東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/03

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[水泳]ルーキー・露内が表彰台!決勝の舞台で各選手健闘! 

ジャパンオープン2014[50m]
6月19日(木)~22日(日) 東京辰巳国際水泳場

(2日目・予選)
◆女子50m平泳ぎ
1組
1着 佐藤 32"78
3組
4着 恩田 33"21
5組
2着 金指 31"94
→全体4位で決勝進出
◆女子400m個人メドレー
2組
7着 山口真 4'52"80
4組
2着 露内 4'46"09
→全体5位で決勝進出
◆女子200m自由形
1組
2着 菊池 2'02"97
5組
5着 宮本 2'02"16
→全体13位でB決勝進出
◆男子200m自由形
3組
1着 天井 1'49"17
→全体3位で決勝進出
7組
4着 河又 1'50"45
→全体15位でB決勝進出
◆男子100m背泳ぎ
4組
2着 萩野 54"15
→全体3位で決勝進出
◆女子800m自由形
3組
1着 地田 8'46"24
→全体4位で決勝進出
※女子800m自由形決勝は3日目に行われます。

(2日目・B決勝)
◆女子200m自由形
1着 宮本 2'00"94
◆男子200m自由形
4着 河又 1'50"61
(2日目・決勝)
◆女子50m平泳ぎ
3位 金指 31"83
◆女子400m個人メドレー
3位 露内 4'41"66
◆男子200m自由形
5位 天井 1'49"09
◆男子100m背泳ぎ
2位 萩野 53"39

20140620swimming露内
表彰台で露内の笑顔が弾けた(右)

20140620swimming天井
自身初のA決勝で力を見せた天井

20140620swimming金指
金指は調子の上がらない中でも自己ベストを更新した

20140630swimming萩野
明日以降に向け課題や修正点が見つかるレースとなった萩野

 ジャパンオープン2日目は、露内(文1・京都外大西)が女子400m個人メドレーで3位に入賞し、1年生ながらも輝かしい活躍を見せた。また、天井(文2・天理)が自身初のA決勝に進み好記録を出すなど、各選手が大舞台で実力を発揮した。

 女子400m個人メドレーでは、露内が全体5位で予選を通過する。迎えた決勝では、バタフライを7番手で折り返すが、背泳ぎ、平泳ぎで両隣の選手と競り合いながら良い位置に付ける。最後の自由形で徐々に前との差を詰めると、3位争いを制しそのままフィニッシュ。自身が今まで目標としてきた記録を突破する自己ベストで見事表彰台に輝いた。
 また、天井が男子200m自由形で予選から自己ベストを更新し、全体3位で決勝に駒を進める。実力者が出そろった決勝では、前半から積極的な泳ぎを見せ、100mのターンでは4番手に付ける。僅差で5位となるも、予選を上回る自己記録を出した。この結果にも甘んじることなく「A決勝で戦えるような力をつけたい」とさらなる目標を掲げた。著しく成長を遂げる彼の今後の活躍に期待だ。
 昨日悔しいレースとなった金指(営2・日大藤沢)は、「今日は表彰台に上ろうと思って臨んだ」と気持ちを切り替えて女子50m平泳ぎに出場する。スタートで後れをとったものの後半にかけて追い上げを見せ、3位でゴール。言葉通り表彰台に上った。調子の上がらない中ではあったが「自分の泳ぎができた」と振り返り、次につながるレースとなった。
 今大会2種目目となる男子100m背泳ぎに出場した萩野(文2・作新学院)は、3番手でターンするもラストに追い上げ、53秒39で2位となった。まだ泳ぎに萩野らしさが戻り切らないものの、昨日のレースからは確実に動きが良くなっている。残り2日間でいかに修正できるかがポイントとなりそうだ。

 好記録の一方で、実力を出し切れず不本意な結果に終わってしまった選手もおり、明日以降のレースには調子を合わせたいところだ。明日は、勢いに乗る主将の近藤(営3・武南)やバタフライの強化を図る萩野をはじめ4選手が出場する男子200mバタフライや、女子400m自由形での雪辱を誓う地田(文3・墨田川)の女子800m自由形などがあり、大会3日目も目が離せない。

■コメント
・天井(文2・天理)
(予選を振り返って)予選からベストを出せる選手というのを心掛けているので、予選から全力で、力を抜かずに臨んだ。最初の50mは力んでいたので、決勝はそれを少し修正できたかなと思うが、まだ完全ではないので次に向けてまた修正していきたい。(決勝は)初めてのA決勝で周りの雰囲気もすごかったが、落ち着いて自分の実力を出せたと思う。今回は5位で、まだまだ十分に戦えていないので、A決勝で戦えるような力をつけたい。(予選、決勝で自己ベストを更新したが)ベストが出たことは良かったが、今日は1分48秒台を目標としていたので、それに届かなかったのはまだ力不足だと思う。これに喜ばずもう1度練習を積んで目標のタイムを切りたい。(次に向けて)次のレースはしっかり目標タイムを切りたい。また、1日1日の練習を大切にしていきたい。

・金指(営2・日大藤沢)
予選が良かったのでもう少し上げられると思っていたが、思ったよりタイムが出なかったところは悔しい。(昨日からの切り替えは)代表に入れなくて昨日は悔しい思いをしたので、今日は表彰台に上ろうと思って臨んだ。(予選は)今回の試合はあまり調子が良くなく不安はあったが、まずは自分の泳ぎをしようと思った。(決勝を振り返って)スタートがあまり得意ではないので離されたところがあったが、自分の泳ぎができたと思う。(次のレースに向けて)200mは速い選手がたくさんいるので、まずはB決勝でも良いので2本泳げるようにしたい。

・萩野(文2・作新学院)
タイムは53秒5か6くらいかと思っていたが、53秒3台が出て、なんとか予選から決勝で上げることができた。なかなか調子が上がらない中だが、自分はまだまだだと思う。予選はスタートの浮き上がり動作やストロークが良くなく、ターン動作も失敗したので、決勝ではそれを修正して臨んだ。らしさはまだ戻り切っておらず、体にも少し重さがある。だが、昨日より今日、予選より決勝のほうがだいぶ良くなっている。少しずつ上げてきているので、夏までには見違えるような泳ぎをしたい。

・露内(文1・京都外大西)
目標としていたインターナショナル標準Dを突破することができて嬉しい気持ちでいっぱい。正直なところ予選後は決勝で4分41秒に届かないかなと思っていたが、東洋大のみなさんや、地元のみなさんが応援してくださったおかげで、やっと目標としていたタイムが出たと思う。(決勝を振り返って)泳いでいて自分がどの位置にいるか分かったので、表彰台に上りたいという気持ちで最後まで耐え抜いた。このような大きな大会で表彰台に上ったのは初めてなのでとてもうれしい。(同じ組で日本新が出たが)日本新を出した高橋(日体大)さんは高校のときの先輩で、憧れの選手なので少し近づけたというのは自分にとって励みになる。(環境の変化は)田垣コーチを始め先生方が熱心に指導してくださるので、とても良い練習環境で刺激を受けることができている。(次に向けて)200mの個人メドレーでも自己ベストを出せるように頑張りたい。

TEXT=青野佳奈 PHOTO=内田りほ、西川諒
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。