東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/10

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[硬式野球]延長十三回勝ちきれず カード初戦黒星喫する 

平成26年度 東都大学野球春季2部リーグ戦・日大戦1回戦
5月24日(土)東洋大グラウンド

東洋大3-4×日大
(イニングスコア)

東洋大 102 000 000 000 0=3
日 大 020 000 100 000 1=4×
(東洋大)
原樹、●鈴木(4勝2敗)-黒川、久保翔
三塁打:林
二塁打:笹川

20140524kousikisuzukinao
サヨナラ押し出し四球を与え肩を落とす鈴木


20140524koshiki林
2打点を挙げる活躍を見せた林

20140524kousikitanakamasa
1年生・田中将が公式戦初出場、初打席に立った

 初回、1点を先制するも、二回に失策や暴投が絡み2点を許す。しかし、三回林(営3・桐生第一)の適時三塁打と失策で2点を追加し逆転する。だが、七回本塁打を放たれ同点とされた。両校得点が入ることなく迎えた延長十三回。最後はまさかの押し出しでサヨナラ負け。日大戦は黒星スタートとなった。

 立正大の2部優勝が決まり、入れ替え戦への望みはなくなってしまった。しかし、一つでも良い順位で春季リーグを終わらせるためにも勝ち星を落とせない戦いは続く。
 初回から試合は動いた。死球などが絡み、二死1、2塁とすると、五番・林が中前適時打を放ち、1点を先制する。しかし、二回失策や先発・原樹(営3・東洋大姫路)の死球と暴投で得点圏に走者を進めると、適時打で2点を許した。だが、すぐ三回、笹川(営2・浦和学院)が二塁打で出塁すると林が右中間を破る適時打三塁打を放ち1点を返す。相手の失策でさらに1点を返し逆転に成功した。
 四回以降、互いに得点を与えず試合は進んでいくが、七回、原樹が本塁打で同点とされ、二番手・鈴木(法4・東亜学園)にマウンドを託した。打線も投手を援護したいところであったが、追加点を挙げることができず、苦しい展開となる。
 両校得点が入らないまま、延長十三回裏に突入した。鈴木は二者連続で出塁を許すと、敬遠を選択し、無死満塁とする。続く打者は抑えたものの、制球が定まらずまさかの押し出しでサヨナラ負けを喫した。
 延長戦へもつれ込むも、粘りきれず敗戦。また、15残塁と好機を生かしきれず、ふがいない試合となった。優勝の望みはない中での戦いとなるが、最後まで諦めずに戦う東洋大の勇姿を見せてほしいところだ。

■コメント
・高橋監督
勝てるゲームだった。あと一歩がだらしない、弱いチームの典型。バッテリーのミスは大きかった。原はあの(七回裏の)場面で二死から本塁打を打たれるところがまだゆるい。原澤に元気がなくなってきた。今は苦しんでいるけれど、これを良い財産にしてほしい。主将を含めて4年生が弱い。全滅。(明日は)何としても勝って2位で終わる。3位と2位では全然ちがう。
 
・林(営3・桐生第一)
 一打席目は、変化球をうまく打つことができ、二打席目は直球に狙いをしぼっていた。個人的にはタイムリー2本を出したがミスもあった。自分の結果よりもチームが負けてしまったことが悔しい。悔いの残る試合だった。明日もチームの勝利を優先に考えていきたい。

・原樹(営3・東洋大姫路)
7回2死から打たれたのは、自分の甘さが出た。生活面から人間性をしっかり磨いていかなければいけない。東洋大は延長戦に弱く、油断せずひとつひとつのプレーをしっかりしなければならない。フォームを修正し真っ直ぐは調子が良かったが、つめの甘さが出たのは悪かった。2位でリーグ戦を終わることに今があるので、2連勝して勝って終わりたい。

・田中将(営1・帝京)
経験が全くないので、とにかく1年生らしく失敗を恐れずにという気持ちで試合に臨んだ。(公式戦初打席は)思ったより緊張しなかった。延長戦を経験できたのは良かったが、好機で結果を残せなかったのは反省しなければいけない。今後はもっとチームに貢献できる選手に成長したい。(次戦に向けて)試合に出られるかは分からないが、いつでも出られるように体調管理も含めてしっかり準備しておく。

TEXT=篠崎佳菜 PHOTO=浜浦日向、枦愛子
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。