東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/10

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[コラム]第414回 to Mother 執筆者・石田佳菜子 


 かなからかなこへバトンを受け取りました!
 急に学生の半袖率が高くなった気がします。私の地元では5月下旬に花火大会を終え、海開きもしました。取材から帰ると海帰りの観光客に出くわしますし、私自身、取材で真っ黒に焼けて髪もバッサリ切ったので、もう夏への心の準備は満タンです!

 私はスポ東でEP(イベントプランナー)という行事の幹事をするような役職を務めています。実はEPに決まった当初は「取材や新聞編集がしたくてスポ東にいるのに、自分の時間を割いてまでこんな大変な仕事をやりたくない」と本気で悩んでいました。
 ですがその取材や新聞編集を、ずっと憧れていた選手を前にさせてもらえるのはスポ東があるからです。ただ所属しているだけでやりたいことをやらせてもらえるこの場所に、「感謝の気持ち」を還元するためには、EPの仕事を全力で取り組むべきなんだと考ました。今は、大変なことやうまくいかないことも多くありますが、スポ東の伝統でもあるEPの仕事を一生懸命やろうと心がけています。

 こんな風に私が何かに立ち止まったとき、気持ちを切り替えることができるのは、「私の最大の強み」であるお母さんの存在が大きいです。
 胸を張って言うようなことではありませんが、私は悩みやマイナスな感情をいつもお母さんにぶつけてしまいます。しかもそのぶつけ方は、朝まで話を聞いてもらったり気がすむまでわんわん泣いたり、かなり悲惨です。(笑)それでもお母さんは絶対に全部受け止めてくれます。このことを、特に感情の起伏が激しかった高校生の頃に一度だけ、謝ったことがありました。そしてそのとき返ってきた「私に悪いと思わなくていいから、その代りに、大事だと思う友達が困ってるとき力になってあげてね」という言葉に小さな衝撃を受け、それと同時に、迷惑をかけても真剣に向き合って見守り続けてくれる、お母さんは偉大だ!と素直に思いました。

 このコラムのタイトルのto Motherは私が大好きな歌手のYUIの歌の曲名で、歌詞にはお母さんを含め大切な人、偉大な人への気持ちが込められているそうです。「ずっと一緒に居たいけど嫌いなとこが増える日々 似たもの同士なんだよね?わかるような気もしてる」。私にとってこれに当てはまるのは、やっぱりお母さんです。

 完全に自己満足なコラムになってしまいましたが、たくさん心を込めて書かせていただきました。お母さんは、私のスポ東での活動を誰よりも応援して楽しみにしていてくれるので、これからも私が笑顔で好きなことを全力で頑張る姿を見せていきたいと思っています。それと、さりげなくEPの決意表明もしてしまったので、より一層楽しい夏合宿を作れるように頑張ります!!!
 それでは、次は2年生の安定の柱、伊藤くんにバトンを渡します!
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。