東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/10

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[準硬式野球]気持ち切り替え、青学大に勝利 勝ち点争いは3回戦へ 

平成26年度東都大学準硬式野球春季2部リーグ戦・青学大2回戦
5月16日(金) 新座市総合運動公園野球場

東洋大3-2青学大

20140516junko藤本
先制弾を放った藤本

20140516junko松下
松下は9回2失点と好投を見せた

20140516junko家入
値千金の逆転打を放った家入主将

 六回まで両チーム無得点という厳しい展開。試合が動いたのは七回、先頭打者の藤本(営2・静清)が左翼本塁打を放ち先制に成功する。だが、八回にすぐさま2点を返され逆転を許す。しかし、その裏、上位打線が奮起し、主将・家入(ラ3・東洋大姫路)の適時打で2点を追加する。試合は3対2で勝利し、優勝に向けて望みをつないだ。 

 連日の試合で投手陣の調整が難しい中、負けたら勝ち点を失ってしまう大事な一戦を任されたのは、先発・松下(ラ2・西湘)だ。三回、先頭打者に左前打を打たれた直後、暴投から走者に進塁を許す。その後も悪い流れは続き、連続四球で無死満塁のピンチを招いた場面で、内野陣がマウンドに駆け寄り、張り詰めた空気を和ました。以降松下はギアを入れ替え、低めの制球を意識。後続を三者三振に打ち取って切り抜け、雄叫びをあげた。
 一方打線は、安打や四球で出塁するも、バント失敗で走者を送れず、好機をものにできずに苦しんだ。しかし、両者無得点で迎えた七回、流れを変えたのはこの回先頭の藤本だった。初球の直球を左翼に運び貴重な先制点を得る。ところが、喜びもつかの間、八回、青学大はクリーンナップからの攻撃。いきなり2者連続二塁打を放たれ同点とされる。ピンチは続き、さらに左前打を打たれ、勝ち越しを許してしまう。追加点が欲しい東洋大は、その裏、まず先頭の菅沼(文3・稲毛)が左前に落とし出塁すると、犠打で2塁へ。続く荻原(営2・宇都宮北)は中前打を放ったあと、見事に盗塁を決め、1死2、3塁と今試合最大の好機をつくった。ベンチのメンバーが熱い声援を送る中、打席に入ったのは主将・家入。左中間に放たれた打球は決勝適時打となり、2点を獲得。3対2で勝利を果たし、青学大戦の勝負の行方は3回戦へ持ち越しとなった。

 同じ相手に2日前に7回コールド負けを味わい、悔しさはあった。「気持ちで勝った」と家入主将が振り返る通り、ここぞという場面で底力を発揮した主将の存在は、チームにとってやはり大きいものだ。細かいミスが目立ち、決して内容は満足いくものではない。しかし、松下が苦しんだときはマウンドに集まり声を掛け、また試合に出ていないメンバーも積極的に声を出し盛り立て、チーム一丸となって得た大きな勝利だ。念願の二部リーグ優勝。頼れる主将を筆頭に全員で頂点を目指していく。

■コメント
・家入主将(ラ3・東洋大姫路)
松下が要所を粘り強く投げてくれたので、バックもしっかり守って、とにかく先制点を取ろうと思った。バントミスや走塁ミスが目立って負けゲームだと思ったが、松下の投球に助けられた。ベンチの声、特にスタメンじゃない人が声を出していて気合いが入った。何とか気持ちで勝った試合。一昨日コールドされて悔しかったし、もう絶対負けられない、仕返しをしてやるという気持ちで臨んだ。(苦しい場面では)7回表まで0対0だったので、ここからは気持ちの勝負、最後まで枯れるまで声を出して気持ちで勝とう、とみんなに言った。(適時打を打つ前に)荻原が粘って気持ちでつないでくれて、盗塁のおかげで併殺もなくなった。もういくしかないと、荻原のプレイが奮い立たせてくれて打つことができた。(青学大には苦手意識があると聞いていたが)入学してから青学から勝ち点を取ったことがない。今年はチーム力にも自信があり、勝つしかないと思ってマウンドに立っている。相性とか苦手意識とか関係ない。(次戦に向けて)青学戦はロースコアのゲームになると思うので、初回からゲームセットまで気持ちを切らさず戦ったほうが勝つと思う。勝って優勝に望みをつなげられるよう頑張りたい。

・藤本(営2・静清)
(本塁打について)流れを変えたい一打を打ちたかった。狙っていたわけではないが、絶対に出塁しようと思って打席に立った。(打った球は)直球。直球一本に狙っていた。(バント失敗やけん制死が多かった)ああいうミスがあるとこれから厳しくなると思う。ミスをなくして、これから戦っていかないといけないと思う。(内野がマウンドに集まっていたが)松下がバテバテだったので、声を掛けようと。(次戦に向けて)まだ優勝を狙える位置に居る。負けられない戦いが続くので、負けないようにしたい。

・松下(ラ2・西湘)
(無死満塁からの三者三振)序盤だったから、自分の中では打たれても良いぐらいの気持ちでいった。ただ、その中でも厳しいボールがいくように力を入れた。(マウンドに集まっていたが)内容は特になくて、雰囲気を和ましてくれた。(ボールが高めに浮いていた)高くてもコースに決まれば詰まったりしてくれる。安打になる確率が低いと下がって、高いと上がるというだけなので、(ボールが)高い中で、高めで打ち取れたことは良かった。(152球投げたが)五回ぐらいで90球と聞かされていたが、むしろそこから球が低めにいくようになった。球数に関しては、あまり気にはしてなかった。(次戦に向けて)勝ち点がかかっているので負けられない。勝ち点を取られないように頑張りたい。

TEXT=酒井奈津子 PHOTO=小泉真也
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。