東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/08

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[卓球]1部の壁越えられず連敗を喫す 

平成26年度春季関東学生卓球リーグ戦
5月14日(水)  代々木第二体育館

女子1部リーグ

東洋大0-4専修大

20140514takkyuダブルス
竹之内(右)と中本は公式戦で初めてペアを組んだ

20140514takkyu川上
粘り強い戦いを見せた川上
 
 女子春季1部リーグ戦。第2戦目は専修大との対決だったが、連日試合でペースが崩れたのか、思うように試合を運ぶことができずストレート負けを喫した。


 リーグ戦2日目は、1部のみで代々木第二体育館にて行われた。2部の試合とは異なる、小規模なホールには1部特有の緊張感が漂う。そんな緊張を取り払うべく1番手を任されたのは昨日に引き続き、石井(文3・千葉英和)だ。相手は1部の中でもトップレベルの成績を誇る選手とあり注目が集まる。第1セット、得点を先取したのは石井だった。2点目も連取しチームは大いに沸く。しかし、その後は振るわず、相手の回転の強い球に頭を悩ませる。それ以降も得点は入るものの、ラリーでは実力の差を見せつけられる。2、3セット目もバックのミスを狙われ、最後は粘りを見せるも及ばずに敗れた。続く2番手もまた、昨日と同じく村山(社2・武蔵野)が登場。勢いのあるプレーをしたいと言っていた村山だったが、左利きのカットマンという癖のある相手に思うように打たせてもらえない。打点が低いカットに苦戦しつつも返そうとするが、自分のプレーができず敗退した。3番手は今回初の出場となった中本(法2・明秀日立)・竹之内(済3・木更津総合)ペアだ。1、2セット目こそ振るわなかったものの、3セット目に練習で培ってきたチームワークを発揮する。まずは3点連取で相手のペースを崩し、2セット目まで振り回されていた高速レシーブを打たせる余裕を持たせないプレーでリードを奪う。その後も相手を抑え込み11対8で初めて1セット勝ち取ることができた。しかし、いい流れもここまでで、相手のそつのない攻撃に太刀打ちできず、負けを喫した。そして迎えた第4ゲームは川上(文2・真岡女子)が担った。速攻型の勢いのある球に苦しみ、リードを許したが、集中を切らすことなく落ち着いた様子で追いついていく。このセットは7対11で落としたが、2セット目では、先制点を獲得する。その後安定した強さで逆転されるが、すぐに持ち直し、鋭いレシーブで追い込む。相手も追いつこうと連取してきたが、11対9とどうにか切り抜けることができた。このゲームを取ることでこちらのペースに持ち込めたかと思われたが、3、4セットは相手の隙のないプレーに健闘も及ばず、敗北した。
 
 昨日よりも自分たちのプレーで試合を運べなかったという今日の対戦。しかし、気力で負けなければ1部残留も夢ではない。明日の東京富士大との対戦は持ち味のチームワークで全力を出しきる。

■コメント
・江尻監督
結果的に力の差があった部分では仕方がないが、今回は気力でも押されていて、それが応援や試合にも出ていた。そういったところは直せる部分なので繰り返さないようにしていきたい。良かったところはやはりシングルスでもダブルスでも1セットずつだが取れたこと。1部の試合をやっていくうちに強くなっていくと思う。1部の他の大学とは違い東洋大は推薦ではなく努力で上がってきたチームなので、勝負としては厳しいところもあるが、次第に結果に出ていってほしい。徐々に他校に近いレベルでプレーできているので、1部の試合に慣れて自分のプレーをして、自分の持てる力思いっきり出しきれるような試合をできるように頑張ってほしい。

・伊東主将(法4・駒大苫小牧)
力の差を改めて感じた。気合と元気をだして戦いに挑んでいる。ダブルスと川上で昨日取れなかった1セットを取れたので、大きな手応えを感じた。(チームとしては)思い切って戦い、相手を苦しませることを考えながらプレーしている。今日のダブルスペアは公式戦では初めて組んだが、これまでに練習を多くしてきたので、試合に出したということ。明日は気持ちを切らさないで相手に立ち向かっていきたい。応援してくれている方たちに感謝しながら、1試合でも多く勝てるようにしたい。

TEXT=酒井桃子 PHOTO=市川菜月、伊藤拓巳
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。