東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/04

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アメフト]新チーム初戦の朝霞ボウルで連覇達成! 

朝霞ボウル
5月18日(日) 東洋大朝霞グラウンド

第1試合 東洋大22-6大東大
第2試合 東洋大6-0埼大
第3試合 東洋大28-6東国大

東洋大1位

20140518amefoot鈴木
RB鈴木は快足を飛ばしてタッチダウンを獲得した

20140518amefoot大森
フィールドゴールを2本決めたTE大森は重要なパスターゲットにもなった

20140518amefoot田中
サックを決め雄たけびをあげるLB田中

 埼大、大東大、東国大(3校とも関東3部リーグ所属)の3チームとの総当たり戦で行われる朝霞ボウルが今年も開催された。新チームでの初戦となった今大会で、東洋大は全試合で主導権を握る。力の差を見せつけ全勝で2連覇を達成し、幸先の良いシーズンのスタートを切った。

 第1試合の大東大戦は試合開始直後、相手の攻撃をLB鳥居(文2・足立学園)がインターセプトで食い止める。すると、続くオフェンスのファーストプレーでRB鈴木(文3・山村学園)がランでタッチダウン(TD)を決め、先制点を奪った。しかし、「ディフェンスの入り方がまったく良くなかった」と西村ヘッドコーチが語るように、その後は相手に反撃を許しTDを取られてしまう。それでも後半に入ると立て直し、後半2回目のドライブで初めてファーストダウンを決めると、最後は鈴木へのハンドオフフェイクで相手を翻弄(ほんろう)しその隙を突いたQB時崎(社3・八千代松陰)が中央を突破して得点。さらに残り9秒から鈴木が押し込み、22-6で快勝した。
 その勢いのままにいきたいところであったが、続く第2試合・埼大戦ではオフェンス陣が苦戦を強いられる。TE大森(ラ3・東京)が2本のフィールドゴールを成功させたものの、TDを取ることがない。一方で、ディフェンス陣がLB 田中(国3・東洋大姫路)のサックなど好プレーで完封し、6-0で勝利した。
 風が吹く中で行われた最終試合の東国大戦は、これまでの反省点を生かしチーム一体となったプレーが見られるようになる。最初のドライブで鈴木が約50ヤードを猛然と駆け抜け、ファーストダウンを奪う。これで勢いづくとRB山形(済3・成城学園)も力でエンドライン目前まで押し切り、WR新川(営4・駿台)がしっかりTDにつなげた。前半の終盤では相手に得点を許す場面もあったが、直後にDB森(営3・狭山ヶ丘)がキックオフリターンで攻撃の流れを作ると、再び山形がTDを決める。そのまま流れを渡すことなく得点を量産したVIKINGSは26-6で勝利を収め、見事全勝で優勝を飾った。

 春の練習で積み上げた成果を試す最初の実戦となった今大会。3部所属の格下相手ではあるものの、攻守にわたって手応えを感じる試合内容が見られた。しかし、秋のリーグ戦を見据えるとプレーの正確性やチームの一体感などレベルアップが必要な要素も多く挙がる。目標の1部昇格に向けて、今回得た課題を克服し新生VIKINGSの強さを磨いていきたいところだ。

■コメント
・西村ヘッドコーチ
大東大との試合は、立ち上がりにTDを奪った後、ディフェンスがグダグダになってしまった。入り方がまったくもって良くない。後半は、ディフェンスの方は徐々に立ち直って、オフェンスは点を取り直し、かみ合えた。リカバリーできたことは良かったが、初めからすべきことをしっかりしなければいけなかった。埼大戦に関しては、ディフェンスがまた持っていかれた。オフェンスもタッチダウンを1本も奪えず、キック2本のみということは、空回りがあったのか、雑な部分があったのか。1プレーに対する大切さ、精度を高めることを突き詰めるのが大事。東国大に関しては、立ち上がりにこっちが持っていたのは良かったが、ゴール前の一番大事なところで得点を取られたのは良くなかった。それは、相手が1本とってやろうと気持ちをかけてきた、持っていき方や努力の結果。それをやられたことで、オフェンスが反省して軸となるダイブプレーを作り直すことで安定しなおした。だが、最初から気持ちをもってやっていくというところが大事。春からやってきたことは部分部分で成果を得られたかもしれないが、まだまだ個人が高めなければいけない課題はたくさんある。優勝という結果だったが、それは結果。他の大学は3部だから勝って当たり前というプライドを持ってやっていたので、勝ち方の部分で、押されて実力が出て勝ったのではなくて、最初から圧倒していかなければ。それが礼儀として強いチームのやり方。(学習院大に向けて)今回の反省をもう一回しっかりやって、次には同じミスをしない。練習の練習ではなく、試合のための練習で『挑戦』していくこと。1部に上がるために何が必要なのかということを日々考えながらやっていかないといけないと思う。

・永藤主将(総3・佼成)
勝つことは当たり前だったので、春の取り組みをもう少し出せればよかった。相手にアジャストするための動きが出来ていなかった。プレーに対して、一人一人がもっと理解できるように改善したい。(今年のチームについて)上級生がお互いに、意見を言い合える良い関係が築けており、全体の疎通も取れている。(今シーズンの目標)キャプテンとしてプレーでチームを引っ張り、1部昇格を目指したい。

・大森(ラ3・東京)
相手が3部だったので、もっとリードを奪って勝利しなければいけなかった。東国大戦は、良いゲームができたと思う。フィールドゴールを2本成功したが、遠くからではなかったので緊張はなかった。(今後に向けて)最後まで粘り強くプレーすることを課題として、オフェンスではどんどん前に、ディフェンスでは少しでも後ろへ下げる姿勢を見せたい。

・鈴木(文3・山村学園)
格下相手だったので、もっと落ち着いて有利に進められる試合だったんじゃないかという印象がある。初戦として春から積み上げてきた新しいプレーなど、今の段階でどれだけ通じるのかということは把握できた。ただ、これが格上相手だとプレースピードやプレーの正確性は顕著に結果に出ると思うので、これからの練習でもっと高めていかなければと思う。(自身のプレーについては)ラインの選手たちが頑張ってくれたので、自分も走ってタッチダウンを決めれた。相手と一対一になったときに勝てるようなプレイヤーになりたいと思った。もっと視野を広く持って状況を整理して、勝負強く戦っていけるように頑張りたい。

・山形(済3・成城学園)
一試合目と二試合目は自分のミスもあったが立ち上がりが悪かった。今季初戦で慣れてない部分もあったが、入りからしっかりやれれば良かったなと思う。タッチダウンを決めたことは、春のトレーニングで練習していたものが出せたので素直に嬉しかった。(修正点は)相手のつき方に対してのアジャストができてなかった。あとはもう少しプレーのスピードを上げたい。実戦での動きが確認できたので、次の試合では今日の反省点を生かせばもっと良い試合ができると思った。(チームの状況は)まだ悪い部分もあるが、個性の強いチームなので一つの方向にまとまれば一部昇格につながると思う。(次戦に向けて)RBとラインでガツガツ押していって、相手が中に集まってきたときにロングパスを投げるプレーで試合に勝っていきたい。

TEXT=石田佳奈子 PHOTO=西川諒、小泉真也
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。