3回戦敗退

90㌔級 長野(営1・崇徳) 2回戦敗退
90㌔級 山城(営1・沖縄尚) 2回戦敗退

100㌔級 寺田(営1・長崎南山) 2回戦敗退
100㌔級 横田(営2・安田学園) 2回戦敗退

100㌔超級 高嶋(営2・水戸啓明) 2回戦敗退


20140623judo木下
木下は団体戦でも貴重な戦力になる

20140623judo川下
攻めの姿勢を貫いた川下

東京ジュニア柔道体重別選手権大会が開催された。序盤で敗退する選手が相次ぐ中、川下と木下が全日本への切符を手に入れた。

 新戦力が東洋大に3年ぶりとなる全日本ジュニア行き切符をもたらした。2回戦からの登場となった川下は一本勝ちで3回戦へと駒を進めると、勢いそのままにベスト8まで進出する。「今日は調子が良かった」と川下が語るように、全国行きが懸かった試合でも積極的な戦いを見せ勝利。準決勝こそ、全日本行きが決まった気の緩みから、序盤に一本を取られ敗北してしまったが、大会を通じて潜在能力の高さを見せた。
 もう一人、今大会で輝きを見せたのが90㌔級で出場した木下だ。早大、国士大と強豪校に属する選手たちを破り、全日本出場を決めた。準決勝では指導が響き敗戦したが、最後まで攻めの姿勢を崩さなかった。それでも木下は、「強豪校に勝っても、日大に負けてたら意味ないからまだまだ」と、あくなき向上心をうかがわせた。90㌔級という階級から、団体戦への出場も考えられる。チームにとって、大きな戦力となるだろう。
 「成長したなと思う選手は、努力している選手が多い」と石元監督代行が語るように、日頃の練習の成果が発揮することができた大会となった。全国行きを決めた二人の他にも強豪校の選手とあと一歩まで渡り合うことができた者も多く、全体的なレベルアップが感じられた。全国の強豪校が日本武道館に結集するまであと1週間。新戦力を組み込み、さらに厚みを増した東洋大が、輝きを見せる。

■コメント
・石元監督代行
本当は3人か4人が全国への切符を取れたらなと思っていたが、2人だけだった。目標には届かなかったが、2人確実に切符を取ってくれて安心している部分はある。(木下について)チームで一番努力している。努力で勝ち取ったという印象。練習で培った体力やスタミナ、気持ちで勝ってくれた。技術がもっと向上してくれればもっと上にいける選手。(川下について)シードにされてもプレッシャーを感じず自分の柔道をしてくれたという印象。練習で見せる姿とは違う川下が見れたことは嬉しい。川下が勝ったということは収穫が大きい。2人に共通しているのは、練習をかなりやっている。成長したなと思う選手は、努力している選手が多い。練習や努力をしていないと、試合には勝てないなという印象。(全日本団体に向けて)初戦の龍谷大はしぶとい相手。そこに勝って、去年東京大会で大敗した日大にどこまで食いつけるか。(全日本ジュニアに出る二人に向けて)木下は、今日組み手ができていなかったので、そこを改善できれば、全国でも上位にいけると思う。川下は、最後だけ集中力がなかった。今回の大会のようにコンディションをつくって、大会を通して集中していけば全国にいける力は持っていると思う。2人そろって表彰台に上がってくれればという感じ。

・川下(営1・長崎南山)
最初から調子が良かったのでいけるかなと思った。最後は気が抜けて負けたという感じだったので、もっと集中力を高めていきたい。先輩たちの胸を借りて練習できているので、それが結果として出た。今回の試合を踏まえて、上位入賞を狙っていきたい。(8月の個人戦に向けて)とにかく必死に練習して、今以上にレベルアップして、今度は3位ではなく優勝できるようにしていきたい。

・木下(文1・京都学園)
試合内容的にも結果的にもまだまだ。個人的にはもっと上にいくつもりで練習してきたが、実力が伴っていなかったのではと思う。(上位校の選手に勝ったが)上のチームに勝ってこそなので、日大とかも強いので、そこの選手に負けているようではまだまだ。(全日本団体へ向けて)もちろん優勝を狙って、努力する。ベスト4で当たった日大にも当たるので、リベンジできるようにこれから練習していきたい。(全日本ジュニアに向けて)もちろん優勝を狙う。

TEXT/PHOTO=小泉真也
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。