東洋大学スポーツ新聞編集部

記事・写真の著作権は東洋大学スポーツ新聞編集部に帰属します。無断転載・二次利用を固く禁じます
 

2017/06

 
最新号

東洋大学スポーツ新聞編集部

Author:東洋大学スポーツ新聞編集部
スポーツ東洋67号

1面、2面…陸上競技部長距離部門
3面、4面…アイススケート部

競技別記事
アーカイブ

2015年 03月 【14件】
2015年 02月 【16件】
2015年 01月 【23件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【52件】
2014年 10月 【68件】
2014年 09月 【80件】
2014年 08月 【22件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【42件】
2014年 05月 【66件】
2014年 04月 【63件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【13件】
2014年 01月 【19件】
2013年 12月 【22件】
2013年 11月 【48件】
2013年 10月 【62件】
2013年 09月 【74件】
2013年 08月 【22件】
2013年 07月 【16件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【71件】
2013年 04月 【45件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【21件】
2012年 11月 【53件】
2012年 10月 【71件】
2012年 09月 【63件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【69件】
2012年 04月 【52件】
2012年 03月 【11件】
2012年 02月 【25件】
2012年 01月 【24件】
2011年 12月 【28件】
2011年 11月 【48件】
2011年 10月 【61件】
2011年 09月 【59件】
2011年 08月 【27件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【48件】
2011年 05月 【71件】
2011年 04月 【31件】
2011年 03月 【10件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【28件】
2010年 11月 【59件】
2010年 10月 【72件】
2010年 09月 【60件】
2010年 08月 【33件】
2010年 07月 【25件】
2010年 06月 【39件】
2010年 05月 【67件】
2010年 04月 【57件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【25件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【54件】
2009年 10月 【49件】
2009年 09月 【58件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【38件】
2009年 05月 【45件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【20件】
2008年 12月 【22件】
2008年 11月 【39件】
2008年 10月 【40件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【42件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【5件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【15件】
2007年 11月 【37件】
2007年 10月 【48件】
2007年 09月 【44件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【15件】
2007年 05月 【32件】
2007年 04月 【27件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【2件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【12件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【35件】
2006年 09月 【23件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【30件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【3件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【8件】

最近の記事
最近のコメント
記事検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[準硬式野球]荻原のサヨナラホームランで勝利!今季、初の勝ち点を奪う。 

平成26年度東都大学準硬式野球春季2部リーグ戦・筑波大3回戦
5月9日(金) 新座市総合運動公園野球場

東洋大2X-1筑波大

20140509jyunkou荻原
チームを劇的な勝利に導いた荻原

20140509jyunkou松下
松下は九回を一人で投げぬいた

20140509jyunkou藤本
先頭打者本塁打を放った藤本

 初回、藤本(営2・静清)の先頭打者本塁打で先制に成功する。三回にスクイズで同点に追いつかれるが、先発・松下(ラ2・西湘)は粘りを見せ九回を投げ切った。するとその裏、先頭の荻原(営2・宇都宮北)が直球を振り切ると打球は、左翼席に飛び込むサヨナラ本塁打となる。この劇的な勝利で、筑波大戦の勝ち点を獲得した。

 昨日、乱打戦を制し勢いに乗る東洋大は、筑波大と勝ち点をかけた一戦に臨んだ。初回、先頭の藤本がいきなり左翼席に飛び込む本塁打を放ち、幸先の良い展開となる。一方、先発の松下は毎回走者を得点圏に背負う苦しい立ち上がりとなった。三回、安打と野選などで一死満塁のピンチを招くとスクイズで同点に追いつかれてしまう。だが、四回以降は打たせて取る投球を披露し、スコアボードに0を刻んでいく。松下を援護したい打線であったが、相手投手の抜群な制球力の前に八回までに14個の飛球を奪われる。しかし、主将の家入(ラ3・東洋大姫路)を中心に声を出し、相手に流れを渡さない。
 九回、松下が100球を超えてマウンドに上がるも、疲れを見せない粘投で流れを東洋大に再び引き寄せる。すると、この裏先頭の荻原が打席に入る。1ボール後、直球に山を張りバットを振った。その読みが的中すると、打球はチーム全員の思いを乗せ、左翼フェンスを越える。荻原はそれが分かるとダイヤモンドを一周し、本塁で手荒い祝福を受ける。荻原の劇的なサヨナラ本塁打で筑波大に勝利。今季、初の勝ち点を手にした。

 本塁打で始まり、本塁打で終わった今試合。打線は好投手を前に我慢が続く展開となったが、数少ないチャンスをしっかりものにした。投げてはエース松下が完投勝利を飾り、本来のピッチングを取り戻した。この勝利は、現チームの進化を表しているだろう。しかし、勝ち点はまだ1しか奪えていない。次は、駒大との3回戦が待ち受けている。このまま上昇気流に乗り、1部昇格まで東洋大ナインは突っ走る。

■コメント
・家入主将(ラ3・東洋大姫路)
藤本が先頭打者ホームランを打ってくれて、今日も大量点を取れるかと思っていたが、そこからフライばかりになり流れが悪く、5回に追いつかれて危ないと思ったが、松下が踏ん張って投げてくれたのでなかなか相手に流れを引き渡さずに後半まで持ち込めた。そこから声を出して全員が1つになれたので、その全員の思いが届いた荻原のサヨナラホームランだったと思う。(声でチームを引っ張っていたが)今季の目標が一番うるさいチームになろうとやっているので、僕が声で引っ張っらないといけない。声を出したら相手も怖いし、流れを持ってこれる。調子が悪くても、負けてても、エラーしても、打てなくても声だけは出せるので、声で引っ張っていこうとやっている。(相手投手を打ちあぐねてた時の意識は)フライが多かったのでどうにかして四球でも、転がして相手のエラーを誘ってでも塁に出て何とかつないでいきたかった。それがなかなか出来なかったので、次の試合はそこを修正して、ホームランでなく、つないで点を取れるようにやっていきたい。(次戦に向けて)本当に勝ち点を落とせないので、駒大戦で必ず勝って、勝ち点を取って、勢いに乗って青学大戦に臨めるように頑張りたい。

・荻原(営2・宇都宮北)
初回に先頭打者ホームランで先制をし、その後1点取られたがピッチャーが良かったのでいかに打つかというところだった。最後に1本出て良かった。(9回の打席はどういう気持ちで臨んだか)狙っていた。イメージ通りだった。初球ボール球だったので、真っ直ぐだと思い(山を)はっていた。(チームメイトからの祝福は)痛かったが嬉しかった。(自身の調子は)特に何かをしているわけではないが、状態は非常に良い。(相手を打ち崩せなかった時に考えていたことは)コントロールが良かったがストライクを取りにくるストレートは多少甘くなると思って狙っていっていた。(次戦に向けて)全員で一丸となって勝ち点を取りにいく。打ちます!次も打ちます!

・藤本(営2・静清)
失点が少なかったので、なんとしてでも勝ちたかった。先制HRについては、素直に嬉しかった。(最近1番に起用されているが)初回に塁に出るのと出ないのでは違うので、そこだけは意識している。次戦は勝ち点がかかっているので、ただ勝ちに行くのみ。

・松下(ラ2・西湘)
点を取れない回が続いて苦しかったが、0点で抑えられてよかった。初回の1点だけだったが、それが逆に自分も点をやれないなという気持ちで気合が入った。(エースとして期待されているが)ここ2試合よくなかったので、変なことを考えずにやればいいピッチングができると思う。(次も勝ち点がかかった駒大戦だが)勝ち点がかかった試合は気合が入るので、投げるとしたら点を取られないように頑張って投げたい。

TEXT=村田真奈美 PHOTO=酒井奈津子
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

.

速報掲示板

twitterでも発信中!
リンク
定期購読者募集
スポーツ東洋では定期購読される方を募集中です。年間約5回発行。金額が1500円となっております。下の問い合わせフォーム(PC閲覧のみ)より「お名前・郵便番号・住所・電話番号」を明記の上、ご連絡ください。
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。