東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/03

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[陸上競技]関カレ2日目 桐生、松永が初優勝!3種目で表彰台! 

第93回関東学生陸上競技対校選手権大会
5月17日(土)熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

2日目

男子100m 準決勝
1組
1着 桐生 10"25 ※決勝進出
2組
6着 小笹 10"61

男子100m 決勝
1位 桐生 10"05 ※大会新

男子3000m障害 予選
1組
9着 小柳 9'22"49
12着 横山 9'26"13
2組
10着 湯田9'20"73

男子1万m競歩 決勝
1位 松永 39'18"71
2位 西塔 39'23"58
5位 山下優 41'32"23

男子三段跳 決勝
22位 戸塚 14m58

男子やり投 決勝
16位 井上 64m42

男子4×100mリレー 決勝
3位 東洋大(小笹-小林-北村優-桐生)39"54

男子4×400mリレー 予選
2組
5着 東洋大(山下永-北村優-富樫-小林)3'11"53 ※決勝進出

※速報掲示板に誤りがございました。大変申し訳ありません。

20140517rikujo桐生
大会新記録で初優勝を飾った桐生

20140517rikujo競歩
競歩勢はトリプル入賞を果たした(左から西塔、山下優、松永)

20140517rikujo4継
表彰台で笑顔を見せる4継メンバー(左上から時計回りに北村優、小林、小笹、桐生)

 関東インカレ2日目は男子100mで桐生(法1・洛南)が優勝、男子1万m競歩では松永(工2・横浜)と西塔(済4・広島商)がワンツーフィニッシュ、男子4×100mリレーで3位に輝くなど好成績が続出。また、男子4×400mリレーでは来週25日に行われる決勝に駒を進めた。

 男子100m準決勝には桐生、小笹(法3・西京)が出場した。注目の桐生は本来の走りではないが、トップの通過タイムで決勝進出。一方、小笹は後半でスピードに乗れず準決勝敗退となった。迎えた決勝で桐生はわずかにスタートで遅れるも、「うまく集中できた」と圧巻の走りで優勝。タイムは10秒05で大会記録とセカンドベストを更新し、夢の9秒台も目前である。
 優勝に期待がかかる4×100mリレーでは1、2走のバトンパスでつまずき前半で出遅れてしまうが、4走・桐生にバトンが渡ると圧倒的な走力で他大をかわし、3位で表彰台に上った。さらに昨日に続き東洋大記録を更新した。
 また、4×400mリレーでは、主力メンバーを欠く中で序盤は遅れをとるが、アンカーの小林(済3・保善)が何とか巻き返し決勝進出を決めた。
 男子1万m競歩には昨年度の王者で連覇が期待される西塔、関カレ初優勝を狙う松永、入賞を目指すルーキー山下優(総1・富山商)が出場。レース序盤から松永、西塔がレースを引っ張る展開が続き、両者ともトップを譲らない。次第に先頭争いも3人まで絞られ、残り400mで松永がスパートをかける。西塔も粘るが松永が逃げ切り1位でガッツポーズを見せた。続く西塔は2位でレース終え、連覇はならなかったが3年連続の表彰台となった。そして初出場の山下優も5位でゴールし、全員が入賞という大健闘を見せた。
 男子3000m障害ではルーキー小柳(済1・大阪桐蔭)・横山(済1・札幌山の手)と2年連続出場の湯田(済3・豊川工)が登場。1組目、小柳は2周目でトップに出て積極的な走りを見せるが、3周目には遅れてしまう。横山も1000m過ぎに後退。初出場ながら攻めの走りで健闘するも、悔しさの残るレースとなった。2組目の湯田は序盤から集団に付いて粘るが、最後の1周で先頭争いのスピードに付いていけず組10着でゴール。課題の多いレースであったが今日の経験を今後に生かしたいところだ。
 
 2日目は短距離と競歩で表彰台と健闘し、来週へ弾みをつけた。来週は4×400mリレーの決勝、5000mやハーフマラソンなど注目の種目が残っている。各種目でベストを尽くすこと、そしてチームとしての総合力が期待される。

■コメント
・酒井監督
競歩は予定通りの歩きができた。インカレではタイトルももちろんだが、チームとして得点をしっかり取ることも大切だし、かといってスローな展開にするのではなく自分たちのレースをしようと徹底した。風などの気象条件もある中で、西塔はオリンピック選手であるし、松永も世界ジュニアを見据えているということで、大会記録に近いタイムで高いレベルのレースができたと思う。目先のインカレだけでなく、東洋大の競歩部門は世界にいくんだということを見せるようなレースができて良かった。3000m障害については、当初から苦戦が予想されていたが、1年生が二人出場して経験を積めたのでしっかり次につなげていきたいなと思う。(来週に向けて)今日取れなかった分の点数は、来週の5000mやハーフマラソンで取りたいと思う。昨日の1万mも一人のみの入賞だったので、複数の入賞を目指して長距離種目で点数を稼げるようしっかりやっていきたい。

・梶原監督
桐生に関しては準決勝の段階ではそれほどいい感じではなかった。他の有力選手の調子も良かったし、ひょっとしたら彼らも桐生に勝てるんじゃないかと思っていたかもしれない。だけどそれを桐生も感じ取って、決勝に向かってスイッチが入ったので、桐生本来の動きができていた。タイムも素晴らしいものだと思う。小笹は調子は良かったけど、アップで動きすぎてしまった。これをいい経験にして欲しい。小笹は4継の時に足が気になるということだったので、テーピングをして走らせたが、それが2走の小林に迷いを生じさせてしまったのかもしれない。マイルも予選で使う予定のなかった小林を使わざるを得ない状況になってしまった。それも4継に響いたと思うし、それがなければ勝てたかもしれないと思うと残念。

・北村優(法4・作新学院)
マイルはチーム状態があまり良くない中で3走を任されて、トップで持ってくる気持ちで走ったがここ1週間足を痛めていてあまり練習を積めていなかったので、切り替えの部分などが足りないのが表れてしまった。決勝には残ることができたので、決勝も走れるように、そして表彰台に上れるように頑張りたい。4継は表彰台には上れたがもっと上に行きたかったし、自分自身もいい走りができなかったので、うれしいという気持ちよりはこれから弾みにして頑張ろうという感じ。(来週に向けて)今日2本のレースに出たことで足の張りも抜けて来週はいい調子でいけると思うので結果を出したい。

・西塔(済4・広島商)
今日はチームとしての得点を取るために、しっかり仕事をしようと思ってレースに臨んだ。松永は実力もある選手で、これから松永自身が引っ張っていかなければならない立場なので優勝してほしいという気持ちもあった。自分自身は松永の次に入れるようにと思っていた。最後の関東インカレだし初日の点数も自分の予想していたほど取れていなかったのでそれなりの緊張はあったが、やっぱり競歩ブロックで取ってやるんだという強い気持ちがあった。(レース展開は)小林(早大)くんがいたのである程度くるとは予想していたが、松永も前半にどんどん攻めていく選手なのでそれに付いていったり、時には引っ張ったりしてお互いがワンツーでゴールできるようにという形をとった。(課題や収穫は)疲労がある中では十分歩けたと思うが、20kmに向けて考えるとこのペースでもう10kmおさないといけないのでもっと体力が必要。今回は警告が1枚ついてしまってフォームに関する課題も出ているので、どんどん克服していきたい。ワールドカップで頑張り過ぎてしまった部分があったが、その疲労がある中では本当によく歩けたと思うので今回の結果にはワンツーでゴールできて満足はしている。

・小笹(法3・西京)
関カレ直前はあまり調子が良くなかったが、いざ本番で走ってみたらそこまで悪くなかった。(100mを振り返って)予選は後半に少し足が流れてしまった。準決勝は、スタートも自分としてはそこまで良くなくて、後半足が流れてしまった。前半うまくスピードにのれたところは良かったが、後半焦ってしまうところが課題。風も追っていたのでもう少しタイムが出せていればと思った。(4継では表彰台だが)3位にはなれたが、気持ちとしては優勝を狙っていたので来年は優勝したいと思う。(来週に向けて)このような大きな大会で200mに出るのは初めてなので、楽しみつつ頑張りたい。

・小林(済3・保善)
アップの段階では良かったが、いざレースになるとキレがなかった。4継のラップタイムも昨日と比べて0.3秒落としてしまい、それがなければと思うと、自分もまだまだだなと。静岡国際に出た段階でも調子は上がってきていると思っていたので、それがしっかり出せれば問題はないと思うが、まだレースで力を発揮できていないのが現状。(課題は)1・2走間のバトンワークもまだまだだし、これからもっと良くできると思うので、38秒台というのを今後の目標にしていきたい。(来週に向けて)まだ流れに乗れていないので、まずは200mの予選をしっかり走って、立て直していきたい。

・松永(工2・横浜)
優勝と西塔さんに勝つことだけを意識して挑んだ。(積極的なレースだったが)優勝したい気持ちが原動力になったのと、西塔さんと交互に引っ張り合って東洋大で確実に1位を獲るんだという気持ちが強くあった。できればラスト1000mまでに単独トップに立ちたかったが予想以上に西塔さんと小林さん(早大)が付いてきたので、ラスト400mからの切り替えでしっかり勝ちにいくという考え方で臨んでいた。(前回大会からの1年を振り返って)関カレ後の個人選手権で2位、全カレは4位、国体にいたっては入賞圏外で、大学の壁を感じていた。その悔しさが今回全面に出て優勝ができたと、昨年があってこその今年だと思っている。(今後に向けて)まずは世界ジュニアを頑張って、将来的にはシニアでの世界大会の出場を目標にやっていきたい。

・桐生(法1・洛南)
100mは決勝レースに入るタイミングでうまく集中できた。4継は優勝を狙っていたのでそれができなくて残念だが、東洋記録はまた更新できたので最低限はできたと思う。(100mのタイムに関して)久しぶりに10秒0台が出せたので、そこは自信を持って行きたいし、それをコンスタントに出せるようになれればと思う。(次へ向けて)次は世界大会での勝負になるので、タイトルを狙っていきたい。

・山下優(総1・富山商)
中だるみしないことを目標にしていたが、結局うまくできずにふがいないレースをしてしまった。(先輩2人に追い付かれたときは)先輩方に迷惑をかけてしまったと思った。「個人ではなくチームのためにやっているんだ」と喝を入れられたときに冷静に対応できるようになって、そこからペースを取り戻せたのは良かったが、それまでのレースがあまりにも駄目だったので満足いかなかった。(良かったところは)先輩に励まされてから立て直すきっかけができたところ。逆に課題としては一人で歩ける実力がないことが明確に見えたので、一人で歩く練習をこれからはしていきたい。(これからの目標は)どんな速いペースにでもしっかりと付いていく粘り強いレースができるようになりたい。

TEXT=畑中祥江 PHOTO=石田佳菜子、山本純平、野原成華
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。