東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サッカー]格上の国士大に奮闘するも逆転ならず…天皇杯予選1回戦敗退 

第19回東京都サッカートーナメント 学生系の部予選
1回戦 6月18日(水) 早大東伏見グラウンド
東洋大1-4国士大
<得点者>
89分 遊馬

<警告>
17分 石坂
69分 原田
76分 遊馬

<出場メンバー>
▽GK
浅沼優瑠(国4・成立学園)
▽DF
郡司昌弥(国3・柏U-18)
田口慎太郎(国4・帝京)
石坂元気(国3・広島Y)
池田稔樹(国3・桐生第一)45分→MF飯島樹生(国2・流経大柏)
▽MF
原田守(国1・藤枝東)
小山北斗(国3・帝京)73分→小山大貴(国3・大宮Y)
斉藤昂太(国4・八千代)
仙頭啓矢(国2・京都橘)
平石直人(国4・帝京)
▽FW
川森有真(国4・広島Y)62分→FW遊馬将也(国3・武南)

20140618soccer遊馬
途中出場ながら得点を決めた遊馬

20140618soccer仙頭
仙頭は積極的にチャンスを生み出した

20140618soccer飯島
後半開始から出場した飯島

 天皇杯予選1回戦の相手は、アミノバイタルカップ3位の国士大だった。16分にPKからの先制を許してしまう。すると続けて30分、33分と守備陣の隙を突かれ2点を与えてしまう。後半、3点を追う形でゲーム開始。しかし、85分またもや失点を許してしまう。88分に遊馬のゴールで1点を奪うも加点はならず。1対4で敗れる結果となり、1回戦敗退となった。

 前半、立ち上がりがうまくいかず、開始直後から押され気味のスタートとなった。9分、平石が左サイドからゴールを狙うも、相手選手に阻まれる。相手に主導権を握られると16分に石坂がペナルティーエリアで相手の足を引っかけ、PKを与えてしまう。浅沼はゴール右サイドを予想するも逆を突かれ、先制を許した。追い上げようと格上相手にパスをつなぎながらゴールを目指す。25分、石坂が右サイドからシュートを狙うも、ゴール左に外れ、得点につながらない。すると30分、左サイドから攻められ失点。続けて33分、キーパー頭上高めを狙われ、さらに失点を喫する。その後、得点に追い付こうと奮闘を続けるも、得点につながらず前半終了。
 「強気で自分からいけ」。ハーフタイム、古川監督の檄が飛んだ。池田に代わり飯島を投入して勝負に出た後半。開始早々右サイドから攻められるも、浅沼をはじめ選手たちが体を張ってゴールを守る。3点を追う気持ちから攻めの攻撃が見られるようになった53分、仙頭のCKに先発復帰した川森が合わせるも、サイドネットに引っ掛かり得点ならず。その後は両者ともに互角の戦いが続く。すると85分、チャンスを生かしたのは相手だった。ミスからカウンターを受け追加点を入れられる。しかし、意地を見せるべく攻めの姿勢は変わらない。88分、右サイドの石坂からパスを受けた遊馬がキーパーの隙を突いて蹴ったボールはゴールに吸い込まれようやく1点を奪った。ここで追加点を入れたいところだったが加点ならず、1対4で悔しくも1回戦敗退となった。
 立ち上がりが悪く、力強い攻めができないまま悔いの残る試合となった。しかし、格上の相手にパスを回しながらゴールへと運んでいけたことは大きい。次の公式戦までは2か月半の期間がある。真夏へと近づいているが1部昇格への目標に向けトレーニングで強化を図り、技術に磨きをかける。

■コメント
・古川監督
せっかく強い相手とやるチャンスだったが戦わずして負けてしまった。もったいないと思う。自分からアクションを起こさないと主導権は到底奪えない。(ハーフタイム、試合後に強い口調で話していたが)誰かがなんとかしてくれると思っている選手が多すぎた。たった一つのコーチングで防げる失点も多いし、自分からやってやろうという気持ちが足りない。(これからの改善点)守備の不安定さは改善されていない。2部リーグでは相手の決定力に助けられているが1部相手だと僅かなミスで失点してしまう。(選手たちに期待すること)トレーニング前からの準備を含めてやらされている部分がある。チャンピオンを目指すスポーツにおいては何一つ助けてくれないことを理解してほしい。

・遊馬将也(国3・武南)
立ち上がりの試合の入り方がすごく悪く、相手もメンバー落として戦って自分たちにもチャンスがある中でそういう立て続けに3点前半で取られて、ほぼ勝負が決まってしまった試合になった。(後半の戦い方は)後半はずっとやっていた4-1-4-1に変えて戦って前からプレッシャーかけてやることを徹底して戦った。(得点を決めたが)今までのリーグ戦の中でも、同じような形で何点も取っていて得点パターンのひとつと思っている。前半からしっかりDFの裏にランニングしたり、足元でもらったりすることを使い分ければいい試合になったのではないかと思う。(上半期の公式戦の総括)結果的に見れば、アミノバイタルカップも負け、天皇杯も負け、リーグ戦は最初3位につけていたが、結局7位で終わってしまったので、自分たちに何が足りないのかが出た結果だと思う。ハードワークをして戦い、相手に競り負けないところを増やせばもっといい試合になるのではないかと思う。(後期に向けて)後期は1試合も落とせない試合が続くので、目標である1部復帰を果たすためにもこの2ヶ月半でしっかりと上げていきたい。

・仙頭啓矢(国2・京都橘)
入りが悪く、前半で3失点してしまい、リーグ戦を合わせても入りが悪い試合が続いているので直せていないのはよくないと思う。(前半の戦い方は)3バックで戦っていて、両サイドの(石坂)元気君とヒラ君(平石)が下がってしまい5バックのようになっていて、攻撃に入るときも全然枚数をかけることができなかった。ディフェンスラインも、ものすごい低い位置で守備をしていて、結局川森君が孤立してしまう状況だったので、ずっと守っている印象があった。(後半の戦い方は)フォーメーションを変えて、前半よりボールを持てるようになったし、サイドもDFの裏を取れるようになったがフィニッシュがまだまだ足りなかったと思う。(上半期の公式戦の総括)前期7位で全くいい成績ではないが、近くの順位のチームとは差がないので、後期の一戦一戦の戦いが重要になってくる。下位のチームに取りこぼしたり、勝てる試合を引き分けにした試合があったので、しっかり勝ちきれるチームになるために、1部昇格という目標に向けて中断期間しっかりトレーニングしていきたい。

TEXT=横山恵美 PHOTO=国府翔也
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。