東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/11

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[水泳]内田、地田が優勝!ルーキーたちも大活躍! 

ジャパンオープン2014[50m]
6月19日(木)~22日(日) 東京辰巳国際水泳場

(3日目・予選)
◆女子50m自由形
3組
2着 宮本 55"96
→全体5位で決勝進出
4組
1着 内田 54"75
→全体1位で決勝進出
◆男子400m自由形
1組
1着 松本 3'50"97
→全体1位で決勝進出
2組
1着 天井 3'53"26
→全体8位で決勝進出
3組
2着 河又 3'54"62
→全体16位でB決勝進出
◆女子200mバタフライ
4組
5着 菊池 2'11"68
→全体13位でB決勝進出
◆男子200mバタフライ
3組
1着 萩野 1'57"47
→全体3位で決勝進出
2着 近藤 1'59"41
→全体13位でB決勝進出
7着 牧田 2'01"42
7組
1着 三好 1'57"48
→全体4位で決勝進出
◆女子200m個人メドレー
1組
1着 山口真 2'17"29
→全体15位でB決勝進出
2着 露内 2'17"93
4組
2着 大橋 2'14"84
→全体5位で決勝進出

(3日目・B決勝)
◆男子400m自由形
6着 河又 3'55"78
◆女子200mバタフライ
4着 菊池 2'12"29
◆男子200mバタフライ
7着 近藤 2'00"61
◆女子200m個人メドレー
3着 山口真 2'16"96
(3日目・決勝)
◆女子800m自由形
1位 地田 8'35"92
◆女子100m自由形
1位 内田 54"28
7位 宮本 55"27
◆男子400m自由形
4位 松本 3'51"19
7位 天井 3'53"00
◆男子200mバタフライ
3位 萩野 1'56"57
5位 三好 1'57"63
◆女子200m個人メドレー
6位 大橋 2'15"01

20140621swimming内田
内田は自己ベストを更新し優勝を飾った

20140621swimming地田表彰
笑顔で歓声に応える地田

20140621swimming松本
初出場ながら決勝をセンターレーンで泳いだ松本

20140621swimming大橋
得意の背泳ぎで粘りを見せる大橋

 ジャパンオープン3日目は、女子100m自由形で内田(営2・関東学園大附)が優勝を飾り、大会三冠に王手をかけた。また、松本(文1・神島)、三好(営1・八幡浜)、大橋(国1・草津東)が決勝進出を果たすなど、ルーキーの活躍が見られた。

 大会初日に女子50mバタフライで優勝を飾った内田は、本職の自由形でも力を見せつける。女子100m自由形に出場し、予選から自己ベストを更新して通過すると、決勝では浮き上がりから他選手を引き離す。後半はさらにスピードを上げ、予選で更新した自己ベストをさらに上回る好タイムでフィニッシュする。しかし、目標としていた派遣標準記録にはわずかに届かず、レース後「うれしいより悔しい気持ちの方が強い」と、満足した表情は見せなかった。
 女子800m自由形決勝には、地田(文3・墨田川)が出場した。最初のターンを4番手で折り返すも、ここから持ち味である安定した泳ぎを披露する。200m過ぎにトップに立つと、最後まで譲らずゴール。日本選手権に続き、見事優勝を果たした。
 ジャパンオープン初出場となった松本は、男子400m自由形の予選で自己ベストを約5秒更新する好タイムを叩き出し、全体1位で決勝に駒を進める。センターレーンで迎えた決勝では、緊張から少し出遅れるも「周りの選手は気にしなかった」と、後半から徐々にペースを上げていく。惜しくも表彰台には届かなかったものの、大舞台で存在感を示した。
 また、三好は全体4位で男子200mバタフライの予選を突破する。「抑えすぎた」と振り返る決勝は、予選よりもタイムを落とし5位でのゴールとなる。だが、今日のレースで弾みをつけられたことで、本命である明日の男子100mバタフライでの好タイムに期待できる。
 女子200m個人メドレーでは、同じルーキーたちの活躍に刺激を受けた大橋が奮闘する。5度目の出場にして初のA決勝の舞台に立つと、得意の背泳ぎで一時トップに躍り出るなど活躍を見せ、堂々の6位入賞となった。

 今大会で大活躍の1年生たちを、平井監督は「チームの雰囲気を良い方向に変えてくれた」と評している。昨年の萩野(文2・作新学院)らほど完成されていないからこそ、今後の飛躍は計り知れない。大会最終日となる明日は、山口観(法2・志布志)が男子200m平泳ぎに出場する。日本代表入りへのラストチャンスなだけに、復活優勝に注目が集まる。

■コメント
・平井監督
今大会は、1年生が頑張ってくれている。日本選手権は強化合宿を行なって臨んだが、今大会は授業の関係もあり、通常の練習で多くの選手がベストを更新できている。また、天井(文2・天理)と松本がA決勝に進むなど結果をしっかり出している。内田が、女子100m自由形で派遣標準を切れなかったことは残念だが、明日の女子50m自由形では、日本記録を狙って欲しい。

・地田(文3・墨田川)
優勝することは当たり前だと思っていた。べストより3秒遅く、日本選手権から1秒しかタイムが上がっていないことに満足がいっていない。前半も後半も同じくらいのタイムで泳げるようにしたい。練習はしっかりできているが気持ちで負けているので、気持ちで負けないようにしなければいけない。

・内田(営2・関東学園大附)
泳いでいる感触は良かった。日本選手権では緊張してタイムが出なかったが、今大会はリラックスすることができた。練習をしている中で、54秒2台は出るなと思っていたが、世界大会戦うには、53秒台を出さなければいけない。53秒台は近づいてきていると思う。自己ベストは更新できたが、タイムを見たときにうれしいより悔しい気持ちの方が大きかった。今後は、自信しかないと思えるくらい練習して、びっくりするようなタイムを出したい。

・大橋(国1・草津東)
感覚的には、悪くなかった。同期で仲の良い露内が昨日のレースで3位を取ったことは、うれしい気持ちと悔しい気持ちがあった。大学に入り、先輩や同期からの応援が増え、緊張するが力になっている。

・松本(文1・神島)
最近、徐々に調子が上がってきているので、先週の記録会で出した自己ベストを5秒更新できたと思う。決勝をセンターレーンで泳ぐことはとても緊張したので、周りの選手は見ないようにした。今後は、オリンピックに出場できる選手になりたい。

・三好(営1・八幡浜)
予選は、体が軽く感じうまく泳ぐことができた。決勝は、抑えすぎてしまったので記録が伸びなかったのだと思う。今後は、1分56秒台を出せるようにしたい。また、明日の男子100mバタフライでもいい泳ぎができれば良いと思う。

TEXT=西川諒 PHOTO=内田りほ、青野佳奈
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。